Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

携帯の脳腫瘍リスク報道しないマスコミ で検索した結果 1~10件目 / 約34,400件 - 0.37秒

ウェブ

  1. 携帯電話の脳腫瘍リスク報道しないマスコミ: 鬼蜘蛛おばさんの疑問箱
    携帯電話の脳腫瘍リスク報道しないマスコミ. 植田武智氏がMy News Japanと週刊 金曜日に、携帯電話と脳腫瘍の関係性を調べた研究結果について記事を書いています 。My News Japanの記事は以下。 ケータイ1日20分以上通話で脳腫瘍リスク3倍 税金 投入の国内研究結果を隠す総務省. 携帯電話の電磁波が腫瘍の原因になるとしたら、 携帯電話を使用している側の耳の腫瘍が多くなります。そこで、腫瘍が発生した側の耳 と発生していない側の耳それぞれの携帯電話の使用頻度を比較すると、 ...
    onigumo.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-4dea.html
  2. WHOも認めた電磁波リスク報道しない、日本のマスコミは、原発安全 ...
    そして発売の3日前ぐらいに報道公開され、店舗での販売も現在好調のようです。さて、 今日は、タブレットの ... 保健機関(WHO...WHOも認めた電磁波リスク報道しない、 日本のマスコミは、原発安全洗脳と同じ構造。 ... 2011年に、世界保健機関(WHO)の 国際がん研究機関(IARC)は、携帯電話の電磁波と脳腫瘍リスクについて過去の調査 を評価した結果、携帯電話の電磁波による脳腫瘍リスクには「限定的な証拠(limited evidence)が認められる」とする結果を公表しています。 ☆携帯電話に発ガン ...
    blog.goo.ne.jp/.../e/9f707024fcb7b4096f4762a85f27cbd0
  3. ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク 欧州5カ国調査で発覚も、日本は ...
    携帯電話の発ガン性に関するヨーロッパ5カ国の調査で、10年以上使用すると脳腫瘍 リスクが上がるという結果が出た。先月公表されたこの調査結果を受け、スウェーデンや ドイツ政府は、頭に浴びる電磁波を低くするように、との勧告を出している。今後、携帯... ... イギリスの新聞でも大きく 報道された(日本ではケータイ業界は大スポンサーなので 一行も報じられない)。 ... 脳腫瘍のようなまれにしか発生しない病気(脳腫瘍全体で年間 1万人に1人と言われている)の場合、疑われる要因との関連を調べるのは容易ではない 。
    www.mynewsjapan.com/reports/549
  4. 「ケータイで脳腫瘍」論争 ガン研究所が警告、全米No1トーク番組「ラリー ...
    ドコモ、AU、ソフトバンクおよび松下、富士通、NECといった端末メーカーの莫大な広告 費が投じられている日本のマスコミでは、まずありえないものだった。 ◇辣腕弁護士の 脳腫瘍がきっかけ 5月27日に放送 ... それらの研究の1つで、とても重要なものが、10 年間にわたる携帯電話の使用という長期曝露を見たヨーロッパでの研究です。2,000 時間以上(1日一時間で10年間)の携帯電話使用にさらされた場合、脳腫瘍を発症する リスクが3.7倍、増加すると報告しています」. と述べる。 ラリー・キング氏の「そのリスクは 高いと ...
    www.mynewsjapan.com/reports/902
  5. ケータイで頻繁に通話すると「脳腫瘍リスク」は増加する?|WIRED.jp
    ただし、携帯電話を最もよく使う上位20%(月単位および累積の通話時間で評価)を分離 した場合のみ、携帯使用と癌との関連性が統計的に有意なレヴェルを示した。 今回の 研究からは「携帯電話を使った毎月15時間以上の通話を5年以上続けると、脳腫瘍が 発生する危険性が2倍から3倍に増える」としてAFPが報道し、世界のメディアでも とりあげられた。 ただし、今回の研究結果には、同様の相関性を認めた既存研究と一致 しない点がある。ほとんどの既存研究は、ユーザーが携帯電話を当てる側に ...
