Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

2要因の分散分析 効果量の測定 で検索した結果 1~10件目 / 約854,000件 - 0.36秒

ウェブ

  1. 反復測定分散分析における効果量
    は1. K=分析に含まれるすべての誤差項の数. Meas=分析に含まれるすべての測定 要因. s/Cells=分析に含まれるすべての誤差項を合. 成したもの. ∑. ∑. +. +. ×. = Meas. K. K. Meas. Effect. Effect. G. SS. SS. SS. SS δ η 2.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../effect.pdf
  2. 研究論文における効果量の報告のために ―基礎的 ... - Atsushi Mizumoto
    (1990) によると,効果量は,「測定単位にたよらない指標となっている。そのため,効果 を. 用いれば,単位の ..... 分散分析. 主効果,交互作用,多重比較の効果量は (4) や (5) と 同じ. 2×2 の分割表 φ (= W) .10 .30 .50. (8) カイ 2 乗検定. (χ2 test). 2×2 以外.
    www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  3. 効果量 (effect size)
    1, 効果量 (effect size) とは? 2. 3, t検定や分散分析(ANOVA)を行って,p値を用いて 有意差があった(なかった)という結果を報告しますが,. 4, p値はサンプル数によって 変わる ..... 6, 要因A(主効果)の平方和, 3332.29, ソース, タイプ III 平方和, 自由度, 平均 平方, F 値, 有意確率, 偏イータ 2 乗. 7, 要因B(主効果)の平方和 ... 41, 繰り返しありの 場合(反復測定,repeated measures)には計算式が異なります (Field, 2005, p.452)。 42 ...
    www.mizumot.com/stats/effectsize.xls
  4. 2要因分散分析
    なお,SPSS Advanced Modelがインストールされている場合には,多変量分散分析を 行う方が望ましいが,それは後のセクションで解説する。 ここでは,3つの ... 単純主 効果の結果は,「期間長短*別れタイプ」と書かれたヶ所の「=1変量検定」の部分に 出力される。 まず,別れタイプ .... 分散分析において,効果量(effect size)を出力する 時には,オプション→表示の[効果サイズの推定値]にチェックを入れて分析を行う. 分散 分析の ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching_folder/data.../04.html
  5. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般的によく用いられる分散分析効果量の指標としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2( 偏オメガ二乗)があります。 ... これらの指標を用いた場合には,被験者間計画で得られ た効果と反復測定要因を含む計画(被験者内計画と混合要因計画) ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  6. R言語で統計解析入門: 効果量(effect size・効果の大きさ・エフェクト ...
    (2) 対応あり・標本数が同じ一元配置の分散分析効果量計算 ... これに対して測定した 単位に依存しない標準化した効果量が統計的検定手法毎に提案されてきた. ..... η2 = SSa / SSt = 群間(要因)の平方和/全体の平方和 = R2 (決定係数) (式 3.44)p78
    monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/r_analysis/effect_size_01.html
  7. 分散分析における効果量の計算 | Sunny side up! - 清水裕士
    平均値の差の検定(t検定)の効果量d族の効果量とは,Cohenのdをはじめ,2群の 平均値の差を標準化した効果量のことです。2群の平均値の差の検定(い. ... 2要因以上 の場合でも,すべてが参加者間要因であれば,1元配置分散分析と同じような方法で 計算ができ,誤差項の ... 一般化効果量の観点から言えば,共変量は個人差を測定した 測定要因に含まれますので,共変量は誤差項に含めることになります。
    norimune.net/1512
  8. 分散分析を用いた不確かさ評価について - 産業技術総合研究所
    分散分析を用いるもっとも単純. な場合で、「一元配置」と呼ばれる実験計画である。 測定2. 測定点4. 測定点1 測定2 測定 .... には、誤差の効果が残ってしまっている ! .... 分散分析表. 一元配置の分散分析表は以下のような表である。 要因. S (変動) f ( 自由度). V (分散). 分散の期待値. 2. ( ) a n. 2 ..... GUM4.1.1 多くの場合、測定量Yは 直接には測定されず、他のN. 個の量X. 1. 、X. 2. 、…、X. N. から次の関数関係fにより 決定 ...
    unit.aist.go.jp/mcml/rg-mi/uncertainty/.../ANOVA.pdf
  9. 3.3 Repeated Measures ANOVA(反復測定分散分析) | jamoviクイック ...
    また,反復測定分散分析のノンパラメトリック版としてフリードマン検定がありますが, この検定は1要因の場合しか扱うことができません。 **Repeated ... η²(イータ乗) 効果量としてη²を算出します。 partial η²(偏イータ乗) 効果量として偏η²を算出します。
    bookdown.org/sbtseiji/jamovi.../sec-anova-repeated.htm...
  10. 『認知科学』における効果量と検定力,その必要性 - J-Stage
    Keywords: effect size(効果量), power analysis (検定力分析). 1. .... 2. 有意水準, 効果量,標本数,検定力. 2.1 4 つの重要な要素. まずはじめに,統計的仮説検定 について,検定力. 分析を理解する上でも重要な 4 つの要素の関連に .... すものであり, 測定の尺度(分散)を考慮すること ...... ここでは,多要因分散分析につい. て検定力分析 の具体的な方法を説明する.多要因分. 散分析の要因 A の母効果量 f は Cohen ( 1988) に.
    www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/18/1/18_1.../ja
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.