Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

提供元基準 で検索した結果 1~10件目 / 約1,750,000件 - 0.34秒

ウェブ

  1. 改正個人情報保護法の 政令等の検討状況について - 経済産業省
    参考)第三者提供における個人情報該当性判断の基準. (容易照合性に関する提供元 基準について). 他の情報と容易に照合することができるか否か(容易照合性の有無)を 事業者が判断するときは、当該事業. 者の事情を以て判断される。 第三者提供 に当たっても同様であり、提供元が提供先の事情を把握することとして、提供先の事情 において. 本人同意の要否が左右されるとなると、本人保護の観点から安定性を欠くこと から、当該事業者(提供元)にお. いて容易に照合ができるのであれば、第三者 ...
    www.meti.go.jp/committee/sankoushin/.../003_02_01.pdf
  2. 最終とりまとめ - 経済産業省
    現行の指針において、「連結可能匿名化」によって対応表を他の機関に提供. しない方法 により情報を提供している場合、指針改正後は、提供元機関にお. いて個人情報か否か によって手続きが変わる(いわゆる提供元基準であるこ. とが個情法の解釈により明確化 された)ことから、手続きの考え方について. 整理を行う必要があった。 ・ また、指針上の 「匿名化」と、法律上の個人情報・非個人情報との関係性. について明確にすることが 求められていた。 ②指針見直しの方向性. ・ 本指針に基づく取扱い ...
    www.meti.go.jp/committee/sankoushin/.../010_03_00.pdf
  3. 個人情報・パーソナルデータに関すること(4)提供元・提供先基準説 ...
    前者(提供元基準説)は,提供先において照合できるかどうかを,提供元に判断させる ことはできないという考え方に基づく。経済産業省等はこの立場を取っている*2。この 場合,例えば,これまで用いた例でいうと,下の表1のようなデータを第三者提供する際 には,一見するとID/番号といったプライマリキーだけでは他の情報がない限り,個人を 特定することはできないが,元データの保有者からすれば,表2のマスタデータを保有し ている以上,容易に照合できるから,本人の同意なくして第三者に提供 ...
    d.hatena.ne.jp/redips/20140419/1397877186
  4. 匿名化された個人情報はどのように取り扱うべきか - BUSINESS ...
    2017年8月31日 ... ただし、この場合であっても、委託者たる個人情報取扱事業者は法第22条に基づき 委託先に対する監督義務があることに留意が必要です。 この回答は、容易照合性 について「提供元判断説」を取ることが前提としたものです。匿名化をしても委託元では 容易照合性があり、個人データに該当することを前提とした回答です。 もっとも、この 回答では、個人情報保護法施行規則11条で定める基準に適合する体制整備がなされ ているとみなされることにより、個人情報保護法24条ではなく、「個人データの取扱い ...
    business.bengo4.com > ... > IT・情報セキュリティ
  5. 【Pマーク】改正個人情報保護法における個人情報の定義について ...
    再びSuicaの事例となりますが、個人情報を匿名化して第三者に提供する場面を考え ます。匿名化された情報からは当然名前が外されていますが、個人情報該当性の判断 には容易照合性のチェックをおこなう必要があります。 その場合に容易照合性の基準を 「提供元基準」で判断するか「提供先基準」で判断するかが論点になっています。 JR 東日本が日立に提供した情報について、「個人情報に該当するか否か」が議論になり ました。提供した情報は名前が抜かれ、SuicaIDも置換されている状態です(これを仮名 化と言い ...
    jtrustc.co.jp > ナレッジ > その他
  6. 個人情報保護法改正のポイント | インターネットプライバシー研究所
    現在の通説としては、本件は「個人情報」の第三者提供に該当することになります。容易 照合性の判断基準がポイントになります。容易照合性を提供元を基準とするか、提供先 を基準にするか、という論点です。政府筋の見解として「提供元基準」が通説となっており ます。JR東日本はSuicaIDを置換した後の仮IDを基に、匿名化した情報を容易に復元 することが可能だと考えられます。よって、本件は個人情報の第三者提供に該当する 可能性が高い、という結論になりました。 もう1つ、本件データが、改正法の「匿名加工 情報」と ...
    jtrustc.co.jp > ナレッジ > Pマーク
  7. 個人情報の概念と匿名加工情報
    2017年11月25日 ... Q:同じ個人情報でも、Aから見れば個人識別性があるが、Bか. ら見れば個人識別性が ないような場合をどう考えるか。 A:個人識別性は、相対的に判断される。 つまり、同じ 情報でも、Aにおいては個人情報だがBにおい. ては個人情報でない、ということがあり 得る。 18. 提供元基準・提供先基準 ...
    www.dekyo.or.jp/kenkyukai/.../20171125_doc1-1.pdf
  8. 高木浩光@自宅の日記 - 現行法の理解(パーソナルデータ保護法制の ...
    を無視した場合だからであり、これに該当するならば、前記の結論は覆り、個人データの 第三者提供に該当することになる。 ここで問題となるのは、「他の情報と容易に照合する ことができ」の解釈について、提供元基準説と提供先基準説の争いがあるとされる点で ある。*5. つまり、「個人情報データベース等」に格納された各要素の「個人データ」から、 その一部の情報を削った(特に「個人を特定する情報」の部分を削った)データ(以下、「 提供データ」と言う。)を作成して、それを第三者に提供するとき、その「 ...
    takagi-hiromitsu.jp/diary/20140423.html
  9. 匿名加工情報の論点について・その2 – きたおか法律事務所
    個人情報に該当するか否かは、当該個人情報を保有する事業者を基準に判断する というのが行政解釈です(個人データの第三者提供の際に、提供元事業者を基準に個人 情報該当性を判断するのか、提供先事業者を基準にして判断するのかの問題が あります。私は条文毎に提供元、提供先基準を使い分ければいいのではと考えていまし た)。この行政解釈を前提に、改正個人情報保護法の匿名加工情報は定義されてい ます。個人情報に関するデータベースを保有する事業者を基準にすれば、いくら匿名 ...
    i-law.jp/personalinfo-anonymity-matter2/
  10. 改正個人情報保護法、医療の視点はなぜ抜け落ちたか(page 2):“明日 ...
    このほか「実質改正箇所以外にも変更点があり、ここが重要」(米村氏)。具体的には まず、「個人情報」の定義が変更され、連結不可能匿名化や対応表を保有しない連結 可能匿名化によって「非個人情報」とすることができるとは限らないことになった。さらに は、第三者提供における「提供元基準」の採用により、第三者提供に当たって提供先が 対応表を保有しない場合でも、提供元が保有している場合には「個人情報の提供」と みなされることになった。すなわち、本人の同意取得など第三者提供の許容要件 ...
    tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/event/15/.../112300005/?ST...P...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.