Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

反復測定 読み方 で検索した結果 1~10件目 / 約62,500件 - 0.27秒

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定
    分析」-「一般線形モデル」-「反復測定」をクリックして表示される「反復測定の因子の 定義」ダイアログボックスで、「被験者内因子名」 ... 結果の読み方. 反復測定による分散 分析. 1.反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性の検定を みる。
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. 反復測定分散分析 - オーエムエス出版
    反復測定分散分析とは、群間要因によって生じる群間変動と共に、同一個体内での 条件の違いなど対応関係のある要因 (群内要因) によって生じる群内変動について、 誤差変動 (全体変動から群間変動と群内変動を引いたもの) に比べて大きいかどうかを 判断 ...
    www.oms-publ.co.jp/stat01/tachiyomi02.html
  3. SPSSで一要因分散分析
    めんどうですが。 話を元に戻しましょう。“反復測定”を選択すると、次のようなボックスが 出てきます。 “被験者内因子名”とは、数値を変化させている要因(原因)のことです。この 場合は「投薬量」です。 “水準数”とは、何回反復してデータを採っているかの回数です。
    www.u-gakugei.ac.jp/~kishilab/spss-1fANOVAb.htm
  4. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    しかし,他の多くの統計手法がそうであるように,これらの指標もまた反復測定デザイン には適切に対応していないのです。 そもそも,ηp2やωp2は,η2とω2を反復測定 デザインでも使えるように,効果量を知りたい効果に関わる平方和のみを ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  5. SPSS Win
    SPSS Win. 繰り返し要因のある分散分析(混合要因を含む). [分析-一般線形モデル- 反復測定] (Advancedオプションがないと選択できない). [反復測定因子の定義]画面. 「 被験者内因子名」欄に繰り返し要因についての適当な名前を付ける; 「水準数」欄に ...
    tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spssbas/ar.htm
  6. 1要因の分散分析(反復測定
    データ. データのダウンロード → data_IQ.xls. データの内容は以下の通りである。 ID( 番号),IQ(知能指数),w1~w4(4週の1分あたりの平均解答数). 1要因の分散分析( 反復測定). まず,平均解答数が4週間でどのような変化をしているのかを把握したい。
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  7. 心理データ解析第5回(3)
    2要因混合計画の分散分析の実行. 分析メニュー → 一般線形モデル → 反復測定 を 選択; 反復測定の因子の定義. 同じ人が血圧を2回測定しているので…, 「水準数」は「2 」, 「因子名」には「投与」 と入力。 「追加」をクリック; 「定義」をクリック ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../05.../da05_03.html
  8. 統計検定を理解せずに使っている人のために III - J-Stage
    になる.この場合,パラメトリック検定では,one way repeated measures ANOVA( 反復測定による一元配. 置分散分析)がある.この検定は繰り返しのない二元配. 置分散 分析と同じである.ノンパラメトリック検定法の. 場合はFriedman検定が知られている.
    www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/.../_pdf
  9. 二元配置分散分析
    モデル」→「反復測定」と進みます。 「被験者内因子」(繰り返しありの要. 因)を設定し ます。「被験者内因子名」. にテスト実施時期を示す名前として,. 時間 と入力しておき ます。「水準数」. は事前,事後,遅延の 3 水準ですので,. 3 と入力し,「追加」をクリック しま.
    mizumot.com/handbook/wp-content/.../SPSS-2wayANOVA.p...
  10. EZRで反復測定分散分析(repeated measures ANOVA)を行う方法① ...
    今回は「対応のある3群以上の連続変数を比較する」統計解析でパラメトリック検定で ある反復測定分散分析(repeated-measures-ANOVA)を実践します。今までの検定と 比べて結果の解釈が複雑になるので、基本的なところから、なるべく ...
    haru-reha.com > ホーム > シロート統計学講座
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.