Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

或る女 で検索した結果 1~10件目 / 約3,220,000件 - 0.37秒

ウェブ

  1. 或る女 - Wikipedia
    或る女』(あるおんな)は、有島武郎が大正時代に発表した長編小説。 1911年1月『白樺 』の創刊とともに「或る女のグリンプス」の題で連載を始め、1913年3月まで16回続いた 。これは前半のみで、その後、後半を書き下ろしで『或る女』と改題して、1919年叢文閣 から『有島武郎著作集』のうち二巻として前後編で刊行した。 佐々城信子をモデルとした ものだが、結末は創作である。実際の信子は武井勘三郎との間に一女をもうけ、武井が 亡くなったあとも日曜学校などをしながら71歳まで元気に生きた。
    ja.wikipedia.org/wiki/或る女
  2. 或る女 (新潮文庫) | 有島 武郎 |本 | 通販 | Amazon
    Amazonで有島 武郎の或る女 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。有島 武郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また或る女 (新潮文庫)も アマゾン配送商品なら通常配送無料。
    www.amazon.co.jp/或る女-新潮文庫.../4101042055
  3. 有島武郎 或る女 (前編) - 青空文庫
    いったん木部から離れた葉子の心は、何者も触れた事のない処女のそれのようにさえ 見えた。 それから普通の期間を過ぎて葉子は木部の子を 分娩 ( ぶんべん ) したが、 もとよりその事を木部に知らせなかったばかりでなく、母にさえある他の男によって生ん だ子だと告白した。実際葉子はその後、母にその告白を信じさすほどの生活をあえてし ていたのだった。しかし母は目ざとくもその赤ん坊に木部の面影を探り出して、キリスト 信徒にあるまじき悪意をこのあわれな赤ん坊に加えようとした。赤ん坊は 女中部屋 ( じ ょちゅうべ ...
    www.aozora.gr.jp/cards/000025/files/201_20052.html
  4. 有島武郎 『或る女』 | 新潮社
    美貌で才気溢れる早月(さつき)葉子は、従軍記者として名をはせた詩人・木部と恋愛 結婚するが、2カ月で離婚。その後、婚約者・木村の待つアメリカへと渡る船中で、事務 長・倉地のたくましい魅力の虜となり、そのまま帰国してしまう。個.
    www.shinchosha.co.jp/book/104205/
  5. 或る女 感想 有島 武郎 - 読書メーター
    どうせすべては過ぎ去るのだ」女の情念の凄まじさ。冒頭から女盛りの葉子の軽率な 行動を書くあまり、ややもすると盛りすぎな表現とも取れる文体が気になった。しかし後半 、婚約者の木村と船上で別れてからの葉子の内面描写は鋭く、美貌に生まれつきながら 何者にもなり得なかった葉子の壊れてゆく様を、季節とシンクロさせ見事に描ききった。 キリストも学校教育も彼女の精神を高めることは叶わなかった。そこにあるのは猜疑心 に取り憑かれ生き霊と化した妖女の姿。明治文学にありがちな筋とは一線を画した有島 武郎 ...
    bookmeter.com/books/483958
  6. [読書]日本三大悪女その2“葉子”~『或る女』より : なおきのブログ
    前記事で紹介した『痴人の愛』につづき、『或る女』有島武郎(著)について語ろうと思い ます。『痴人の愛』を読み終わった後、さらなる耽美なる世界を探索しようと思った時に出 遭ったのが『或る女』でした。 そもそも明治・大正期の日本文学史は、中学・高校の国語 の授業で習うものでした。実際、森鴎外、正岡子規、夏目漱石、与謝野晶子、宮沢賢治 、芥川龍之介らの作品は、教科書にも載っていました。しかし、谷崎潤一郎、有島武郎、 さらに遡って樋口一葉らは、国語の教科書には載ったことがありませんで ...
    naokis.doorblog.jp/archives/51855294.html
  7. 或る女(あるおんな)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 或る女の用語解説 - 有島武郎の長編小説。 1911~19年発表。国木田独歩の最初の妻佐々城信子をモデルに,女主人公早月葉子 の奔放な生を描く。美貌と才知に恵まれた葉子は,日清戦争前後の浪漫主義高揚期に ,多感な情熱の促すままに封建的な環境と衝突しながら自己...
    kotobank.jp/word/或る女-28140
  8. 有島武郎『或る女』 | 文学どうでしょう
    或る女 (新潮文庫)/有島 武郎 ¥700. Amazon.co.jp 有島武郎『或る女』(新潮文庫)を 読みました。 有島武郎は白樺派の作家として有名です。白樺派というのは、雑誌『白樺』 の同人を中心とした日本文学の流れの1つで、このブログでも取り上げた志賀直哉や 武者小路実篤も参加しています。 白樺派の前には、自然主義というのがあって、元々は フランスのゾラでしたよね。『居酒屋』などでも多少触れています。遺伝や環境を含めて、 客観的な小説を書こうとしたゾラの小説は、今読み返しても斬新な部分 ...
    ameblo.jp/classical-literature/entry-11033492834.html
  9. 有島武郎:或る女|要約・解説・本文(一部) - 日本文学ガイド
    このページは有島武郎『或る女』の解説と本文の一部を紹介します。
    koten.sk46.com/sakuhin/aruonna.html
  10. 或る女(1954) | 映画-Movie Walker
    或る女(1954)(1954年3月13日公開)の映画情報を紹介。明治四十四年より大正二年 にかけて雑誌“白樺”に連載された有島武郎の小説の映画化。「ひよどり草紙(19…
    movie.walkerplus.com/mv23812/
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.