Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

歎異抄 で検索した結果 1~10件目 / 約1,250,000件 - 0.36秒

ウェブ

  1. 歎異抄 - Wikipedia
    歎異抄』(たんにしょう)は、鎌倉時代後期に書かれた日本の仏教書である。作者は、 親鸞に師事した河和田の唯円とされる。書名は、その内容が親鸞滅後に浄土真宗の 教団内に湧き上がった異義・異端を嘆いたものである。『歎異鈔』とも。
    ja.wikipedia.org/wiki/歎異抄
  2. 歎異抄をひらく : 作品情報 - 映画.com
    2019年5月24日 ... 歎異抄をひらくの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。浄土真宗の 宗祖とされる鎌倉時代の僧・親鸞の教えを記した仏教書「歎異抄(たんにしょう)」を わかりやすく解釈した高森顕...
    eiga.com > ホーム > 作品情報
  3. 歎異抄』解説・本当は怖い歎異抄の門外不出の秘密をすべて公開!
    歎異抄にはあなたが本当の幸せになれる道が記されています。ところがその美しい文章 は誤解を招き易く、読む人を破滅に導く危険性に、教団内に封印され門外不出の秘本 となりました。そのひた隠しにされてきた歎異抄の秘密のすべてを今ここに公開中!
    歎異抄.com/
  4. 歎異抄 (岩波文庫 青318-2) | 金子 大栄 |本 | 通販 | Amazon
    Amazonで金子 大栄の歎異抄 (岩波文庫 青318-2)。アマゾンならポイント還元本が 多数。金子 大栄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また歎異抄 (岩波 文庫 青318-2)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
    www.amazon.co.jp/歎異抄-岩波文庫.../4003331826
  5. 名著53 歎異抄:100分 de 名著 - NHK
    今回の放送は2016年4月に放送したシリーズです。 「歎異抄」ほど一宗派の壁を超えて 、多くの人たちに読み継がれている宗教書はありません。西田幾多郎、司馬遼太郎、 吉本隆明、遠藤周作等々……数多くの知識人や文学者たちが深い影響を受け、自らの  ...
    www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/53.../index.html
  6. 歎異抄をひらく
    本日 6/28(金)から、いよいよ長野県でも「歎異抄をひらく」が公開されます! 古典の 名著としても有名な『歎異抄』に残された親鸞聖人のお言葉が、800年の時を超えて今を 生きる私たちへ痛烈なメッセージとして心に響く作品です!親鸞聖人を演じた石坂浩二 ...
    tannisho.jp/
  7. 不可解な『歎異抄』の言葉「善人なをもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや ...
    2018年8月10日 ... 善人なをもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」 有名な『歎異抄』の1文です。よく知られ ているのに、その意味を知る人は、驚くほど少ないようです。石川県中能登町に住む 高柳輝親さん(81)も、10数年来、このお言葉に首をかしげていました。
    shinrankai.jp/article/2499
  8. 歎異抄』が好き!日本人の心をガッチリつかむその理由は? | 1から ...
    2019年5月5日 ... いわんや悪人をや』の「悪人正機(あくにんしょうき)」が紹介されていますので、歎異抄を ご存知の方も多いと思います。『歎異抄』は、日本を代表する世界的な名著であり、その 思想性は高く評価されています。 そんな『歎異抄』の魅力はどんな ...
    1kara.tulip-k.jp/naruhodo/2018032881.html
  9. 歎異抄(タンイショウ)とは - コトバンク
    歎異抄たんにしょう. 鎌倉時代の仏書。一巻。作者名を欠くが、一般には親鸞(しんらん) 面授の弟子唯円(ゆいえん)の作とされ、親鸞の死後2、30年ころの成立か。親鸞没後に 信徒たちの間に行われていた異端を歎(なげ)き、親鸞の伝えた真信に返そうとしてつく ...
    kotobank.jp/word/歎異抄-563639
  10. 映画『歎異抄をひらく』予告編 - YouTube
    2019年5月14日 ... なぜ生きる -蓮如上人と吉崎炎上-』に続くシリーズ第2弾として、親鸞の教えを説いた 古典「歎異抄」を解釈した高 ...
    www.youtube.com/watch?v=MYGCRTtLpw4
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.