Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

2要因分散分析 球面性確率 でない で検索した結果 1~9件目 / 約21,700件 - 0.33秒

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性の検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説がなり たたない( ... 2.この例では、Mauchlyの球面性の検定の有意確率が.000と有意差がみ られたため、Greenhouse-Geisserのイプシロンを利用します。もし、このイプシロンの値  ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. 球面性検定で有意確率が算出されません - IBM
    Mauchly(モークリー)の球面性検定では、「データのどの部分から切り取っても、分散は 等しい」かどうかを検定しております。このデータの比較ポイントが3か所以上必要である ため、被験者内因子の水準数が3必要であり、被験者内因子の水準数が2の場合は ...
    www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21987435
  3. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... 球面性の仮定は,被験者間計画の分散分析でいう分散の等質性の仮定に相当する ものです。 ... このように考えると,データのばらつき方が条件間で等しければ“球”に 近づくのだ,ということは何となくイメージできるのではないでしょうか。 ... ANOVA君では ,バージョン2.0.0から,反復測定要因(被験者内要因)について,Mauchlyの球面性 検定とε( ... 以下は,3×3の2要因被験者内計画の場合の出力例です。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  4. 1要因分散分析(反復測定)
    知能と学習効果-2 ... 球面性の仮定が棄却されたので,Greenhouse-Geisserもしくは Huyn-Feldtの検定結果を参照する。 ただし,F値や有意確率はいずれも変わらないので ,通常の分散分析結果を記述しても大きな問題が生じるわけではないだろう。 球面性の  ...
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  5. 1要因分散分析
    条件. 結果. 1. 1. 4. 2. 1. 1. 3. 1. 3. 4. 1. 2. 5. 1. 2. 6. 1. 4. 7. 1. 3. 8. 2. 6. 9. 2. 8. 10. 2 . 5. 11. 2. 9. 12. 2. 8. 13. 2. 7. 14. 2. 7 .... 球面性の仮定が棄却されなかった(有意 ではなかった,つまり平均の差の標準誤差は等しかった)ので,分散分析表では「球面  ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  6. 心理生理学データの分散分析 - J-Stage
    約】 反復測定を含む実験計画で得 られたデータに分散分析を実施することは,心 理 生理学の研. 究で広 く行われ .... 定 を行 うとき. 2) これに対 して,本 当は差があるのに" 差 がない"と 誤って判定する確率をタイプIIエラー率 という.1か ... か し,こ の ような球面 の仮定(sphedcity assumption)が ..... は,ー 一方の 要因 にお け る各水準 で他 方 の要 因 に. つい て の1要 .... ただし,交互作用が有意でないのに別々に分析 し,. ある 要因の ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/jjppp1983/22/3/22.../_pdf
  7. 分散分析について - Kou Murayama
    分散分析は,この分析をさらに複数群間(そして複数要因間)の比較に拡張したものだ というイメージを持つと分かりやすいと ... 実際,2群間の平均値差を分散分析にかけると ,t検定とまったく同じ結果を生みます. ... しかし,検定を繰り返すことは,第一種の過誤( 本当は差がないのに『ある』と結論づけてしまう誤り)の確率を増やすという問題点 ..... また,被験者内の分散分析における前提条件として「球面性の仮定」というものが あります.
    koumurayama.com/koujapanese/anova.htm
  8. SPSSで二要因分散分析を行う
    こんな感じのグラフが描けたらいいな、というときに二要因分散分析を使います。 折れ線 の ... 一要因分散分析対応なしの説明で、SPSSではデータの入力に注意するように 述べましたが、ここでも同じです。 左のデータ ... とりあえずは下の記述統計と等分散性 の検定にチェックを入れてくだ・ウい。 記述統計に ... ここでは有意確率に注目して ください。
    www.u-gakugei.ac.jp/~kishilab/spss-2fANOVA.htm
  9. 反復測定データの分析
    2. AGENDA. はじめに; 一般線型モデルによる分析. ANOVA分割法計画; MANOVA; Box のε修正と球面性検定. SEM (共分散構造 ... 縦断的(経時)データとそうでない反復 測定 ... 2要因A,Bの. 分散分析. A×B有意? 有意な要因の. 主効果の多重比較. 単純主 効果Aの分散分析. 単純主効果Bの分散分析 .... 有意確率(検出力)の比較: ANOVA vs MANOVA. 被験者内要因. 被験者間要因 .001 .007 .127. ANOVA:球面性仮定 .032.
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.