Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

多重比較 shaffer で検索した結果 1~9件目 / 約5,220件 - 0.3秒

ウェブ

  1. ANOVA君/多重比較の方法 - 井関龍太のページ
    Bonferroniの方法では,有意水準を比較する仮説の数で割ることによって,ファミリー ワイズの(多重比較全体での) ... Shafferの方法は,Holmの方法をさらに改良したもの で,MSRB(Modified Sequentially Rejective Bonferroni)法とも呼ば ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F多重比較の...
  2. 統計検定を理解せずに使っている人のために III - J-Stage
    れの群同士の群間比較は多重比較を用い,2群での検定. 法を何度も繰り返しては ... one way ANOVA を行って有意差があれば多重比較を. 行うと記述されている.one way ..... Shaffer法ではこの厳しさが改良されているとのことで. あるが,筆者は実際に 検定 ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/.../_pdf
  3. SPSSの多重比較 - 教育認知心理学講座
    多重比較法. 2006,前期,データ解析演習. M2 服部貴大. 2. SPSSの多重比較(1). 3. SPSSの多重比較(2). 4. 今回、主に発表するもの .... ホルム(Holm)の方法、シェイ ファー(Shaffer)の方法 .... 多要因の分散分析を行ってから(単純)主効果の多重比較を.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../hattori.pdf
  4. Bonferroni法、Holm法、False Discovery Rate | 大阪大学腎臓内科
    有意水準α = 0.05の検定を20回繰り返すと、1回でも帰無仮説棄却される可能性( familywise error rate)は0.642です。100回繰り返すと、familywise error rateは0.994 です。検定を繰り返すという多重比較を行う場合、それぞれの検定の有意水準を0.05 よりも ...
    www.med.osaka-u.ac.jp > ... > Clinical Journal Club
  5. 多重比較について (その3−2:閉検定手順の手法) - So-net
    の2つが挙げられます。ただし、対比較の場合は次にご紹介します Shaffer の方法の方 が検出力が高くなりますのでご注意. ください。 2.2 具体例:対照との比較. 具体例として 、4群の対照との比較を考えます。対照群を第1群とすると、興味のある帰無仮説は.
    www012.upp.so-net.ne.jp/doi/.../multiple_comparison_3_2.pd...
  6. 農業研究と多重比較手法
    本稿では,農業技術研究の現場における多重比較手法の適用に関して,筆者が日ごろ 感じてい ... 多重比較(多重検定)とは,その名のとおり多重の(複数の)検定を行なうこと である。 .... えば Shaffer (2007) は,SNK 法が FDR を制御することを示している。
    www.jfssa.jp/taikai/2009/program/docs/00072.pdf
  7. 多重比較法 - 弘前大学医学部保健学科・大学院保健学研究科
    統計的検定資料①. 多重比較法. 弘前大学 医学部 保健学科. 理学療法学専攻. 対馬 栄輝 ..... としては適切でない. g Shaffer の方法で Bonferroni の不等式の代わりに∙ Sid¶ak の不等式(検出力は Bonferroni の方法より高く,Tukey の方法より劣. る)を用 いた ...
    personal.hs.hirosaki-u.ac.jp/pteiki/research/.../multi.pdf
  8. HADで分散分析をする方法(二要因以上の場合編) | Sunny side up!
    HADでは、10水準までの主効果について、自動的に多重比較行います。 ... 多重比較の 方法は、4種類から選択できます。 ... 修正-Shaffer法は、Shaffer法を改良し、分散分析 の主効果が有意だった場合、調整値をさらに小さくできる(p値が ...
    norimune.net/650
  9. ニューマン=コイルス法 - Wikipedia
    ニューマン=コイルス法(ニューマン=コイルスほう、Newman–Keuls method)または スチューデント=ニューマン=コイルス法(スチューデント=ニューマン=コイルスほう、 Student–Newman–Keuls〔SNK〕method)は、互いに有意に異なる標本平均を同定 するために使われる段階的多重比較手順である。 ... な、より甘く、より検出力の高い 基準である偽発見率(FDR)を提示した。2006年、シェイファーは(大規模な シミュレーションによって)ニューマン=コイルス法が、ある程度の制約付きでFDRを制御 することを示した。
    ja.wikipedia.org/wiki/ニューマン=コイルス法
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.