Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

川上弘美 で検索した結果 1~10件目 / 約426,000件 - 0.42秒

ウェブ

  1. 川上弘美 - Wikipedia
    川上 弘美(かわかみ ひろみ、旧姓・山田、1958年4月1日 - )は、日本の小説家。東京 都生まれ。大学在学中よりSF雑誌に短編を寄稿、編集にもたずさわる。高校の生物科 教員などを経て、1994年、短編「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇 を ...
    ja.wikipedia.org/wiki/川上弘美
  2. 川上 弘美:作品一覧、著者略歴 - Amazon.co.jp
    川上 弘美さんの後を追って、Amazon.comの川上 弘美の著者ページから参考資料を 探します。
    www.amazon.co.jp/川上-弘美/e/B001I7M42G
  3. 作家の読書道:第7回 川上 弘美さん - WEB本の雑誌
    大人気の「作家の読書道」第7回目に登場するのは、今年「センセイの鞄」で谷崎潤一郎 賞を受賞された川上弘美さん。編集部は、三鷹を訪ね、「うんうん」と頷き、澄んだ文章 そのままのたおやかな言葉で話される川上さんのお話に耳を傾けました。 (プロフィール )
    www.webdoku.jp > WEB本の雑誌 > 【本のはなし】作家の読書道
  4. 川上弘美 おすすめランキング (179作品) - ブクログ
    著者「川上弘美」のおすすめランキングです。川上弘美のおすすめランキング、人気・ レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1958年東京都生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業。著書に『蛇…
    booklog.jp/author/川上弘美
  5. 川上弘美 | 著者プロフィール | 新潮社
    川上弘美のプロフィール:1958(昭和33)年、東京都生れ。1994(平成6)年「神様」で第 一回パスカル短篇文学新人賞を受賞。1996年「蛇を踏む」で芥川賞、1999年『神様』で ドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞、
    www.shinchosha.co.jp/sp/writer/1235/
  6. 川上弘美:東京日記
    四月某日 晴. 知人夫妻と食事。 昔ハリネズミを飼っていた。 ハリネズミは、とてもよく 走る。 だいたい、一日四キロほど。 走行距離がわかったのは、ハリネズミのケージの中 にある、からからまわるやつ(ハムスターのケージなどに備えてあるのと同類)に、何回 ...
    webheibon.jp/blog/tokyo/
  7. 川上弘美-芥川賞受賞作家|芥川賞のすべて・のようなもの
    芥川賞受賞作家・川上弘美(かわかみ・ひろみ)の略歴や、候補作に対する選評の一部 などをまとめています。|生没年月日:昭和33年/1958年4月1日~|受賞年齢:38歳3 ヵ月|候補作:「婆」(平成7年/1995年 短篇・約50枚)|受賞作:「蛇を踏む」(平成8 ...
    prizesworld.com/akutagawa/jugun/jugun115KH.htm
  8. 川上弘美に関するトピックス:朝日新聞デジタル
    写真・図版 田辺聖子ほど無常を描く作家を、私は知らない 川上弘美(2019/6/10) 有料 会員限定記事 □寄稿 川上弘美(作家) 恋愛というものの芯について知ったのは、自分 の実際の恋愛からではなく、田辺聖子の小説からであったような気がする。 人は、恋を  ...
    www.asahi.com/topics/word/川上弘美.html
  9. 川上弘美さんインタビュー | BOOK SHORTS
    川上弘美さんの新刊は、ちょっと奇妙で愛しい18の物語が収録されている短編集『ぼく の死体をよろしくたのむ』。執筆エピソードや作品に込めた思い、創作にまつわるお話 についてお伺いました。
    bookshorts.jp/kawakamihiromi
  10. 川上弘美 | ダ・ヴィンチニュース
    川上弘美(かわかみ・ひろみ) / 1958年東京都生まれ。94年「神様」で第1回パスカル 短篇文学新人賞、96年「蛇を踏む」で第115回芥川賞、99年『神様』で第9回紫式部文学 賞、第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、2000年『溺…
    ddnavi.com > ダ・ヴィンチニュース > 作者から探す > 作家・小説家
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.