Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

流星群 11月17日 で検索した結果 1~10件目 / 約378,000件 - 0.47秒

ウェブ

  1. 2017年11月18日 しし座流星群が極大 - アストロアーツ
    2017年11月18日 ... 11月18日、しし座流星群の活動が極大となる。予測極大時刻は1時ごろで、18日の 未明から明け方にかけてが見ごろとなる。月明かりの影響がまったくない点では好条件 だが、近年の活動は低調なので多くても1時間あたり5個程度、空が明るいところや視界 が開けていないところではほとんど見えないかもしれない。あまり期待せず、防寒の準備 をしっかりして運試し程度に眺めてみよう。 1999年や2001年の大出現が有名なしし座 流星群は、テンペル・タットル彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過 ...
    www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9464_ph171118
  2. しし座流星群(11月) - Radio Meteor Observation
    しし座流星群は,1833年に大出現を見せ,2001年に日本を含むアジアで1時間あたり 2,000個の大出現を見せました.火球が多くとても見応えのある流星群です.この流星 が出現する度に,流星天文学が飛躍的に進化し,流星群と彗星の関係性や出現予測 の理論など大きな影響を与えました. 一転して,活動期以外の時期は出現数は激減し, 1時間あたり数個~10個程度まで落ち込みます. 電波観測では,流星の対地速度が 速いため,多くのロングエコーが観測され,大出現時はロングエコーで観測画面が埋め 尽く ...
    www.amro-net.jp > HOME > 流星群情報
  3. おうし座流星群(11月) - Radio Meteor Observation
    10月上旬から11月終わりにかけて,約2ヶ月間おうし座付近から流星が飛びます。おう し座流星群自体は,北群と南群で構成され,南群が5日頃,北群は12日頃に極大を 迎えます。流星自体はゆっくりしたものが多く,火球が多く見られます。 電波観測では, 南群については5日頃をピークに高原状のピークが観測されますが,本当になだらかな 高原状のため,年によっては検出が困難な場合もありますが,例年それらしい活動は 捕らえられます.北群については,あまり目立った活動が検出された例はありません。
    www.amro-net.jp > HOME > 流星群情報
  4. あすの未明「しし座流星群」が極大(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
    2017年11月17日 ... ... 前にかけて雲が広がりやすいでしょう。内陸部を中心に晴れ間のでる所もありそうです 。 【東海から九州・沖縄】今夜からあすの明け方にかけて厚い雲に覆われ、観測には あいにくの天気となりそうです。 流星群のピークであるあすの未明はあいにくの天気の所 が多くなりそうですが、11月25日(土)くらいまでは見られる可能性がありますので、 晴れる日には是非、夜空を見上げてみて下さいね。夜間は冷え込みが強まりますので、 観察の際はしっかりと寒さ対策をなさって下さい。 (2017年11月17日 15時45 ...
    www.tenki.jp/forecaster/diary/t_yoshida/2017/.../87321.html
  5. しし座流星群2017はいつ?方角やピークの時間は? – 豆知識PRESS
    しし座流星群が多く見られる期間. 2017年、しし座流星群がよく見られるのは、11月10 日から11月23日です。 今年、特に観察に適しているのが、11月17日の夜~18日未明 です。 しし座流星群の観察に適した時間帯. 今年のしし座流星群は、11月17日の19時 から明け方にかけてが一番の見頃。 特に、18日01時頃には極大を迎えます。 ただこの 日は夜半過ぎに月が昇るので月明かりの影響を受けないよう、眺める方向や場所を 変えて観察すると良いでしょう。 流星を探すときには手で影を作ったりして光を遮る工夫 も必要 ...
    sk-imedia.com > HOME > イベント・行事 > しし座流星群
  6. しし座流星群 - Wikipedia
    しし座流星群(ししざりゅうせいぐん、Leonids)は、しし座に放射点を持つ流星群である。 レオニズ(The Leonids)、レオニード(Les Léonides)などと呼ばれることもある。毎年 11月14日頃から11月24日頃まで出現が見られ、11月17日頃に極大を迎える。母天体 はテンペル・タットル彗星 (55P/Tempel-Tuttle) である。普通の年には極大時に1時間 あたり数個の流星が観測できるが、過去に何度も大出現が見られた。流星天文学の 発展にも重要な役割を果たしてきた流星群である。
    ja.wikipedia.org/wiki/しし座流星群
  7. 2017年の展望と年間カレンダー | 国立天文台(NAOJ)
    2017年に注目したい天文現象や流星群の情報、年間カレンダーを掲載しています。
    www.nao.ac.jp > ホーム > 天文情報 > ほしぞら情報 > 2017年
  8. 主な流星群 | 国立天文台(NAOJ)
    出現が期待される主な流星群を表1に示します。特に、毎年ほぼ安定して多くの流星が 出現する3つの流星群「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」は 、「三大流星群」と呼ばれています。
    www.nao.ac.jp > ホーム > 天文情報 > 基礎知識
  9. 世界天文年の流星群:国立天文台
    世界天文年に流れ星を観察してみませんか? 世界天文年となる2009年は、流星群に とっても条件が良く観察できるものが多い年です。そこで国立天文台では、世界天文年 2009の公認イベントとして、三大流星群「しぶんぎ座流星群(1月)」「ペルセウス座流星 (8月)」「ふたご座流星群(12月)」を対象に、流れ星を観察するキャンペーンを行うこと にしました。 そこで、この3つの流星群を中心に、2009年の一年間に注目される、おもな 流星群をご紹介いたします。ぜひ世界天文年に流れ星を観察してみませんか?
    www.nao.ac.jp/phenomena/20090000/index.html
  10. 流星群一覧(2017年) - 佐藤幹哉の流星研究ページ
    流星群名称 和名・略譜(学名, IAU No.) 出現期間, 極大(日本時) 太陽黄経(月齢), 放射点位置, 速度 (km/s), 最大時. ZHR, 母天体, 備考. 赤経, 赤緯. しぶんぎ座流星群. QUA (Quadrantids, #10), 12月28日~1月12日, 1月3日 283.15゜, 22時50分 (月齢: 5.3), 230゜, +49゜, 41, 120, 小惑星: (196256) (=2003 EH1), 三大流星群母天体は他 の候補もあり. 4月こと座流星群. LYR (April Lyrids, #6), 4月16日~4月25日, 4月22日 32.32゜, 21時10分 (月齢:25.4), 271゜, +34゜, 49, 18, 彗星: C/1861 G1 (Thatcher).
    meteor.kaicho.net/meteor2017.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.