Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

呉竹寮 掛り で検索した結果 1~10件目 / 約23,400件 - 0.36秒

ウェブ

  1. 東久邇成子 - Wikipedia
    しかし、その後、「昭和天皇と香淳皇后の側では養育が仕えにくく、結果わがままに 育った」という批判を受けるようになった。そのため女子学習院入学を控えた1931年( 昭和6年)10月、旧本丸内に呉竹寮の建設が決定。翌1932年(昭和7年)4月6日から 呉竹 ...
    ja.wikipedia.org/wiki/東久邇成子
  2. 列外派星くず日記:お辞儀をしないと言われた二人のプリンセス
    天皇皇后のもとにいると「奉仕がしにくい」という理由からです。 この方針に止む無く従い 、呉竹寮が建設されました。 照宮さまの御養育になった広島 ...
    retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-592.html
  3. 皇居東御苑開園前の風景 - 宮内庁
    呉竹寮 ( くれたけりょう ) (開園前)昭和36年(1961)~昭和39年(1964)頃撮影. 呉竹寮 ... 呉竹寮:天皇陛下のご姉妹である内親王4方が,当時の皇室の習慣に従って ,ご両親である昭和天皇・香淳皇后のお住まいから離れて居住・学習されていた建物 ...
    www.kunaicho.go.jp > ホーム > 参賀・参観・申込 > 皇居東御苑
  4. 雅子妃とミカドの世界,小田部雄次
    飯島かず、平山しづ、辰巳恒女の三人の乳母、山岡淑子養育、北村民枝女官などが 仕え、裕仁が天皇に即位して後も宮城にて向 ... 呉竹寮は照宮ばかりでなく、将来は三 女孝宮、四女順宮も、天皇皇后のもとから離れて住むことになることを考慮して設計され  ...
    www.books-ruhe.co.jp/.../12/masakohitomikadonosekai.htm
  5. 昭和の内親王のお着物〜皇女編: 雪姉ちゃんは目のふちが気になる
    2019年6月24日 ... ... 生活されていた時期もあったのですが、将来降嫁されるのだからもっと厳しく育てる べきであるという意見が出て、内親王のために「呉竹寮」という所を作ってそちらで教育 されることになりました。 ... 松林に面した海原に帆船が浮かぶ文様。
    kusagusa.cocolog-nifty.com/dairy/2019/06/post-2142a1.html
  6. 【ホームズ】呉竹寮の建物情報|愛知県高浜市呉竹町2丁目3-3
    2019年8月30日 ... 呉竹寮(高浜市呉竹町2丁目)の建物情報。間取り図や写真、家賃・価格や、建物内に 賃貸や中古マンションの空室・売出し情報があるか確認できます。【不動産アーカイブ】 なら日本全国にある250万棟以上の建物から住まいを探すことができ ...
    www.homes.co.jp/archive/b-26852547/
  7. 昭和 20 年代における内親王の結婚:
    日に 1 回程度、孝宮ら内親王が暮らす皇居・呉竹寮を訪問した。夕食を. ともにしたり、 新居の ... に呉竹寮で頻繁に会うことはできなかった。しかし、マスメディアは ... 1949 年 1 月、「一般御乗車御習熟のため」「御微行」で沼津御用邸に出. けた際、警察・鉄道 ...
    www.seijo.ac.jp/pdf/falit/229/229-1.pdf
  8. Title 象徴天皇制の形成過程 : 宮内庁とマスメディアの関係を 中心に ...
    昭和天皇は、皇太子を、しばらくは内親王と同じく、宮城内の呉竹寮で育てた ... が皇后 宮職御用兼東宮御学問所開設準備主任に就任し、教師の選考にあたることになっ ... なお、石川は東宮職御用となり、1946 年に國學院大學の学.
    hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/.../0201000108.pdf
  9. 昭和天皇とは | とは.コム
    生後70日の7月7日、御養育となった枢密顧問官の川村純義(海軍中将伯爵)邸に 預けられた。1904年(明治37年)11月9日、 ... 皇子女たちは近代以降初めて、両親の 手元で皇后の母乳で育てられたが、学齢を迎えるころから内親王たちは呉竹寮で、親王  ...
    とは.コム/wiki/昭和天皇
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.