Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

2SK241 再生検波 で検索した結果 1~10件目 / 約510件 - 0.35秒

ウェブ

  1. かにの泡ぶく(2006-09-12) - かにこむ 青木康雄
    FETは電圧制御素子で真空管に大変よく似ている。つうことで、2SK241-GRで再生検波 を実験。実際、3A5の回路図と比べて、ほとんど一緒である。 実はこの回路、先月一旦 組み上げてちょろっといじったことあるもの。そのときに各所の電圧電流測定と簡単な 視聴のみ行ったが、真空管との比較ということで本日再稼動。 3A5に比べると随分いい 感じで鳴る。短波も聴けることは聴けるが、かなりクリティカルだ。ボディーエフェクトも 激しく、再生調整で深追いすると、VRから手を離したとたんに調整点がずれ ...
    www.kani.com/diary/?date=20060912
  2. 再生検波ラジオ(0-V-1)完成: お父さんのアマチュア無線再開計画日記
    2SK241による再生検波+AFアンプなので、これでいわゆる昔の「0-V-1」とか並三に なるわけです。(CWも復調できるらしい). あっちこっちのホームページによると、昭和の 前半時代にはこの程度の受信機で、家庭のラジオなり、アマチュア無線がなされてい たらしいです。 実際、写真を見ていただいてわかると思いますが 性能に対して構成部品 数が驚くほど少ないです。(FETアンプ1個、昔なら真空管でしょうが・・・). 「同調回路 だけで小細工しました」って感じです。 が、全体としてみると現代の感覚では ...
    je1bkc.cocolog-nifty.com/nikki/2005/08/0v1_faa9.html
  3. その3 短波ラジオに挑戦 - Puni Net
    図7 2石再生式短波ラジオの回路図・実体配線図. 「高周波増幅→検波→低周波増幅」 のストレート方式だが、高周波増幅のところで再生をかける「再生方式」になっている( 2SK241のソースにつながっている1kΩの可変抵抗器の中間タップから、増幅出力の一 部を入力側に戻すようになっている)。普通の増幅回路は例えば入力が1あった時に10 の出力を出し、この10を全部使ってイヤホンを鳴らしたりする。ところが出力の一部(1) を入力に戻してやると、(一回目で取り出せる出力は9になるが)2回目の入力は2になっ て、 ...
    www.puni.net/~aniki/school/radio/3.htm
  4. エアバンドラジオの実験 - henteko.org
    コイルは、FCZコイルの144MHz用を使用します。発振出力をオシロスコープや周波数 カウンタで確認するために2SK241でバッファします。 ハートレー ... で、ブレッドボードで 簡単に出来そうな超再生検波ラジオを作るために鈴木 憲次著「ラジオ&ワイヤレス回路 の設計・製作」(CQ出版)を買ってきました。 ラジオ&ワイヤレス回路の設計・製作. 書籍 には、ズバリ、エアバンド受信用の超再生検波ラジオでが実例を示してわかりやすく 解説してあります。書籍では、トランジスタに2SC1906を使用していますが、 ...
    www.henteko.org/fswiki/wiki.cgi?page...
  5. 14 - RNRの手作り無線局 - RSSing.com
    超再生受信機↓. http://blogs.yahoo.co.jp/jf1rnr/30060835.html. をFMラジオでも やってみようと思います。 12Vで再生検波はいろいろな真空管で. 試しました。パワー菅 の6AR5まで. うまく再生がかかりました。 こうなると低電圧で再生検波は当たり前です。 ..... 2SK241のオートダインは. ボコッと再生がかかることを. 思い出しました。 半導体 では再生がスムースに. かからないと思い込んでいましたが. これは動作電圧を下げて 行けば. スムースな再生がかかるのではないか? ラジオと電子回路で作った. 2SK241 の短波 ...
    well-weaponed10.rssing.com/chan-6614366/all_p14.html
  6. FM超再生ラジオ - FC2
    かなり昔になりますがFM受信機を作れないかと格闘し、超再生方式でFM検波 できることを知って設計製作したFMラジオです。 「初歩のラジオ」の読者コーナーに掲載 されたものです。(基板の色が古さを物語っています) 電池一本で動作することに こだわった超再生ラジオです。しかも電源電圧1.5Vという低電圧にもかかわらず、バリ キャップによる同調を行っています。 仕組み上、受信にコツが必要です。
    einstlab.web.fc2.com/FMradio/FMradio.html
  7. ラジオ工作 | ss1200's Blog(Text)
    いずれも、再生回路を併用することで少ない球数で実用的なラジオを構成できることから 、真空管時代には広く使われました。 ところがバイポーラトランジスタでは、元々入力 ... グリッド検波で動作させるのはなかなか難しいので、プレート検波回路としてリモート カットオフな石を選び(註1)動作点に注意を払うことで実用的なラジオを構成することが 可能です。短波帯では前述のように扱う信号範囲が狭いのと、どの ..... 内部でDGFET カスコード接続と等価な2SK241(旧い!)もあり、か?でもこれは結構VDDを要求した ような ...
    blogss1200.jugem.jp/?cid=35640
  8. Radio Experimenter's Blog: 【部品】Small Signal J-FET
    ソース接地型RFアンプでは中和不要の内部カスコード型FET、例えば2SK241に主役 の座を譲った感じです。 しかし、ソースフォロワやLCあるいは水晶発振回路には支障 ないので、 ... が高めなので高周波特性は望めませんが低周波増幅には十分です。 このほかFET検波に使うことも可能で、もう少し深めのバイアスを掛けてゲート検波し ます。 gmはあまり低下しないので再生も良く掛かるでしょう。 GGアンプ用に作られた J310にも汎用性があって、各種発振回路や再生検波のような目的にも使えます。
    ja9ttt.blogspot.com/2015/02/small-signal-j-fet.html
  9. やっぱり再生検波かなぁ ( 工学 ) - RNRの手作り無線局 - Yahoo!ブログ
    3端子ラジオで試していますが. あるレベル以上の信号入力に. なるとNHK第2が混信 してきます。 ラジオ大阪とSTVラジオは受信できましたが. これ以上きこうという気力も なく. めげてしまいました。 こうなるとあれしかないですかねー。 そう. 再生検波! という ことで「ラジオと電子回路」で. 作った2SK241+LM386の中波再生ラジオ. を引っ張り 出してきました。 ただこれでは面白くないので. LM386のAFアンプを取り去って. 2SK241だけつまり再生検波だけの. ラジオを試しました。 AF出力の取り出しに.
    blogs.yahoo.co.jp/jf1rnr/35429084.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.