Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

球面性の仮定が有意な場合 で検索した結果 1~10件目 / 約62,900件 - 0.28秒
お知らせ:
球面性の仮説が有意な場合ではありませんか?

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定)
    この有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説が なりたたない(有意 ... 注:その後の検定で時間の変化に伴うデータの差をみるよう 場合には、Tukeyのbではなく、Dunnettを利用しましょう。Dunnettを利用する場合、 比較の ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... 球面性の仮定は,被験者間計画の分散分析でいう分散の等質性の仮定に相当する ものです。 .... このような場合には,自由度の調整を行う必要はありません(行っても, 調整なしの場合と同じ結果になります)。 ただし,計画が独立測度を含む場合(混合要因 計画の場合)に多標本球面性検定を適用すると,反復測定要因の水準数が2であっても ,必ずしもカイ二乗値は0にならず,ときに有意になることがあります。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  3. 球面性検定で有意確率が算出されません - IBM
    SPSS Statisticsで[一般線型モデル]の[反復測定]を実行しましたが、球面性検定で有意 確率が算出されません。この場合はどのように解釈すればよいでしょうか。
    www.ibm.com/.../球面性検定で有意確率が算出されま...
  4. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    「Mauchlyの球面性検定」についての解説を掲載しています。統計用語集では、600を 超える統計学に関する用語を説明しています。PCで表示した場合には、数式のLaTex のソースコードを確認できます。また、関連するExcelの関数やエクセル統計の機能も 確認 ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  5. 球面性の仮定について:反復測度の分散分析 - Memorandums
    被験者内計画(反復測度)のデータに分散分析を適用する際の球面性の仮定について。 分散分析では各 ... この仮定が満たされない(検定で棄却された)ときは、自由度を調整 して有意性の検定をおこなうか、MANOVAをおこなう。前者では ...
    blog.goo.ne.jp/.../0ce46ae09667bf93c7271fccea562b7...
  6. 1要因の分散分析(反復測定)
    まず,平均解答数が4週間でどのような変化をしているのかを把握したい。 各個人が4 回 ... Wの値が0.77,0.1%水準で有意であることから,球面性の仮定が棄却された。 球面性の ... いずれの週の平均値の間にも,5%水準で有意な差が見られた。 作図を 指定 ...
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  7. 反復測定データの分析
    A×B有意有意な要因の. 主効果の多重比較. 単純主効果Aの分散分析. 単純主効果 Bの分散分析. 単純主効果. 有意? ... 反復測定データの分析方法としてANOVA(分割 法計画)を紹介; ANOVAは球面性の仮定が成立しないときは不正確; その場合は, ...
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  8. 心理データ解析第4回(2)
    SPSSを起動する(既に起動してある場合には,以前のデータを保存し,ファイルメニュー →新規作成→データ) .... 球面性の仮定が棄却されなかった(有意ではなかった,つまり 平均の差の標準誤差は等しかった)ので,分散分析表では「球面性の仮定」の部分を ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  9. 心理データ解析第5回(3)
    球面性検定が有意になっていないことを確認(この場合Wは1.00となる)。 ... 混合計画 の分散分析に限った話ではないが,交互作用が有意な時にはSPSSの出力を用いて, Excelで単純主効果と多重比較の検定を行うことを推奨する(以下の本を参考にすること  ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../05.../da05_03.html
  10. 分散分析について - Kou Murayama
    そのためには,分散分析で「群間差が有意になる」ということが,どのような場合を示して いるのかを明らかにする必要性があります.この分散分析の .... があるでしょう.また, 被験者内の分散分析における前提条件として「球面性の仮定」というものがあります.
    koumurayama.com/koujapanese/anova.htm
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.