Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

霊長類のロコモーションの変化 で検索した結果 1~10件目 / 約1,730件 - 0.37秒

ウェブ

  1. サルのロコモーションを調べる - J-Stage
    のみとするが,要するに,霊長類のロコモーションはたと. え四足 ... サル(霊長類)のロコ モーションを調べる実験研究の多くは,直立二足歩行というヒト独自のロコモー. ション 様式の .... 獲得後に下肢を大きく変化させたため,もはや類人猿やサ.
    www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/28/1/28_1.../_pdf
  2. Title 霊長類のロコモーションの研究 - 京都大学学術情報リポジトリ
    なったが, 呼吸運動時、発声時の喉頭護の変化の傾向を. とらえるという目的に関しては ,ほぼその目的を達した. が, はじめにも述べたとおり本研究の大きな目的の試掘. の 段階であって,今後に数多くの課題を残している。そ. の主なものをあげると, a. ニホンザル ...
    repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/.../1/apk00100_044.pdf
  3. 霊長類ロコモーションにおける足部の運動解析
    ロコモーション(身体の位置移動:歩行など)は動物の最も基本的かつ重要な活動の ひとつで、そこにはその種の持つ身体形質とその種が棲む環境の両方が .... 加齢変化 特性を考慮できるニホンザルの四足歩行計算機シミュレーションの開発 ...
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/shinka/keitai/.../research_hirasaki.htm
  4. 京都大学霊長類研究所 年報 - 京都大学 霊長類研究所 Primate ...
    ニホンザルでは骨密度の明確な減少はかなり高齢にならなければ見出されないが, これらの骨関連変化は10才,あるいは15才以降に顕著となる.飼育形態(放飼場・個別 ケージ)による発症頻度の違いが見られ,ロコモーション頻度の違いがその要因では ない ...
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/nenpou/.../1-01-morphology.ht...
  5. ニホンザルの二足歩行は訓練でどのように変わるか? - 京都大学
    霊長類(サル)の歩き方は、他の動物とどのように異なるのか?」 「動物の歩行は、 ... 霊長類のロコモーション時の足底圧分布計測 ... また、二足訓練によって、そうした歩行 戦略がどのように変化するかについてもも検討しました。 大阪大学の ...
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/shinka/.../previous_res_hirasaki.htm
  6. 進化形態分野 - 京都大学 霊長類研究所 Primate Research Institute ...
    ヒトを含む霊長類を対象に、身体形質の進化と多様性、直立二足歩行をはじめとする ロコモーション様式の発達、感覚器の機能適応、成長・加齢様式の変化などについて、 さまざまな手法を用いて総合的にアプローチし、それらの進化の過程とメカニズムを 明らか ...
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/info/list/list_of_section-j.html?...
  7. 進化形態学とは - 京都大学
    ヒトを含む各種霊長類の形態を、生活様式や機能との関連も考慮しながら比較研究し、 霊長類および人類の進化の解明をめざしています。 ... 実験室内では、主に霊長類の 形態的基本特性、姿勢とロコモーション様式、成長の様相、種内変異、形態的遺伝特徴 などについて、生体 ... また、最近は、特に骨の加齢変化に注目し、マカクサルの骨密度 の計測、変形性関節症出現頻度の観察、骨代謝マーカーの計測なども行っています。
    www.pri.kyoto-u.ac.jp/shinka/keitai/research.htm
  8. KAKEN — 研究課題をさがす | 霊長類ロコモーションにおける体肢の関節 ...
    キーワード, 霊長類 / 体幹姿勢 / 体肢間接 / 形態適応 / 運動解析 / 肉眼解剖学 / 組織学 / 体肢関節 / 形態学的適応. 研究概要. 1)ニホンザルの水平四足歩行における体肢運動 パターンと体幹姿勢の変化の関連についての分析を行なった。双方とも、運動を包括 ...
    kaken.nii.ac.jp/ja/.../KAKENHI-PROJECT-17570194/
  9. KAKEN — 研究課題をさがす | ヒトを含む霊長類におけるロコモーションの ...
    ヒトを含む霊長類におけるロコモーションの発達・加齢. 研究課題 ... 濱田 穣 京都大学, 霊長類研究所, 助教授 (40172978). 研究分担 ... ヒトと比較してニホンザルの脊柱の 発達・加齢は、相対的に遅くまで成長し、早く加齢変化が始まることに特徴がある(濱田) 。
    kaken.nii.ac.jp/ja/.../KAKENHI-PROJECT-14204083/
  10. Title 霊長類の足関節力学的機構に関する機能形態学的研究 ... - Core
    る。このことは、四肢の姿勢を変化させることで、動物は四肢筋. の筋力産生効率を調節 できることを意味する (Biewenwe, 1989,. 2005)。 1.3.2 足関節の力学的機構に影響 する要因. ロコモーション様式と身体サイズ. Marton (1922, 1924) は霊長類は最も遠位  ...
    core.ac.uk/download/pdf/38245876.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.