Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

霊長類のロコモーションの変化 で検索した結果 1~10件目 / 約1,790件 - 0.4秒

ウェブ

  1. 霊長類ロコモーションにおける足部の運動解析
    ロコモーション(身体の位置移動:歩行など)は動物の最も基本的かつ重要な活動の ひとつで、そこにはその種の持つ身体形質とその種が棲む環境の両方が密接に関わり ます。 ... 各種霊長類の内耳半規管の形態を、生活様式やポジショナル行動との関連を 考慮しながら比較研究しています。 .... 加齢変化は総合的なものであり、個別の変化( 筋力の低下、関節運動特性の変化、神経伝達速度の低下、姿勢の変化等)のどれが どのように関わるのかを、切り分けて考えることは極めて難しいからです。
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/shinka/keitai/.../research_hirasaki.htm
  2. 33 霊長類のロコモーションと四肢骨関節形状に関す る機能形態学的研究
    分かったO-方、大平山では、大平山柴田のクー. コールの周波数号汀は、屋久島鎌田の クーコールの. 周波数FTと比べてより伝達効率がよいことが分かっ. た.大平山央団は、 屋久島からヤクザルを捕泣し. てきてつくられた井田であるため、大平山に移さ. れた 当初の個体は、今の屋久島袋団と同じ周波数. 符でクーコールを発声していたと考え られる.し. かし、大平山ではその周波数帯では伝達効率が悪. いため、世代を交代させて いくうちにより伝達効. 率のよい周波数帯へとクーコールを変化させていっ. たと考え られる。
    repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/.../apk02400_087_2.pdf
  3. 霊長類のロコモーション時の足底圧分布計測 - 京都大学
    直立二足歩行の進化に大きな影響を与えたと考えられる ロコモーションだからです。木 登り運動のどういった要素が、 直立二足歩行の獲得に重要な ... 霊長類のロコ モーション時の足底圧分布計測 ... カーブを描く歩行では、進路の変更は断続的に行 われること、頭部は断続的な進路変更にともなう視界の急激な変化を緩和するように 動くこと、眼球は視性眼振を生じるがその緩徐相の空間内での速度はゼロになること( つまり、一点を固視していること)などが明らかになりました。 マウントサイナイ医科大学  ...
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/shinka/.../previous_res_hirasaki.htm
  4. 霊長類ロコモーション研究の現状と将来 - J-Stage
    霊長類ロコモーション研究の現状と将来. 平崎鋭矢. 大阪大学大学院 人間科学研究科. 霊長類研究 Primate Res. 24:329 − 343, 2009. はじめに. 日本で最初に本格的な 霊長類ロコモーショ. ンの実験的研究の成果が報告されたのは,. 1971 年のことであっ た(近藤・石田 , 1971)。 前後肢別体重比の分析や観察による分析はさ. らに数年遡る( 岩本・富田 , 1966; 葉山 ,. 1965)。 ... 1967 年に初めて関節角度の変化を分析し. ( Prost, 1965, 1967),日本でも岩本・富田(1966). と富田(1967)が四足歩行時の四肢 の運び順.
    www.jstage.jst.go.jp/article/psj/24/3/24_3.../_pdf
  5. KAKEN — 研究課題をさがす | 霊長類ロコモーションにおける体肢の関節 ...
    キーワード, 霊長類 / 体幹姿勢 / 体肢間接 / 形態適応 / 運動解析 / 肉眼解剖学 / 組織学 / 体肢関節 / 形態学的適応. 研究概要. 1)ニホンザルの水平四足歩行における体肢運動 パターンと体幹姿勢の変化の関連についての分析を行なった。双方とも、運動を包括的 に把握するため、上肢セグメント、下肢セグメント、体幹セグメントという包括的な単位で わけたときに、関節角度の変化によって生じる各セグメントの長さの変化を分析対象と することとした。体幹については空間中における長軸のなす角度の変化を分析の対象と した ...
    kaken.nii.ac.jp/ja/.../KAKENHI-PROJECT-17570194/
  6. ロコモーションからリーチングへの進化仮説〜霊長類の頚髄を ... - KAKEN
    ロコモーション(歩行)とリーチングは一見全く異質の運動として捉えられ、それらを制御 する神経機構についても別々の形で研究が行われてきた。しかし、四足歩行動物 における「はしご渡り」や、二足歩行動物(霊長類)のリーチングにおける筋活動パターン の規則性などのように、実は両者間には多くの共通点がある。この相似性は、四足歩行 から二足歩行への移行という環境の変化に対して、前肢の歩行運動を制御している 脊髄固有神経回路(CPG)がリーチングを制御する神経回路網に適応的変化したことを 反映しているの ...
    kaken.nii.ac.jp/ja/.../KAKENHI-PROJECT-18047027/
  7. Title 霊長類の足関節力学的機構に関する機能形態学的研究 ... - Core
    支持基体反力から関節までの距離が増減するので、 EMA のロー. ドアーム長はある 個体で一定の値ではなく姿勢に応じて変化す. る。このことは、四肢の姿勢を変化させる ことで、動物は四肢筋. の筋力産生効率を調節できることを意味する (Biewenwe, 1989, . 2005)。 1.3.2 足関節の力学的機構に影響する要因. ロコモーション様式と身体サイズ. Marton (1922, 1924) は霊長類は最も遠位に存する中足骨頭で. 立脚相の後期に支持 基体を押して推進力を得ると述べ、最も遠位. に存する中足骨頭を通る軸がロコ モーション ...
    core.ac.uk/download/pdf/38245876.pdf
  8. 霊長類の足関節力学的機構に関する機能形態学的研究 - 行動学系
    ぞれの構造が個別に計量的分析の対象とされ、霊長類の足部の豊富な形態的変異の 機能が同定されて. きた。しかしながら、骨、下腿筋、足関節軸の相対的な位置関係を 定量的に ... 動する霊長類を用いて、各種のロコモーション様式に適した AMA の種間 変異が存在するかを検討した。 方法. ロコモーション様式を異にする原猿 3 種 ( スローロリス、 ... 身体サイズに応じて筋力産生効率が変化する場合、足関節の AMA の 種間変異をロコモーション様式. の差異と身体サイズの違いのどちらに関連づけるべき かが不明瞭と ...
    behavior.hus.osaka-u.ac.jp/2015/21A11814.pdf
  9. 霊長類学のすすめ (京大人気講義シリーズ)[丸善出版]
    [この本について]「霊長類学」とは、種々の霊長類を調べることによって、「人間とは何か 」という命題に迫ろうとする研究です。世界的な京大霊長類研究所の研究成果に迫り ます。
    pub.maruzen.co.jp/book_magazine/book.../4621072250.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.