Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

常懐悲感 心遂醒悟 で検索した結果 1~10件目 / 約1,740件 - 0.24秒

ウェブ

  1. 常懐悲感心遂醒悟」 | いのちの納得
    浴びながらきらきらと咲く桜は、とってもきれいで・・・・・心の悲しみを. 更に際立たせ、胸 の中に流れる目には見えない涙の味で覆うのです。 いのちの納得. 法華経に、「常懐悲 心遂醒悟」(じょうえひかん しんすいしょうご). という言葉がある ...
    ameblo.jp/tukusinbou48/entry-11490843031.html
  2. 苦しみや悲しみを乗り越えたとき、そこに慈しみの心は生まれる | 「常に悲 ...
    法華経如来寿量品第十六に「常懐悲感 心遂醒悟」(じょうえひかん しんすいしょうご)の 一節があります。「常に悲感を懐く」(つねにひかんをいだく)とは、一番大切に思っていた 人が突然いなくなった時、私達は動揺し不安になってしまいます。
    www.eijuin.jp/News/view/17/245
  3. 常懐悲感 心遂醒悟」という言葉をどう思いますか? - この言葉は『妙法 ...
    この言葉は『妙法蓮華経如来寿量品第十六』にあります。 真読では「じょうえひかん しん すいしょうご」,訓読では、「常に悲感をいだいて、心ついに醒悟す」であります。 有名な 良医治子の誓えですが「医師である父が不在の間に、毒を飲んで苦しむ子どもたちに、
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 宗教
  4. 常懐悲感 心遂醒悟 - 日蓮宗新聞社
    常懐悲感 心遂醒悟. 「四年前は家に帰るとお母さんが『おかえり』と大きな声で迎えて くれた。今は『ただいま』と言っても誰もいない。ぼくはさみしい。この悲しみをどこに ぶつければいいのかわからない。 でも、ぼくにはお父さんがいる。悲しい時も ...
    news-nichiren.jp/2014/09/20/8774/
  5. 常懐悲感 心遂醒悟 - 古本屋の覚え書き - はてなダイアリー
    常懐悲感(じょうえひかん) 心遂醒悟(しんずいしょうご)と読む。『法華経』の「如来寿量 品第十六」の文(もん)。「常に悲観を懐(いだ)いて、心遂(つい)に醒悟(しょうご)し」と 読み下す。良医病子(ろういびょうし)の譬えの件(くだり)に出てくる。
    d.hatena.ne.jp/sessendo/20100823/p4
  6. 「他者の苦悩に共感する」とは - 大童法慧
    他者の苦難に共感する」とはどういうことかという問いに対し、私は『妙法蓮華経』「如来 寿量品」良医病子の喩にある言葉、「常懐悲感 心遂醒悟~常に悲感を懐いて、心、遂に 醒悟す~」に答えがあると思います。 これは、あなたのその悲しみが、あなたをして必ず  ...
    houe.jp/souryo/「他者の苦悩に共する」とは/
  7. 節子への挽歌1360:常懐悲感 心遂醒悟: CWS private
    仏教話ついでにもう一つ思いだした言葉を書くことにします。 「常懐悲感 心遂醒悟」 法華経寿量品にある言葉です。 東日本大震災以来、時々、心に浮かぶ言葉です。 30 代の頃、仏教関係の入門書をかなり読んだ時期があります。 特に悩みが ...
    cws-osamu.cocolog-nifty.com/cws_private/.../post-198d.html
  8. 常懐悲感 心遂醒悟。悲しみを抱くこと。それをゆっくりと昇華させること ...
    (法華經壽量品)常懐悲感心遂醒悟http://dharmadas.blog17.fc2.com/blog-entry-283 .html「人生に受けた様々な悲しみは、それを妬(ねた)んだり恨(うら)んだりするのでなく 、悲しみを悲しみとして胸の奧に秘めていれば、やがて、心の奥深く ...
    blog.goo.ne.jp/.../f9d499cea8134abc8622d609d79c08a...
  9. 悲しみの底に光るもの・・・ : 幸せになるためのちょっといい話し・・・
    青春の日に突然失われた両脚。 その悲しみの深さにはかける言葉もない。 だが、 悲しみの底にかすかな光でも見つけ出してほしいと願わずにいられない。 ........................ ........................ 法華経に「常懐悲感心遂醒悟(じょうえひかん、しんすい ...
    mugikiri.exblog.jp/5190948/
  10. 法華経 天にお任せ - はまぞう
    法華経の「如来壽量品第十六」という章に、「良医の比喩」というたとえ話があって、その 中に出てくる言葉です。 「常懐悲感心遂醒悟。」 読み下すと「常に悲感を懐(いだ)いて 、心遂に醒悟(しょうご)す。」 この言葉の解説する代わりに、ひとつの詩を挙げてみます  ...
    zacky.hamazo.tv/e2051454.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.