Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

山田午郎 で検索した結果 1~10件目 / 約1,330件 - 0.49秒

ウェブ

  1. 山田午郎 - Wikipedia
    山田 午郎 (やまだ ごろう、1894年〈明治27年〉3月3日 - 1958年〈昭和33年〉3月9日) は、福島県安達郡二本松町 (現:二本松市)出身のサッカー選手、サッカー指導者。「 サッカージャーナリストの草分け」と呼ばれる人物。 目次. [非表示]. 1 経歴; 2 選手経歴; 3 指導者経歴; 4 著書; 5 脚注; 6 外部リンク. 経歴[編集]. 高等小学校を卒業し地元の 小学校で代用教員を務めた後、東京府青山師範学校に入学しサッカーを学んだ。1917 年(大正6年)に青山師範を卒業して小学校の教員として勤務する傍ら、内野台嶺の勧誘 により ...
    ja.wikipedia.org/wiki/山田午郎
  2. 山田午郎 | 日本サッカーアーカイブ
    山田午郎について賀川浩が執筆した紹介文と、プロフィール、関連記事の一覧です。
    archive.footballjapan.jp > ... > 日本サッカー人物史
  3. 自らプレーヤーで指導者でもありサッカーに生涯を捧げた記者 山田午郎 ...
    82歳の私は会合などで、“サッカー記者の草分け”といった紹介をされることがあるが、 そのつど、「私より随分前から、立派なサッカー記者がいた。“草分け”というなら、それら 先輩の代表格として朝日新聞の山田午郎さんの名を挙げてほしい」と訂正している。 山田さんは1894年(明治27年)生まれだから、昨年12月号で紹介した内野台嶺さん( 1884~1953年)よりも10歳若く、東京高等師範の教授であった内野さんが大日本蹴球 協会(現・日本サッカー協会=JFA)の設立に苦労したころは、現役選手だった。1921年 (大正10 ...
    library.footballjapan.jp/user/scripts/user/story.php?story_id...
  4. 山田午郎とは - Weblio辞書
    山田午郎とは? 山田 午郎 (やまだ ごろう、1894年〈明治27年〉3月3日 - 1958年〈昭和 33年〉3月9日)は、福島県安達郡二本松町 (現:二本松市)出身のサッカー選手、 サッカー指導者。「サッカージャーナリ...
    www.weblio.jp/content/山田午郎
  5. 山田午郎 - 山田午郎の概要 - Weblio辞書
    山田午郎 山田午郎の概要 山田午郎名前カタカナヤマダ ゴロウラテン文字YAMADA Goro基本情報生年月日1894年3月3日 大日本帝国, 福島県安達郡没年月日1958年3 月9日(満64歳没) 日本, 東京都大田区選手情報ポ...
    www.weblio.jp/wkpja/.../山田午郎_山田午郎の概要
  6. 山田午郎氏の父: 蹴球本日誌
    山田午郎氏(1894-1958)の父の略歴が『二本松市史 第9巻』(二本松市,1989)に ありました。福島県本宮町長だったようです。 “山田光尚 少年隊・町長 没年月日・享年: 昭和6年1月19日 77歳 出生地:二本松 死亡地:福島市 墓所:大隣寺 幼名・通称・字・ 諱・雅号など:左馬吉 伝記:戊辰戦争に際し14歳で出陣。維新後、郡吏員となり、のち 本宮町長に挙げられた。晩年は福島市に住し、囲碁・魚釣に余生を送った。”(p.110). ロッキード事件などで知られる政界の黒幕、児玉誉士夫(1911-1984)も ...
    fukuju3.cocolog-nifty.com/footbook/2006/08/post_cc32.html
  7. 加納孝氏は山田午郎の教え子?: 蹴球本日誌
    昨日のサッカー史研究会のゲストは、日本最初の女子クラブチーム、FCジンナンの メンバーだった岡島喜久子氏。興味深いお話をうかがえた。 FCジンナンの監督は、 早稲田大学ア式蹴球部OBで、戦前戦後にわたって日本代表歴もある加納孝。加納氏 に白羽の矢が立ったのには、3つほど理由があって、大変面白かったのだが、残念 ながら、それはブログなどに書いてはいけない決まりになっている。 多分、協会機関誌 だろうと思うが、加納孝は日本サッカー殿堂に掲額されている山田午郎の小学校教員 ...
    fukuju3.cocolog-nifty.com/footbook/2016/10/post-8cae.html
  8. 日本最初のサッカー・ジャーナリスト、山田午郎: 蹴球本日誌
    日本最初のサッカー・ジャーナリスト、山田午郎. 「日本最初」といっても、山田が新聞・ 雑誌にサッカー記事を書いた最初の人物というわけではない。選手としてのキャリアを もち、記事を書いて給料を貰い(朝日新聞運動部記者)、技術、戦術に踏み込んだ本格 的なサッカー評を書いた日本最初の人物という意味である。 1894年(明治27年)福島 県二本松生まれ。『東蹴六十年史草稿』(東京蹴球団,1977)によれば、父は会津 白虎隊の二本松版というべき二本松少年隊士、山田左馬吉とのこと。山田家の石 ...
    fukuju3.cocolog-nifty.com/footbook/2010/10/post-82c0.html
  9. 山田午郎氏殿堂入り: 蹴球本日誌
    3月10日付けでJFAから「日本サッカー殿堂」の掲額者20名が発表されました。 特別 選考枠6名の中に山田午郎氏の名がありました。 他の5名は川本泰三、竹腰重丸、 デトマール・クラマー、田辺五兵衛、村形繁明氏。 こうした華々しい人達の中に日本 サッカーを裏から支えた山田氏が選ばれたことを心から嬉しく思います。JFA、というか 選考委員会か?はなかなかやってくれますね。 山田氏は日本のサッカー・ ジャーナリストの祖というべき人物。 選手としても第1回全日本選手権(現在の天皇杯) に東京 ...
    fukuju3.cocolog-nifty.com/footbook/2005/03/post_1.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.