Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

過失業務妨害 で検索した結果 1~10件目 / 約783,000件 - 0.35秒

ウェブ

  1. 故意のみ?1.信用毀損罪や業務妨害罪は故意犯のみ処罰でしょうか ...
    1.信用毀損罪や業務妨害罪は故意犯のみ処罰でしょうか?過失の場合は民事の損害 賠償請求が行われると。 2.信用棄損罪も業務妨害罪も、日本で裁かれるようになった 当初から現在まで、故意犯のみ処罰してきたのでしょうか?
    www.bengo4.com > ... > 企業法務 > 不祥事・クレーム対応 > 業務妨害
  2. 信用毀損罪・業務妨害罪 - Wikipedia
    信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第 三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234 ... 業務[編集]. 人が 社会生活上占める一定の地位に基づいて営む活動一般を指し、業務上過失致死罪の 業務のような限定はない。営業など経済的活動だけでなく、宗教儀式など宗教活動も 含ま ...
    ja.wikipedia.org/wiki/信用毀損罪・業務妨害
  3. 業務妨害罪(ぎょうむぼうがいざい)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 業務妨害罪の用語解説 - 虚偽の風評を流布し たり,偽計を用いたり,威力を用いたりして ... 業務上過失における業務とは異なり、個人 生活における活動(たとえば家事、自動車のドライブなど)や保護に値しない違法な ...
    kotobank.jp/word/業務妨害罪-53058
  4. 威力業務妨害罪と業務上過失致死罪の「業務」の意味は同じですか、違います ...
    業務上過失致死傷罪の業務=人が社会生活上の地位にもとづき反復・継続して行う 行為であって、他人の生命・身体に危害を加えるおそれのあるもの(最判昭和33.4.18) ( 威力)業務妨害罪の業務=職業その他社会生活上の地位にもとづい ...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 法律相談
  5. 業務妨害罪 | 弁護士谷原誠の法律解説ブログ 〜日常生活・仕事・経営に ...
    警視庁は、東京都千代田区にある法律事務所に300回以上も執拗に迷惑電話をかけて 業務妨害したとして、35歳の女を逮捕しました。 以前、勤務していた .... 自動車運転 死傷行為処罰法:「無免許過失運転致傷」が初適用! 飲酒運転で ...
    taniharamakoto.com/archives/tag/業務妨害罪/
  6. 業務妨害とは?という疑問にお答えします! | 法律トラブル解決.com
    2017年11月17日 ... 偽計業務妨害罪や威力業務妨害罪について解説致します! ... また、こうした行為を 行った者は「店の営業を邪魔するつもりはなかった」なんて言い訳をするのが常ですが、 ここで気になるのは「業務妨害罪は過失では成立しない」という犯罪の ...
    houritsu-trouble.com > ... > 日常生活の問題
  7. 25 - 刑法
    業務上過失致死傷罪における「業務」と業務妨害罪における「業務」に関する次の記述の うち,判例の趣旨に照らし正しいものはどれか。 (1125) 【業務の意義】. 刑を加重する 根拠か,保護の客体の違い. 1. 業務上過失致死傷罪における「業務」とは,実際に反復  ...
    sloughad.la.coocan.jp/sono/crim/keik12/cr11c25q.htm
  8. 爆発物と勘違いされた「せんべい入りの一斗缶」・・・置いた人は罪に問 ...
    東芝の業務が妨害され、警察が出動する事態となった場合でも、不審物が、たまたま 置き忘れたものであった場合、騒ぎを起こしたり、東芝や警察の業務を妨害することの 故意がなく、業務妨害罪は成立しません。 業務妨害罪については過失 ...
    lmedia.jp/2015/12/28/68682/
  9. 004:威力業務妨害(刑法234条)とは | クレーム対応・危機管理研修
    執拗な電話攻撃は威力業務妨害となるケースもありますが、かなりの回数と証拠がない と裁判では勝てません。ここでは、威力業務妨害についてお教えしましょう。 威力業務 ... そうでなければ結果があっても<過失>で終わってしまいます。
    cs研修.com/2016/.../004:威力業務妨害(刑法234条)と...
  10. 「未必の故意」と「認識ある過失」 - Wiki - Gooブログ
    そういう場合は、業務上過失致傷罪(刑法211条前段)として、過失犯なのでは、とも 思えます。 ... このように、「未必の故意」と「認識ある過失」とは、非常に判断が微妙な 隣り合った概念なのです。 ... 信用毀損罪・業務妨害罪 · 離婚後300日問題 · 裁判員 制度 · 「未必の故意」と「認識ある過失」 · 逮捕 · 裁判手続の案内 · 新しい破産手続 について ...
    blog.goo.ne.jp/.../055d14cdb5c5d85f20f0b535932cb6...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.