Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

球面性の仮定 交互作用 簡単 説明 で検索した結果 1~10件目 / 約309,000件 - 0.37秒

ウェブ

  1. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... 球面性の仮定は,被験者間計画の分散分析でいう分散の等質性の仮定に相当する ものです。 これらは, .... 各反復測定要因の主効果と反復測定要因を含むすべての 交互作用について,球面性検定を行いイプシロンを計算します。 また,一番 ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  2. Rによる心理学研究法入門 3章 心理学における分散分析 研究の概略1
    交互作用なし). 読解中の推論が命題単位で起こるのならば、命題ターゲット文. でのみ 文章の要因によるプライミング効果が起きるであろう. (文章と .... A×Bの交互作用 については球面性が成り立たなさそうである(後述). 対応のある分散分析では、球面性仮定している. 球面性仮定 .... 他の要因で説明できる部分)を取り除い.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../ishiguro1.pdf
  3. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性の検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説が ... これは「id」と「モデル」の交互作用をモデルの中に組み込まないための手順です。「続行 」 ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  4. 4-1 分散分析とは
    モークリー(Mauchly)の球面性検定:(対応あり分散分析時)有意であれば球面性が. 成り立っ ... る効果量. □ 分散分析においても、t 検定と同様に、求めたい要因(主効果 や交互作用)と従属変数の関連 ... の分散比で分散説明率がわかる.
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../20140514Ch4_1.pdf
  5. 心理データ解析第5回(3)
    球面性検定が有意になっていないことを確認(この場合Wは1.00となる)。 投与と薬品 の交互作用が5%水準で有意:F(2,12)=6.98, p<.05; 投与の主効果は5%水準で有意: F(1,12)=8.05, p<.05. 薬品の主効果はみられない:F(2,12)=.651, n.s.. 混合計画の ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../05.../da05_03.html
  6. 心理生理学データの分散分析 - J-Stage
    交互作用対比の検定,多 重比較,効 果量 といった話題である.典 型的な統計検定の 流れ ... きるだけ簡単 な手続 きで. ある. 反復 測定 デ ー タの ... こで十分 に説明 され てい ない事. 項(多. 変量 分散分析,交. 互作用 対比,多. 重比較,. 効 果量)に. つ い て も 取 り上 げ た.統. 計量 の算 出 .... か し,こ の ような球面性 の仮定(sphedcity assumption)が.
    www.jstage.jst.go.jp/article/jjppp1983/22/3/22.../_pdf
  7. 二元配置分散分析(対応あり) | 統計解析ソフト エクセル統計 - ベルカーブ
    分散分析で被験者間因子と被験者内因子の交互作用が有意であった場合の下位検定 として単純主効果の検定を行うことができます。単純主効果とは、ある2 ... 結果が出力 されます。イプシロンは球面性仮定しない分散分析での自由度調整に用いられます。
    bellcurve.jp/ex/function/anova2rp.html
  8. 基礎3
    AとBという2つの被験者間要因を設定した2要因の分散分析で交互作用が有意であり, 単純主効果の分析を行うには,シンタックスの以下の部分 ... 交互作用は有意ではない( F(1,36)=1.60, n.s.)。 ... 被験者内要因が2水準の場合,球面性の仮定は満たされる。
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/adds/06.html
  9. 分析のいろんな仮定と,それに対する頑健さ・対処法 | Sunny side up!
    ただし,頑健標準誤差を用いた階層的重回帰分析を使えば,一応は不均一分散を補正 した主効果・交互作用の検定ができます。 ... 球面性の仮定とは,各群間の差の分散が すべて等しい,という仮定です。 ... 構造方程式モデルは,最尤法を使うことが多いので, ここでは最尤法を用いた分析についても簡単に触れておきます。
    norimune.net/1761
  10. GLM 反復測定 - IBM
    さらに、定数共変量の効果と被験者間因子と共変量の交互作用を含めることができます 。 ... 推定周辺平均からはモデル内のセルの予測平均値を推定でき、これらの平均値の プロファイル・プロット (交互作用プロット) を使用して一部の関係を簡単に視覚化でき ます。 残差、予測値、Cook の距離、てこ比の値は、データ・ファイルに新規変数として 保存し、仮定の確認に使用できます。 ... におけるすべての従属変数の観測平均値、 標準偏差および度数、Levene の等分散性検定、Box の M、および Mauchly の球面性 検定。
    www.ibm.com/support/.../ja/...24.0.../idh_glmr.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.