Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

根 充填剤 無害 で検索した結果 1~10件目 / 約148,000件 - 0.31秒

ウェブ

  1. 抗菌性根充法|みちのく政宗デンタルクリニック|
    そして一度根っこの治療を終了した歯(管充填した歯)は、非常に再治療が困難になり ます。 ... 詰め物(充填剤). 半永久的に殺菌成分を放出し、体には無害な詰め物(充填 )をします。 この充填剤は、非常に密閉性が高く、歯の表面に食い込んで固まるので、  ...
    www.treatment-masamune.com/kokin
  2. vol.36 症例 2|難しい再管治療|救済治療・再生療法|舩坂歯科 ...
    抜歯した歯の尖を観察すると、はみ出た根充剤の一部が尖周囲に付着し、余剰な 根充剤の影響で尖周囲の歯根膜は大きなダメージを受けています。 「根充剤は本来 生体に無害なものを使い、はみ出た根充剤は経時的には吸収されるので大丈夫 ...
    www.funasaka-dc.jp > ... > 難しい再根管治療 …
  3. 尖病変の予後
    また、尖病変の大小は該当歯牙の汚染領域の広さ・. 大きさ(死腔の容積と有害物質 の量)、そして患者の. 免疫力(治癒力)等が大きく影響するものと思われる。 そのため 太い管(若年者の管)の処置では特に. アンダー充填にならないよう細心の注意が 必要 ...
    www.icd-japan.gr.jp/pub/vol48/17-vol48.pdf
  4. 管治療における緊密な充塡の程度 - メディカルオンライン
    X線写真が撮影された。 その結果,右上2番から左上2番. の4本について,管充塡剤 が. 少なくとも尖 ...
    www.medicalonline.jp/pdf?file=hanrei_201501_02.pdf
  5. 管治療 - Wikipedia
    管治療(こんかんちりょう 英:Root canal treatment)は、炎症や感染を起こした歯髄の ための治療手法で、痛んだ歯髄を除去して管を入念に消毒し、 ... 洗浄と除染が行 われた管への充填は、ガッタパーチャや一般的に酸化亜鉛ユージノールセメント(国内 では「ネオダイン」の製品名で知られる)などの不活性充填材を用いて施術がなされる。 一部の ... ホルムアルデヒドは理論的には無害な水と二酸化炭素に変換される。一部 の ...
    ja.wikipedia.org/wiki/管治療
  6. 管治療Q&A|小机歯科医院|神奈川県横浜市港北区|マイクロ ...
    この打診痛については、しっかりと充填をすれば1週間ほどで消失します。 ただし、 の先の尖孔をしっかり閉鎖しないと達成は出来ません。 Q,治療を受けていますが、 膿の様なものが歯ぐきから出ます。治りますでしょうか? 歯のが折れていなければ ...
    www.kozukue-shika.jp/hozonka/root_qa/
  7. 管治療】えっ、の横からお薬が飛び出している! 他院より「治療が ...
    しかし、治療終了後の経過とレントゲン写真に何か違和感を覚えた担当の先生がさらに しっかりとした診断をするために歯科用CT撮影をされました。 そうすると、レントゲン写真 では神経の治療があたかもうまくいっているような像(充填剤の中にしっかりと  ...
    www.ashiya-dental.com/blog/post-37/
  8. 歯の(神経)の治療 | 診療案内 | 豊中市の歯医者 日本歯周病学会認定 ...
    保険診療で使用できる一般的な消毒剤に加え、オゾンガス、ナノバブルオゾン水、次亜 塩素酸水などの殺菌水、レーザー、抗菌薬使用などにより、効率的に管内の細菌を 減少させることができます。 また、当院ではできるだけ身体に有害な薬剤や消毒剤は 使用 ...
    www.n-dc.com/sp/root_canal.html
  9. 【モリタ】接着性充填用シーラー「メタシール Soft」について|デンタル ...
    このような経緯から、弊社はモディファイド・シールド・レストレーションの概念に基づい て管内部に残留した細菌をレジンで封じ込めることによって無害化し、さらには抜髄後 の脆弱した歯牙を補強するべく充填用シーラーにも歯質接着性が必要であると ...
    pdf.dental-plaza.com/dentalmagazine/no144/144-1/
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.