Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

荘子哲学 で検索した結果 1~10件目 / 約79,900件 - 0.27秒

ウェブ

  1. 真理へ至るための3つの道④胡蝶の夢とデカルトとの方向性の違い ...
    デカルトの方法的懐疑と荘子の「胡蝶の夢」は発想がよく似ているが、思考の道筋は 途中から大きく異なっていく。荘子は「胡蝶の夢」の説話を通じて、すべての存在は混然 一体となっていてみな等しく同価値であるという万物斉同という真理を見いだし、自分の ありのままの姿を ... 人生哲学や 人間の生き方の問題へと進み、. 無為自然や逍遥遊 という、. 宗教的な悟りといってもいいような境地へと到達していくのです。
    information-station.xyz > ... > 哲学・生命・倫理 > 哲学
  2. 荘子 - Wikipedia
    荘子(そうし、紀元前369年頃 - 紀元前286年頃)は、中国の戦国時代の宋国の蒙(現在 の河南省商丘あるいは安徽省蒙城)に産まれた思想家で、道教の始祖の一人とされる 人物である。荘周(姓=荘、名=周)。字は子休とされるが、字についての確たる根拠に 乏しい。曾子と区別するため「そうじ」と濁って読むのが中国文学、中国哲学関係者の 習慣となっている。
    ja.wikipedia.org/wiki/荘子
  3. 荘子より学ぶ!何ものにも束縛されない絶対的な自由を求めて! - 知命 ...
    今回はそのうちの『荘子』について、整理してみたいと思います。 荘子は『無為自然・ 一切斉同』を重んじる超俗的な思想家で、老子の「道」と「無為自然」の哲学を守りながら も、世俗的な政治・名誉から遠ざかって隠遁・諧謔する傾向が濃厚でした ...
    shutou.hatenablog.com/entry/2014/12/06/065253
  4. 荘子哲学 (1966年) | 大浜 晧 |本 | 通販 | Amazon
    Amazonで大浜 晧の荘子哲学 (1966年)。アマゾンならポイント還元本が多数。大浜 晧作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また荘子哲学 (1966年)も アマゾン配送商品なら通常配送無料。
    www.amazon.co.jp/荘子哲学...大浜.../B000JABKQO
  5. 726夜『荘子荘子|松岡正剛の千夜千冊
    はたして荘子が胡蝶の夢を見ていたのか、それとも胡蝶が荘子の夢を見たのであった、 のか。 .... いや、哲学だ。 ただし、荘子が実際にどこまでそのような話をしていたのかは 、わからない。 そもそも荘周は実在の人物で、紀元前4世紀末から ...
    1000ya.isis.ne.jp/0726.html
  6. 荘子の思想のメモ書き: 哲学思考のなれの果て
    荘子―中国の思想 (徳間文庫)」[文庫]より、重要だと思った文章のメモ書きです。 老荘 思想には、『道(タオ)』という言葉がありますが、 『道(タオ)』とは、説明することが中々 難しい、 老荘思想において、「真理」とされる、 万物の源とされるような ...
    tetugakunarehate.cocolog-nifty.com/blog/.../post-a17b.html
  7. 荘子哲学 新装版 - 株式会社 勁草書房
    天才は創造する。荘子は、まさに深遠な内容、奔放な思考、破格な構想、怪異な表現を 特徴としてロゴスとパトスの織りなす美しい渾沌、分析を拒む生きた芸術作品である。 第 1版 1966年3月. このページのトップへ ...
    www.keisoshobo.co.jp/book/b26713.html
  8. ハイデガーと荘子 その1。 | 人生朝露 - 楽天ブログ
    20世紀を代表する哲学者、ハイデガーが、荘子と似たようなことを言っているわけです。 >マルティン・ハイデッガー(Martin Heidegger, 1889年9月26日 - 1976年5月26日)は 、ドイツの哲学者。ハイデガーとも。現象学の手法を用い、存在論を展開した。また、後 ...
    plaza.rakuten.co.jp/poetarin/5020/
  9. 其の34 悩める若者に与える荘子の言葉弱者が強者に転ずる生き方の試み
    荘子の人生哲学は因循(いんじゅん)主義で一貫している。そして、それを基礎づける ものが万物斉同の哲学であった」(『荘子』 金谷治訳注 岩波文庫。以下、同じ)。金谷氏 によると、因循というのは、因り循(したが)うことで、人間を超越する、 ...
    diamond.jp/articles/-/31504
  10. 水 の 哲 学
    荘子は紀元前の中国・戦国時代の宋国に生まれ、. 老子と共に道教の始祖として崇め ... の湯川秀樹も『荘子』第十七篇「秋水」の最後の. 一節にある「知魚楽」という言葉を好 ... ここではいわゆる主観と客観の哲学的な問題が. 問われている。わかりやすくいうと「 ...
    setubikougyo.co.jp/publication/column.../2009-1-230.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.