    wired.jp/.../cell-phones-and-cancer-finds-another-weak/
  6. 携帯電話で脳腫瘍・・・誤解を生む報道 - 噛みつき評論
    携帯電話で脳腫瘍・・・誤解を生む報道. ... 携帯電話で脳腫瘍・・・誤解を生む報道. 世界 保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が携帯電話の電磁波と発がん性の関連 について、限定的ながら「可能性がある」と発表したことについて波紋が広がっています。 なかでも「1日30分、10年以上の携帯 ... 例えば胃ガンのように年間発生数(罹患数)が 10万人あたり100人前後のものであれば40%の増加は10万人あたり40人の増加に なり、これはかなり大きいリスクと言えるでしょう。 ところが脳腫瘍の発生率は10万人 ...
    kamitsuki.news.coocan.jp/11A/keitaidenwade-noushuuou.htm
  7. 【図解】携帯電話の長時間使用で脳腫瘍リスク高まる可能性 写真1枚 ...
    【6月6日 AFP】世界保健機関(World Health Organization、WHO)の国際がん研究 機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)は5月31日、携帯電話 の長時間使用は脳腫瘍リスクを高める可能性があると発表した。(c)AFP 【関連記事】 携帯電話の長時間使用、脳腫瘍リスク高める可能性 WHO · <ニュース解説画像一覧 へ> · ヘルス 図解 · メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>. PR : PR : ...
    www.afpbb.com/articles/-/2804218
  8. 電磁波問題 スマホで脳腫瘍の発症率が4倍に!?研究者「1日30分以上、 ...
    フランスの研究者らが、"1日30分以上、携帯電話で通話を続けると、脳腫瘍が発生する 危険性が2~3倍に増加する"と発表したんです」(全国紙記者). それだけではない。 前 出の船瀬氏は続ける。 「すでにスウェーデンの研究所が"10年間以上、 .... 02. 函館の犬 。 2014年6月08日 08:17:48 : bhbAK3m6MJQx2 : SRV5MEIEp2 日本の大手 マスコミは、風評被害、因果関係は不明、ただちに影響はない、だろう。 電磁波障害を タブーとする風潮は、原発による被ばくの報道とウリふたつ。ヨミウリふたつ。
    www.asyura2.com/13/health16/msg/421.html
  9. 遺伝子毒性が指摘されている携帯電話の電磁波(1)、基地局周辺の住民 ...
    携帯電話やスマートフォンの使用者が脳腫瘍になるリスクが高いことは、ほぼ定説と なっている。頭部に通信機器を接近させて使うからだ。 日本のマスコミは、この問題を ほとんど報じないが、欧米では当たり前に報道され、携帯電話がもたらす脳腫瘍リスクは、常識として住民の間に定着している。 第2に問題になるのは、これらの通信 機器を機能せさるためにのシステムである基地局から発せられるマイクロ波の危険性で ある。特に問題になるのは、通信機器と脳腫瘍の問題ではなくて、むしろこちらの方 ...
    www.kokusyo.jp/phone/7552/
  10. WHOインターフォン報告書 携帯電話使用と脳腫瘍との関連
    の 10 年以上の使用により,神経膠腫のリスクが 2.7 倍,聴神経腫瘍のリスクが 2.9 倍 高まる」. 「使用する側の脳腫瘍が多い」「アナログ,デジタル,コードレスのいずれも関連 する」など. の結果を出していた。ハーデル博士のグループはその後も疫学調査を重ね, 二十数件以上の報. 告を出している 1)。 昨年の “ インターフォン報告 ” で混乱が. 2010 年 5 月に IARC がインターフォン研究の論文の 1 つを発表すると,その内容が複雑なた . めメディアの報道に混乱が見られた。世界で大半のメディアが「脳腫瘍に関連あり」と ...
    pha.jp/shin-yakugaku/doc/W21.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.