Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

携帯の脳腫瘍リスク報道しないマスコミ で検索した結果 1~10件目 / 約11,900件 - 0.44秒

ウェブ

  1. 携帯電話の脳腫瘍リスク報道しないマスコミ: 鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
    携帯電話の脳腫瘍リスク報道しないマスコミ. 植田武智氏がMy News Japanと週刊 金曜日に、携帯電話と脳腫瘍の関係性を調べた研究結果について記事を書いています 。My News Japanの記事は以下。 ケータイ1日20分以上通話で脳腫瘍リスク3倍 税金 投入の国内研究結果を隠す総務省. 携帯電話の電磁波が腫瘍の原因になるとしたら、 携帯電話を使用している側の耳の腫瘍が多くなります。そこで、腫瘍が発生した側の耳 と発生していない側の耳それぞれの携帯電話の使用頻度を比較すると、 ...
    onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-4dea.html
  2. WHOも認めた電磁波リスク報道しない、日本のマスコミは、原発安全 ...
    そして発売の3日前ぐらいに報道公開され、店舗での販売も現在好調のようです。さて、 今日は、タブレットの ... 保健機関(WHO...WHOも認めた電磁波リスク報道しない、 日本のマスコミは、原発安全洗脳と同じ構造。 ... 2011年に、世界保健機関(WHO)の 国際がん研究機関(IARC)は、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査 を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表しています。 ☆携帯電話に発ガン ...
    blog.goo.ne.jp/.../e/9f707024fcb7b4096f4762a85f27cbd0
  3. ケータイ1日20分以上通話で脳腫瘍リスク3倍 税金投入の国内研究結果 ...
    携帯電話のヒトへの影響を調べた日本の総務省出資の最新研究で、1日20分以上通話 する人たちで脳腫瘍リスクが3倍になるという結果が10月28日、海外の学術誌『Bio Electro Magnetics』で発表された。これまでのWHO研究とも一貫性がある結果だ。 だが総務省は「国内向け発表の予定はない」としており、役所が発表しなければ、巨大 広告主(携帯事業者、メーカー各社)に不利な情報をマスコミが独自報道することは ありえず、国民には知らされない。業界や役所の権益にとって都合の悪い研究 ...
    www.mynewsjapan.com/reports/1341
  4. ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク 欧州5カ国調査で発覚も、日本は ...
    携帯電話の発ガン性に関するヨーロッパ5カ国の調査で、10年以上使用すると脳腫瘍 リスクが上がるという結果が出た。先月公表されたこの調査結果を受け、スウェーデンや ドイツ政府は、頭に浴びる電磁波を低くするように、との勧告を出している。今後、携帯... ... イギリスの新聞でも大きく 報道された(日本ではケータイ業界は大スポンサーなので 一行も報じられない)。 ... 脳腫瘍のようなまれにしか発生しない病気(脳腫瘍全体で年間 1万人に1人と言われている)の場合、疑われる要因との関連を調べるのは容易ではない 。
    www.mynewsjapan.com/reports/549
  5. 携帯10年以上使用で脳腫瘍リスク上昇 ( 携帯電話 ) - 山猫Rと不幸な ...
    一時期、携帯電話の電磁波の影響について日本でも話題になってましたが、. 今は全く ニュースになっていません。 携帯電話会社は、大スポンサー様ですから、. TVでも新聞 でも報道しないんでしょうなぁ。 似たような話で、マーガリンというのもあります。 ttp:// medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/307355.html. こちらも日本では全く といっていいほど報道されていません。 多くの食料品にマーガリンや植物油は使われ ています。 食品メーカーも大スポンサー様ですよねぇ。 日本の企業、マスコミっ ...
    blogs.yahoo.co.jp/yamaneko_r/29229151.html
  6. 携帯電話使用で脳腫瘍リスク増大、研究結果が公開…子供の脳、深部に ...
    2017年4月16日 ... 隠蔽されてきた携帯電話と脳腫瘍の関連性3月2日、米サンフランシスコのCBSニュース は、携帯電話と脳腫瘍の関連性について詳述した秘密文書が、カリフォルニア裁判所の 命によって公開された事実を報じた。20...(1/4)
    www.excite.co.jp > ニューストップ > ITニュース > IT総合
  7. WHOインターフォン報告書 携帯電話使用と脳腫瘍との関連
    の 10 年以上の使用により,神経膠腫のリスクが 2.7 倍,聴神経腫瘍のリスクが 2.9 倍 高まる」. 「使用する側の脳腫瘍が多い」「アナログ,デジタル,コードレスのいずれも関連 する」など. の結果を出していた。ハーデル博士のグループはその後も疫学調査を重ね, 二十数件以上の報. 告を出している 1)。 昨年の “ インターフォン報告 ” で混乱が. 2010 年 5 月に IARC がインターフォン研究の論文の 1 つを発表すると,その内容が複雑なた . めメディアの報道に混乱が見られた。世界で大半のメディアが「脳腫瘍に関連あり」と ...
    pha.jp/shin-yakugaku/doc/W21.pdf
  8. ケータイで頻繁に通話すると「脳腫瘍リスク」は増加する?|WIRED.jp
    今回の研究からは「携帯電話を使った毎月15時間以上の通話を5年以上続けると、 脳腫瘍が発生する危険性が2倍から3倍に増える」としてAFPが報道し、世界のメディア でもとりあげられた。 ただし、今回の研究結果には、同様の相関性を認めた既存研究と 一致しない点がある。ほとんどの既存研究は、ユーザーが携帯電話を当てる側に腫瘍が 発生しやすい傾向を示しているが、最新研究では反対側に発生しやすいとの結果が出て いる。また、既存研究では、遠くの電波塔と通信するために、携帯電話が ...
    wired.jp/.../cell-phones-and-cancer-finds-another-weak/
  9. 携帯電話の電磁波による健康障害の危険性、あなたのその病気の原因は ...
    2017年11月3日 ... 今では多くの人が当たり前のように使っているスマートフォン。 スマホから電磁波が出て いることは皆さんご存知かと思います。 しかし、この電磁波に健康障害があるということ はご存じない方も多いです。 日本では電磁波に対する健康障害について大手マスコミが あまり報道しないために、ご存知無い方が多いのは仕方がないことかもしれません。 どの程度危険でどんな障害が出るかは電磁波を浴びた場所や時間、個人差も大きい ため様々ですが、妊娠中、赤ちゃん、成長期までのお子様など、年齢が若い ...
    sharetube.jp/article/8523/
  10. 遺伝子毒性が指摘されている携帯電話の電磁波(1)、基地局周辺の住民 ...
    携帯電話やスマートフォンの使用者が脳腫瘍になるリスクが高いことは、ほぼ定説と なっている。頭部に通信機器を接近させて使うからだ。 日本のマスコミは、この問題を ほとんど報じないが、欧米では当たり前に報道され、携帯電話がもたらす脳腫瘍リスクは、常識として住民の間に定着している。 第2に問題になるのは、これらの通信 機器を機能せさるためにのシステムである基地局から発せられるマイクロ波の危険性で ある。特に問題になるのは、通信機器と脳腫瘍の問題ではなくて、むしろこちらの方 ...
    www.kokusyo.jp/phone/7552/
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.