Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

東南アジア 植民地 で検索した結果 1~10件目 / 約1,270,000件 - 0.27秒

ウェブ

  1. アジアの主な植民地
    (1) はじめに アジアの国々、特に東南アジアの国々が植民地化されていった経緯と、 植民地の実態について考える。最後の強制栽培制度は是非読んで頂きたい。 (2) イギリスによるインドの植民地化 欧米列強によるアジアの植民地政策は、ポルトガル による ...
    myasia.world.coocan.jp/Shokuminchi.htm
  2. 東南アジア植民地化の特色 – 世界の歴史まっぷ
    2018年7月30日 ... そこに出現したのは、支配者であるごく少数のヨーロッパ人(官吏・軍人・資本家など)が 大多数の先住民を搾取する植民地社会であった。東南アジア植民地にみられるもう ひとつの特色は、ヨーロッパ人と先住民との中間に中国人( 華僑 か ...
    www.sekainorekisi.com/.../東南アジア植民地化の特色/
  3. 諸島部の植民地化 – 世界の歴史まっぷ
    2018年7月30日 ... 東南アジアにおけるオランダ東インド会社の経営方針は、ポルトガルと同様に貿易独占 であり、香辛料・砂糖・コーヒーなど輸出用作物の栽培・供出の強制や廉価買い上げで 農民を苦しめ、しばしば彼らの反乱をまねいた。しかし会社は積極策を ...
    www.sekainorekisi.com/world.../諸島部の植民地化/
  4. 東南アジアの歴史・社会・文化
    東南アジアは、インドシナ半島( インドと中国の間にあるという意味 )やマレー半島と、 スンダ列島( インドネシ. ア )、フィリピン諸島 ... の地域は植民地から独立国家となった。 ... カンボジア( 1999年加盟 ) ⇒ これで、東南アジア諸国すべての10ヵ国が加盟した。
    www.kyoritsu-wu.ac.jp/.../history_society_culture.htm
  5. 南・東南アジア植民地化(インド帝国、オランダ領東インドなど) 受験 ...
    南・東南アジア植民地化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな 部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 インドの植民地化 ・長らくインド を支配していたムガル帝国は、第6代アウラングゼーブ治世後に衰退し、17世紀以降.
    manapedia.jp/text/3166
  6. 植民地時代の東南アジア - 帝国書院
    東南アジアの近代は西欧世界との接触なくして. は語ることはできない。その近代とは19 世紀前半. の西欧列強による植民地支配に直面してから始ま. る。つまりイギリスの海峡 植民地の形成、フラン. スの仏領インドシナの形成、オランダの蘭領東イ. ンドの形成、 ...
    teikokushoin.co.jp/.../history_world200501-08-10.pdf
  7. 東南アジア - Wikipedia
    19世紀、東南アジア諸国では欧米列強による植民地化が進められた。以下に見るよう に各地によってさまざまな支配体制がとられたが、共通点として「二重経済」、「複合社会 」、「分割・間接支配」の三点がしばしば挙げ ...
    ja.wikipedia.org/wiki/東南アジア
  8. フランス領インドシナ - Wikipedia
    この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や .... インドシナ におけるフランスの植民地支配を完成させたのは、1897年から1902年にかけて インドシナ総督を務めたポール・ドゥメールである。ドゥメールは ..... 東南アジアの歴史― 人・物・文化の交流史』84頁; ^ 桜井由躬雄、「植民地化のベトナム」 『東南アジア史 I 大陸部』、307頁。
    ja.wikipedia.org/wiki/フランス領インドシナ
  9. 東南アジア史(とうなんアジアし)とは - コトバンク
    イギリスはビルマ (1988年軍事政権成立後はミャンマー) のコンバウン朝と3度戦い,86 年にその全土を植民地化し,フランスはその翌年インドシナ連邦を支配下に収め,その 中間に残されたタイは東南アジア唯一の独立国となった。植民地支配への抵抗は ...
    kotobank.jp/word/東南アジア史-103990
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.