Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

或る女 で検索した結果 1~10件目 / 約5,840,000件 - 0.42秒

ウェブ

  1. 或る女 - Wikipedia
    或る女』(あるおんな)は、有島武郎が大正時代に発表した長編小説。 1911年1月『白樺 』の創刊とともに「或る女のグリンプス」の題で連載を始め、1913年3月まで16回続いた 。これは前半のみで、その後、後半を書き下ろしで『或る女』と改題して、1919年叢文閣 から『有島武郎著作集』のうち二巻として前後編で刊行した。 佐々城信子をモデルとした ものだが、結末は創作である。実際の信子は武井勘三郎との間に一女をもうけ、武井が 亡くなったあとも日曜学校などをしながら71歳まで元気に生きた。
    ja.wikipedia.org/wiki/或る女
  2. Amazon | 或る女 (新潮文庫) | 有島 武郎 | 日本文学 - アマゾン
    Amazon配送商品なら或る女 (新潮文庫)が通常配送無料。更にAmazonならポイント 還元本が多数。有島 武郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。
    www.amazon.co.jp/或る女-新潮文庫.../4101042055
  3. 或る女 感想 有島 武郎 - 読書メーター
    賛否両論ありますが私は主人公好きです。極端な性格のほうがより物語をドラマチック にできるかなと そして悪いと自覚をしてる上での行動がまた悪どさを増している ちょっと 残念なのがもう少し彼女の最期を明確に描いて欲しかったかも…?余韻があっていい のか…? 有島さんの著書は初めて読みましたが情熱的でロマンティックな比喩、長々 としつつ読みやすい文体、綿密な心理、情景ととても好みでした!主人公が狂った様が よくこんなにもリアルにかけたなぁと 長編とありますが読みやすく遅読な私でも数日あれ ば読め ...
    bookmeter.com/books/483958
  4. 有島武郎 或る女 (前編) - 青空文庫
    いったん木部から離れた葉子の心は、何者も触れた事のない処女のそれのようにさえ 見えた。 それから普通の期間を過ぎて葉子は木部の子を 分娩 ( ぶんべん ) したが、 もとよりその事を木部に知らせなかったばかりでなく、母にさえある他の男によって生ん だ子だと告白した。実際葉子はその後、母にその告白を信じさすほどの生活をあえてし ていたのだった。しかし母は目ざとくもその赤ん坊に木部の面影を探り出して、キリスト 信徒にあるまじき悪意をこのあわれな赤ん坊に加えようとした。赤ん坊は 女中部屋 ( じ ょちゅうべ ...
    www.aozora.gr.jp/cards/000025/files/201_20052.html
  5. 或る女』(アルオンナ)とは - コトバンク
    とっさの日本語便利帳 - 『或る女』の用語解説 - 有島武郎新橋を渡る時、発車を知らせる 二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞えて来た。\ (一九一九)
    kotobank.jp/word/『或る女』-899142
  6. 或る女(あるおんな)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 或る女の用語解説 - 有島武郎の長編小説。 1911~19年発表。国木田独歩の最初の妻佐々城信子をモデルに,女主人公早月葉子 の奔放な生を描く。美貌と才知に恵まれた葉子は,日清戦争前後の浪漫主義高揚期に ,多感な情熱の促すままに封建的な環境と衝突しながら自己...
    kotobank.jp/word/或る女-28140
  7. 有島武郎 『或る女』 | 新潮社
    美貌で才気溢れる早月(さつき)葉子は、従軍記者として名をはせた詩人・木部と恋愛 結婚するが、2カ月で離婚。その後、婚約者・木村の待つアメリカへと渡る船中で、事務 長・倉地のたくましい魅力の虜となり、そのまま帰国してしまう。個.
    www.shinchosha.co.jp/book/104205/
  8. [読書]日本三大悪女その2“葉子”~『或る女』より : なおきのブログ
    前記事で紹介した『痴人の愛』につづき、『或る女』有島武郎(著)について語ろうと思い ます。『痴人の愛』を読み終わった後、さらなる耽美なる世界を探索しようと思った時に出 遭ったのが『或る女』でした。 そもそも明治・大正期の日本文学史は、中学・高校の国語 の授業で習うものでした。実際、森鴎外、正岡子規、夏目漱石、与謝野晶子、宮沢賢治 、芥川龍之介らの作品は、教科書にも載っていました。しかし、谷崎潤一郎、有島武郎、 さらに遡って樋口一葉らは、国語の教科書には載ったことがありませんで ...
    naokis.doorblog.jp/archives/51855294.html
  9. 或る女(あるおんな)の意味 - goo国語辞書
    あるおんな【或る女】とは。意味や解説、類語。有島武郎 (ありしまたけお) の長編小説。 大正8年(1919)刊。自我に目覚めた女、早月葉子 (さつきようこ) が、旧弊な周囲に反抗 して奔放に生き、ついに自滅する姿を描く。 - goo国語辞書は27万語以上を収録。政治・ 経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。
    dictionary.goo.ne.jp > ... > 辞書 > 国語辞書 > 文学 > 明治以降の作品
  10. 有島武郎『或る女』|文学どうでしょう
    或る女 (新潮文庫)/有島 武郎 ¥700. Amazon.co.jp 有島武郎『或る女』(新潮文庫)を 読みました。 有島武郎は白樺派の作家として有名です。白樺派というのは、雑誌『白樺』 の同人を中心とした日本文学の流れの1つで、このブログでも取り上げた志賀直哉や 武者小路実篤も参加しています。 白樺派の前には、自然主義というのがあって、元々は フランスのゾラでしたよね。『居酒屋』などでも多少触れています。遺伝や環境を含めて、 客観的な小説を書こうとしたゾラの小説は、今読み返しても斬新な部分 ...
    ameblo.jp/classical-literature/entry-11033492834.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.