Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

3極管再生検波回路 で検索した結果 1~10件目 / 約11,100件 - 0.46秒

ウェブ

  1. 再生回路 - Wikipedia
    この頃に並三という呼称はまだない。この当時、三極管のみを用いた3球式受信機は 感度が悪く送信所から近距離の場所でしか使えず、市販のラジオ受信機として一般的な 構成ではなかった。 その後、ラジオ受信機用の真空管として五極管が一般的になり 三極管が使われなくなっても並四の名称は受け継がれた。第二次世界大戦が終わり 多くの電機メーカーがスーパーヘテロダイン受信機を作るようになった1950年代以降も、 自作ラジオ向けの再生検波回路用コイルが「並四コイル」の名前で ...
    ja.wikipedia.org/wiki/再生回路
  2. いろいろな再生検波回路 - ブレッドボードラジオ
    3極管とトランジスタ用バーアンテナを使ってできる再生検波回路をいろいろ試してみまし た。 下記の実験では、特に断らない限り、6AQ6-6C4 2球ラジオの回路をベースにし ています。検波管は6AQ6の3極部、バーアンテナはSL-55GT、バリコンはTR用 ポリバリコン、B電圧は+135V前後です。 どの方式でもちゃんと再生がかかり、ローカル 局の受信には差し支えありませんでした。しかし、中には同調周波数が下がって中波の 上のほうがカバーできないものや、再生発振状態に入ると耳障りな音が出るものも ありました。
    bbradio.sakura.ne.jp/regen01/regen01.html
  3. 真空管・再生検波1 目次 - ブレッドボードラジオ
    ... 6AQ6で再生検波、6C4で低周波増幅してスピーカーを鳴らす2球ラジオ。 いろいろ な再生回路 (2004年7月19日) 150kB: 6AQ6とTR用バーアンテナでできる再生検波 回路を各種実験しました。 6BH6-6C4 2球ラジオ (2004年7月20日) 120kB: 5極管の 6BH6で再生検波、6C4で低周波増幅してスピーカーを鳴らす2球ラジオ。 ... 日) 100kB: 双3極管12AT7の片方で再生検波、もう片方で低周波増幅。 双3極管単球 ラジオの研究 (2004年7月18日) 30kB: 12AU7、12AT7、12AX7を差し替えて聞き比べ てみました。
    bbradio.sakura.ne.jp/regen1.html
  4. かにの泡ぶく(2006-09-12) - かにこむ 青木康雄
    _ ラジオ回路備忘録。 今日はいくつかの検波回路の実験をした。というわけで備忘録的 にログ残す。 同調コイルは全て並四コイル相当のもの(実際には中波と短波で評価して おり、中波は並四コイル、短波はトロイダルコアに巻いた怪しいコイル)。VC1は同調用 の260PFぐらいのポリバリコン。VC2はそのへんにあったポリバリコン。たぶんスーパー 用親子ポリバリ。 _ 3A5(電池で動く三極管)グリッド検波。 3A5再生検波. 手元に3A5 という、電池で動く真空管(双三極管)があったので、三極管の片方だけ ...
    www.kani.com/diary/?date=20060912
  5. the Radio Shack - 3球ラジオの製作
    使っている球は三極管ではないので,“新並”というべきところなのでしょうが,初段の 検波管は遮蔽格子四極管です。 そもそも今回 ... 前面パネル, ラジオの前面パネルです 。6.3Vのパイロットランプの下に50mmのバーニヤダイヤル,その下は再生用豆コン のダイヤルで音量調整兼用です。7.7cmのスピーカを内臓しています。イヤホン端子 ... プレート検波回路では36のデータシートを参考にして各電極電圧を調整しましたが, 当地の電界強度が弱すぎたため,うまく作動しなかったのではないかと考えております。 現在の ...
    www4.tokai.or.jp/radioshack/3tubes_radio/3tubes_radio.html
  6. 16A8 レフレックス高一ラジオの製作 - Biglobe
    16A8 レフレックス高一ラジオの製作. 16a8ref.jpg. 16A8 レフレックス高一ラジオの 外観 (1997/06) 宇多 弘. << 1 動機と回路の概要 >>. 1.1 動機. 今回は高一( 高周波増幅一段つき)の製作に挑戦します。 実は、Tさんから2-3-5 極電池管(当然直熱 )の 1D8G 単球による 0-V-1 (検波 + 低周波増幅) の回路図を見せて頂き、これを 6BM8 でやって見ませんか?とお誘い戴いたのがキッカケです。 6BM8 単球受信機の 構成を検討するにあたり、最も伝統的な回路として思いつくのは、 6BM8 の三極管部で 再生検波して ...
    www2u.biglobe.ne.jp/~hu_amp/16a8ref.htm
  7. ラジオ受信機と真空管
    球式、4球式のストレート受信機等、真空管や部品をやりくりしながらラジオの組み立て に夢中になった。 高校1年 ... 例えば真空管のプレートに直流の電圧を与えるためにB 電源から電流が流れ込んで来るというのは分かり易いが、その同じプレートに接続され ている回路を高周波信号や音声信号が通過するという。 ... 1904年 マルコーニ無線 電信会社の顧問でもあったフレミングは当時無線受信に使用されていたコヒーラー検波 器の不安定な動作に悩まされていたが、エディソン効果の利用を思いつき、2極管を 発明した。
    www.dia.janis.or.jp/~nasimoto/musen/receive.htm
  8. 再生受信機を体験する
    付けていたのですが発振し、いろいろと作業しましたが唯一止まるのが3極管の入力 抵抗を下げる方法. だけで、後はダメ。 入力抵抗を下げるのは面白くないと思ってさらに 作業したところ、0.001uFの. コンデンサの容量を増やして0.0047uFにしたら止まりまし た。 原因は不明です。 さらにF特の補正などを行っています。 4.2 検波部. 先ず高周波 増幅無しの0-V-2状態でテストします。 以下0-V-2です。 1)実験的に高周波増幅の プレート回路の接続をはずして、そのコイルにオシロスコープを接続します。 2)オシロを モニタし ...
    www.yacc.co.jp/~uarc/1V2.pdf
  9. 再生の利用 - FC2
    あえて3極管を使用する場合はCp-gの小さな球が向いています。 いずれの場合も、 短波の受信でスピーカーを鳴らすためには2段の低周波増幅が必要です。 感度向上の ために、プレート負荷に100Hのチョークを使用して、 プレート電圧を上げ、検波管のgm を高めています。 しかし、そのために電源トランスの漏れ磁束を拾いやすくなります。 さらに検波管のカソードが高周波的に浮いていることとあいまって、 ハムの影響を受け やすくなります。 再生検波やこの回路を発振させたオートダイン検波では、 アマチュア 無線のよう ...
    portable3.web.fc2.com/home.files/book77.html
  10. BEACON-ラジオを自作しよう(8)
    8)ラジオ回路のいろいろ(). 身近なストレート・ラジオのいろいろ 2.真空管式ラジオ ゲルマニューム・ラジオに引き続いて、登場したのが真空管を使ったラジオです。カソード (陰極)からプレート(陽極)に向けて飛び出す電子を、途中に設けたグリット(格子)に 与える電圧を変えてコントロールし、出力変化を得る素子が真空管です。整流や検波、 低周波増幅、高周波増幅など、いろいろな用途のものが順番に開発されました。いま では、トランジスタに置き換えられましたが、現在でもマニアの中ではヒーターが灯る やさしい赤 ...
    www.icom.co.jp/beacon/backnumber/.../radio/008.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.