Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

華岡青洲の妻 で検索した結果 1~10件目 / 約55,900件 - 0.34秒

ウェブ

  1. 華岡青洲の妻 - Wikipedia
    華岡青洲の妻』(はなおかせいしゅうのつま)は、1966年に発表された有吉佐和子による 小説。単行本は新潮社刊。 この作品により、医学関係者の中で知られるだけであった華 岡青洲の名前が一般に認知されることとなった。 目次. [非表示]. 1 概要; 2 あらすじ; 3 映画. 3.1 スタッフ; 3.2 キャスト. 4 テレビドラマ; 5 舞台作品; 6 脚注. 概要[編集]. 小説 では華岡青洲の功績を、実母と妻との「嫁姑対立」という現代にも通じる問題に絡め ながら、実母や姉・妻の献身的な協力無くしては成されなかったものとして描いている。 実際に ...
    ja.wikipedia.org/wiki/華岡青洲の妻
  2. 華岡青洲の妻 (新潮文庫) | 有吉 佐和子 |本 | 通販 | Amazon
    Amazonで有吉 佐和子の華岡青洲の妻 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が 多数。有吉 佐和子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また華岡青洲の (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
    www.amazon.co.jp/華岡青洲の妻...有吉.../410113206...
  3. 有吉佐和子 華岡青洲の妻のあらすじ 命を賭して夫の麻酔術の実験台と ...
    2017年4月21日 ... 世界で初めて、全身麻酔を調合し、手術に使用したとして世界的に名を知られる、華岡 青洲。 その成功の陰には、失明しながらも夫の実験台として麻酔を受ける献身的な妻と 、妻に息子を取られて競って息子の実験台となる母という、二人の女の物語が。 日陰 となり夫を支えた、二人の女の生涯に焦点を当てた作品である。 スポンサードリンクス.
    morigasuki.net/archives/3616.html
  4. 時代劇シリーズ「華岡青洲の妻」 | NHKドラマ - NHKオンライン
    紀州(和歌山県)の紀ノ川沿いに代々医者を勤める華岡家があった。 当主・青洲が京に 遊学中、青洲の母・於継(おつぎ)が近郷の名家の娘・加恵(かえ)を青洲の嫁に迎えた。 於継に憧れていた加恵は華岡家の嫁になれただけでも幸せだったが、その上、於継は 加恵を大事にし、その睦まじさは人も羨むほどであった。青洲の妹、於勝や小陸にも 加恵はよく尽くした。 ところが、青洲が京より帰郷すると、その様子は一変した。何かと 青洲に世話をやく母や妹達。青洲のすべてを知る母や妹達に、加恵はかなうはずもない 。手も足 ...
    www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=hana
  5. 華岡青洲の妻 | 映画-Movie Walker
    華岡青洲の妻(1967年10月20日公開)の映画情報、上映スケジュール、レビューを紹介 。有吉佐和子の同名小説を「妻二人」の新藤兼人が脚色し、「痴人の愛(1967)」の増村 保造が監督した文芸…
    movie.walkerplus.com/mv22087/
  6. あらすじ
    華岡青洲の妻』あらすじ 華岡家に嫁いできた加恵は、実の娘達より、姑の於継に可愛 がられている。加恵は幼い頃から於継に憧れていたのだと言い、於継は是非にと望んだ 嫁なのだからと言い、彼女達二人の仲睦まじさは評判であった。そこへ、父の死の 知らせにも帰郷せず、一心に勉強に励んでいた青洲が、ようやく京都から帰って来る。 喜びに沸き立つ家族のなかで加恵ひとりが浮いてしまう。於継の態度が急に冷たくなっ てしまったのだ。しかし青洲は賑やかに食事を取りながら、麻酔薬を作る抱負を語るので あった。
    www.k-kikaku1996.com/lady/arasuji.html
  7. 有吉佐和子が読む「華岡青洲の妻」 嫁姑の応酬に凄み:朝日新聞デジタル
    文豪の朗読《有吉佐和子が読む「華岡青洲の妻」 木内昇が聴く》 戦後の女性について、 有吉佐和子はこう語っている。「幸福を追い求める姿勢に厳しさがたりない」。1960年代 流行したコピーに、「家付きカー付…
    www.asahi.com/articles/ASJCH646VJCHUCVL01R.html
  8. 華岡青洲の妻 感想 有吉 佐和子 - 読書メーター
    おおまかなストーリーは知っているつもりだったので,今まで読んでいなかったのだが, たまたま見つけたのでこの機会に読んでみることに。読んでよかった。思っていたのと だいぶ話が違ったのだ。大筋は同じなのだが,私は青洲の妻が夫の医学の追求のため にわが身を実験台として差し出す美談だと思っていた。でも実際は美談ではなく,姑との 深い確執があり,自分が優位に立つために命をかけようとしたダークな話だった。結果的 に華岡青洲は麻酔薬を完成させることができるが,その裏にある姑と嫁の対立が悲しい 。
    bookmeter.com/books/578514
  9. 有吉佐和子 『華岡青洲の妻』 | 新潮社
    世界最初の全身麻酔による乳癌手術に成功し、漢方から蘭医学への過渡期に新時代を 開いた紀州の外科医華岡青洲。その不朽の業績の陰には、麻酔剤「通仙散」を完成 させるために進んで自らを人体実験に捧げた妻と母とがあった――美談の裏に.
    www.shinchosha.co.jp/book/113206/
  10. NHK『華岡青洲の妻』最終回の内容を教えて下さい。 - OZmall
    3月4日金曜日のNHK『華岡青洲の妻』の最終回をご覧になった方、いらっしゃいますか ?とても素晴らしいドラマだったので、毎回楽しみに見ていたのですが、最終回を見逃し てしまいました。ネットで検索してみたんですが、最終回のストーリーが分るようなサ.
    www.ozmall.co.jp > ... > オトナ女子のおしゃべり掲示板
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.