Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

行火とは で検索した結果 1~10件目 / 約101,000,000件 - 0.37秒

ウェブ

  1. 行火(アンカ)とは - コトバンク
    デジタル大辞泉 - 行火の用語解説 - 《「あん(行)」は唐音》木または土製の枠の中の 火入れに火を入れて、手足を温める小型の暖房具。《季 冬》「ペンの走り固しとおもひ― 抱く/亜浪」
    kotobank.jp/word/行火-429066
  2. 行火とは - 難読語辞典 Weblio辞書
    行火とは?難読語辞典。 〔「あん」は唐音〕 炭火を入れて手足を温めるために用いる暖房 器具。普通,丸みを帯びた箱形の土器で,床(とこ)の中に入れたり,置きごたつとして 用いる。 [季] 冬。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号に...
    www.weblio.jp/content/行火
  3. 電気行火とは - 季語・季題 Weblio辞書
    電気行火とは?季語・季題。 読み方:デンキアンカ(denkianka)電気が熱源の行火季節 冬分類 人事.
    www.weblio.jp/content/電気行火
  4. あんか - Wikipedia
    あんか(行火炭火、電気ヒーター、化学発熱体等を内蔵した一人用可搬型の採暖用 保温具。布団などに入れ直接手足に当てて暖をとる暖房器具である。地域や世代 によっては「こたつ」「足炬燵」と呼ばれることもある。 電気あんか. 目次. [非表示]. 1 概要 ; 2 粗悪電気あんか発火事件; 3 出典; 4 関連項目; 5 外部リンク. 概要[編集]. 日本では 熱源としては、古くは木炭、炭団、豆炭が用いられたが、現在では主に電熱が用い られる。これが家庭用電化製品の一つである電気あんかである。冬季など寒いときに、 湯たんぽのよう ...
    ja.wikipedia.org/wiki/あんか
  5. 【楽天市場】電気あんか | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)
    楽天ランキング-「電気あんか」(電気あんか・かいろ < 季節・空調家電 < 家電)の 人気商品ランキング!口コミ(レビュー)も多数。今、売れている商品はコレ!話題の 最新トレンドをリアルタイムにチェック。価格別、年代別、男女別の週間・月間ランキング であなたの欲しい!がきっと見つかります。更新日:2018/04/26.
    ranking.rakuten.co.jp > ... > 電気あんか・かいろ
  6. ニコ生で聞かれる「あんか(安価)」の意味と解説 - キーワードノート
    安価はニコニコ生放送などで時々聞く用語で、「アンカ」や「あんか」とも書きます。船の 錨のアンカーに例えた言葉で、生放送主が安価設定した番号にリスナーが狙って 書き込みを行います。
    kw-note.com > キーワードノートTOP > インターネットスラング
  7. 行火(あんか)の意味 - goo国語辞書
    あんか【行火】とは。意味や解説、類語。《「あん(行)」は唐音》木または土製の枠の中の 火入れに火を入れて、手足を温める小型の暖房具。《季 冬》「ペンの走り固しとおもひ― 抱く/亜浪」 - goo国語辞書は29万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語 の追加も定期的に行っています。
    dictionary.goo.ne.jp > ... > 冬 > 生活 > 辞書 > 国語辞書 > 季語 > 冬 > 生活
  8. 行火あんか)の類語・シソーラス - 類語辞書 - goo辞書
    行火(あんか)の類語やシソーラス。[共通する意味] ☆小型の暖房具。[使い方]〔行火〕▽ 行火に炭火を入れる▽電気行火〔湯たんぽ〕▽布団に湯たんぽを入れる〔懐炉〕▽ ふところに懐炉を入れて釣りをする[使い分け]【1】「行火、炭火などを入れて手足を 温める道具。電気式のものもある。[英]a foot warmer【2】「湯たんぽ」は、中に湯を入れ て寝床で暖をとる金属製または陶製の容器。「湯湯婆」と当てる。[英]a hot-water... - goo類語辞書は2万5000件の言葉について、共通する意味や微妙なニュアンスの違い を丁寧に解説 ...
    dictionary.goo.ne.jp > 辞書 > 類語辞書 > 辞書 > 類語辞書
  9. 行火 - 用語詳細 - 介護の専門家に無料相談「安心介護」
    行火とは、陶器や木でつくられた道具で、炭火などを入れて足などを温めるのに使用し ます。
    ansinkaigo.jp/glossary/word/行火
  10. アンカって何だろう?|ときめき暮らし研究所~ときらぼ~
    またある説によると、アンカは「あんかろ」が語源になっているとも言われます。 あんかろ は漢字で「行火炉」と書き、現在のコタツのように熱源を入れた容器を囲んだ布の状態 にして、 布の全面だけを開けて暖をとっていたと言われています。室町時代に禅僧 によって広められたという方法がのちに変化して、 持ち運べるようになったとも考えられ ます。昔の日本では、寒い冬にどのようにして暖まるかを工夫していたのががよくわかる エピソードです。 炭火を入れる容器も地方によって違いがあります。木箱ややきもの、石 など、 ...
    www.stove-villa.com/site/yutanpo_contents11.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.