Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

片側無視 で検索した結果 1~10件目 / 約398,000件 - 0.4秒

ウェブ

  1. 半側空間無視 - Wikipedia
    半側空間無視(はんそくくうかんむし、英:Hemispatial neglect, Unilateral spatial neglect)とは、大脳半球が障害されて半側からのあらゆる刺激(視覚、聴覚、触覚等)を 認識できなくなる症候のことである。失認の一種。
    ja.wikipedia.org/wiki/半側空間無視
  2. 半側空間無視はなぜ起こるの? | 介護のプロ道場
    半側空間無視は左側に起こることが多い。 正解は◯×どちらでしょう? 大脳の働き 機能 局在 介護のプロ道場. 正解は、◯ でした! 【今日の解説 脳梗塞後の半側空間無視(高 次脳機能障害)】. 半側空間無視とは、自分が意識して見ている空間の片側を認識 ...
    kaigopro-dojyo.com/?p=1938
  3. 半側空間無視 - 脳科学辞典
    2016年12月31日 ... 半側空間無視とは、大脳半球病巣と反対側の刺激に対する認知的処理が障害された 病態であり、主に右半球の脳血管障害後に起こる。視野障害と異なり、頭部や視線の 動きを自由にした状態で起こるために幅広い生活場面に困難を生じる。
    bsd.neuroinf.jp/wiki/半側空間無視
  4. 脳卒中の後遺症「半側空間無視」とは?リハビリ方法は?
    脳卒中は、運動麻痺や感覚障害をはじめとして様々な後遺症を併発します。高次脳機能 障害の一つに数えられる「半側空間無視」は、日常生活活動を大きく制限するものの一 つです。そこで今回は、脳卒中の後遺症である「半側空間無視」とは ...
    kens11.com > ホーム > 医療・介護
  5. 半空間無視・半側身体失認 - 高次脳機能障害情報のポータルサイト
    高次脳機能障害総合情報サイト。①半穣空間無視 半側空間無視とは、片側に置かれた ものに気づかない、認識できない...
    koujinou.net > トップページ > 高次脳機能障害の症状
  6. 半側空間無視 | 脳梗塞ココが知りたい!
    脳機能の仕組みを考える上でも興味深いのが、「半側空間無視」という症状です。 これ は脳梗塞などで脳の片側半球がダメージを受けるとそれに対応した側からの情報・感覚 を認識できなくなってしまうという症状です。主に右脳損傷による左側空間無視がよく見  ...
    www.gotocss3.com/09/post_53.html
  7. 半側空間無視とは - 介護用語 Weblio辞書
    半側空間無視とは?介護用語。 視空間の右半分あるいは左半分の空間しか認識 できない現象です。高次脳機能障害の症状の一つです。
    www.weblio.jp > ... > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 症候
  8. 半側空間無視の症状,原因と治療の病院を探す | 病院検索ホスピタ
    半側空間無視とは、脳が何らかのダメージを受けたことによりある一方からの視覚や 聴覚などの刺激を認識することが難しくなる症状です。例えば食事の時に片側の食事 だけに手を付けないなど、日常生活の中でも症状を感じる場面があります。反対側への 関心 ...
    www.hospita.jp > ホーム > 病気検索
  9. (1)半側空間無視
    社会復帰のための援助をして行く上で、一番影響が大きいといわれている症状です。 自分が意識して見ている空間の片側(多くの人は左側)を見落とす障害です。したがって 、見ている領域が移れば、見落とす範囲も変わっていきます。今まで見ていた領域の中 の ...
    www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/.../01-HANN-.Html
  10. 半側空間無視はなぜ左半側空間無視がほとんどなのか... - 知恵袋
    半側空間無視について 半側空間無視はなぜ左半側空間無視がほとんどなのか?脳の 機能レベルkら詳しく教えて下さい!!専門用語バンバン使ってもらって結構です(一応 医療従事者ですので)!! 学生さんでしょうか?教科書にも...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 病気、症状
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.