Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

球面性の仮定 満たされない 対処 で検索した結果 1~10件目 / 約115,000件 - 0.25秒

ウェブ

  1. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... なぜこの仮定満たされないと分散分析が適切に行えないのか,何が“球”なのかは, 直感的には理解しづらいところですが,次 ... ANOVA君では,バージョン2.0.0から,反復 測定要因(被験者内要因)について,Mauchlyの球面性検定とε(イプシロン)による自由 度の調整を行うようになりました。 ... このようなケースは,球面性から離れすぎている ことを意味しているのか,別の対処法があるのか,どのように解釈してよい ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  2. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性の検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説がなり たたない(有意確率が5%未満)とき、被験者内効果の検定の有意確率が小さくなる ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  3. 球面性の仮定について:反復測度の分散分析 - Memorandums
    被験者内計画(反復測度)のデータに分散分析を適用する際の球面性の仮定について。 分散分析では各 ... この仮定が満たされない(検定で棄却された)ときは、自由度を調整 して有意性の検定をおこなうか、MANOVAをおこなう。前者では ...
    blog.goo.ne.jp/.../0ce46ae09667bf93c7271fccea562b7...
  4. Rによる心理学研究法入門 3章 心理学における分散分析 研究の概略1
    A×Bの交互作用については球面性が成り立たなさそうである(後述). 対応のある分散 分析では、球面性仮定している. 球面性仮定できない .... 球面性満たされない球面性からの逸脱への対処が必要となる. 13. 球面性からの逸脱への ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../ishiguro1.pdf
  5. 分析のいろんな仮定と,それに対する頑健さ・対処法 | Sunny side up!
    この仮定が満たされない時は,いわゆる二段抽出法や,グループ単位にデータを取る, などの方法によってデータ収集がなされている場合だと ... 参加者内計画の場合は, 分散の均一性の仮定の代わりに,球面性の仮定というのがあります。
    norimune.net/1761
  6. 分散分析について - Kou Murayama
    それは,分散分析を扱うような実験研究では,特に標本数が少なく,これらの前提が 満たされないことが多いためだからだと思います.このうち,正規 .... があるでしょう. また,被験者内の分散分析における前提条件として「球面性の仮定」というものが あります.
    koumurayama.com/koujapanese/anova.htm
  7. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    Mauchlyの球面性検定. Mauchly's sphericity test. 反復測定による分散分析において、 被験者内因子の分散が等しいかどうかを確認するための検定。 分散が等しい場合、 すなわち仮説が棄却されない場合は、通常の自由度から算出されたP値を用いることが  ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  8. 心理生理学データの分散分析 - J-Stage
    可能性が高 く,そ の対処法 につい て古 くか ら議論. されて きた(Wilson,. 1967, 1974 .... か し,こ の ような球面性 の仮定(sphedcity assumption)が. 破 られ ている とp値 ..... 確に示 し,分 析 に先だってそれらが満たされてい. るかどうかを確認するように促 した ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/jjppp1983/22/3/22.../_pdf
  9. 第 4 章 分散分析 はじめに 分散分析とは
    加えて①分布の正規性、②分散の等質性、③観測値の独立性を仮定する。 ・対応あり ... であれば、等質性が満たされてないと判断し以下の対処をとる。 ◎ウェルチの ... ④ 球面性:対応ありの要因の水準間の差の分散が人良いという前提を満たす必要. がある 。
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/...files/2013_5_21.pdf
  10. 第 6 章 分散分析の応用
    対応あり要因を含む 1 変量分散分析で球面性に問題がある場合に、その変量を各水準 の従属変数 ... 分散共分散行列の等質性の前提が満たされにくい場合 ... 0.1%水準 以下 (p < .001) で帰無仮説が棄却されない限り、分散共分散行列は等質と判断し.
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/...files/2013_6_17.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.