Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

2sc1815 プリアンプ で検索した結果 11~20件目 / 約4,000件 - 0.36秒

ウェブ

  1. A1015/C1815フルディスクリート ヘッドホンアンプ: new_western_elec
    A1015/C1815フルディスクリート ヘッドホンアンプ. 汎用トランジスタの代表格の 2SA1015と2SC1815だけを使ったディスクリートアンプです。 A1015c1815. おそらく、 このトランジスタでここまで音質を突き詰めることはあまりしないでしょう。 なぜなら、 世の中にはもっと良いトランジスタが沢山あるからです。 とは言っても、200個一袋を 秋月で買ってしまって、沢山余っているという人もそれなりに多くいると思います。 そんな 方々のため、少しでもこのトランジスタの活用方法を広げられればとも思います。 設計 コンセプトは下記 ...
    nw-electric.way-nifty.com/blog/a1015c1815hpa.html
  2. ラジオ送信機とラジオ: 2SC1815
    2017年5月9日 ... ではこちらで汎用として、尚且つ1815のように廃品種ともなっていない石にはどんな物 があるのか、と言いますと. 日本でFETと言えば?、と聞かれると私には分かりませんが 、こちらでは汎用と言う位置づけでは2N7000が挙げられます。 2N2222, 2N3904と 比較しますと、特にHFのプリアンプとしての回路ではNF値として2SC1815のほうが低い とされていますね。とは言っても、今では探せばそれ以上の物は沢山見つかります。 誤解されないように書きますが. 2SC1815とこれら上記のトランジスターとは ...
    amradiotech.blogspot.com/2017/05/2sc1815.html
  3. トランジスタ1個の増幅回路
    まず最初は、一番簡単な増幅回路です。 2SC1815の最大定格は、. コレクタ・エミッタ 間電圧 50V コレクタとエミッタ間に最大50Vかけられます。 コレクタ電流 150mA コレクタに最大150mA流せます。 ベース電流 50mA ベースに最大50mA流せます。 コレクタ損失 400mW コレクタにおける、電圧×電流は最大400mWです。 接合温度 ... 違うことや、流す電流によっても違ってくるし、温度が変わっても変化してしまいます。 アマチュア無線のQRP(出力1W以下程度)送信機のマイクアンプに使われている程度 です。
    www.page.sannet.ne.jp/je3nqy/analog/1tramp.htm
  4. ディスクリートBJT AB級30Wパワーアンプ - mimave.net
    LH0032相当のオペアンプモジュールをディスクリートで作り、バイアス生成回路と パワートランジスタによる出力段を外付けすればパワーアンプになるよね、と考えていた とき。 LH0032(もどき)の終段トランジスタを大きいやつに換えたら、そのままパワー アンプになるんじゃね? と思いつきました。 そこで、LTspiceで回路を起こしてみます。 ltc-0027.gif 初段がバイポーラトランジスタになっているのは、JFETのペア取りなんて 面倒くさくて死にそうな気がしたからです。ここを2SC1815にしておくと、安価に特性の 揃った ...
    www.mimave.net/chibidac/ld27.html
  5. トランジスタ回路の設計
    バイポーラトラジスタ回路の設計. このページよりさらに詳しく広範囲に解説し、練習問題 も加えたPDFワークシート「なぁ~んちゃって電子工学」(http://doku.bimyo.jp/ electronics/index.html)を掲載しました。ご利用下さい。 はじめに. このページでは、 バイポーラトランジスタを使用した回路を設計するための知識の一部を提供します。この ページを作るにあたって留意した点は次の通りです。 実用的な回路設計が短時間で できるようにすること、そのためには学問的な厳密さを犠牲にすること; 数式を少なくして「 図」と「イメージ」で ...
    doku.bimyo.jp/bipoler/
  6. 430MHzプリアンプの製作
    JM3UMLのホームページです。430MHz用受信プリアンプの製作. ... プリアンプ部の 増幅は、FHX35Gを使用する予定でしたが、手持ちパーツの関係でGaAs MES のDual Gate FETである、3SK240を利用することにしました。このFETは、動作電圧が低いこと を除けばSony製 ... リグの送信時のキャリアを、C結合(C1)で信号をピックアップした後 、検波用ダイオード(1N60)の倍電圧整流回路で直流にして、その後2SC1815と 2SD880とで電流増幅をしてやって、リレーを動作させる簡単な回路です。 手持ちのIC- T90のLOW ...
    www.geocities.jp/jm3uml/430preamp.htm
  7. 小出力アンプがちょうどよい - Sparkler Audio
    成分は増幅しない交流アンプなので、ヘッドフォンには直流はかからず、安心して使える 。熱暴走の心. 配もなかった。 もし時間と興味があれば、製作をおすすめする。はじめ からいきなり高価な部品を使わず、まず安い. 部品で組めば、最低でもこれくらいの音質 だという実感がつかめる。グレードアップはそのあとでよい。 特に、トランジスタを 取り換えると音が劇的に変わる。日本の 2SA1015/2SC1815 の代わりとして、ヨ. ーロッパの石で BC327/BC337、アメリカの石で 2N3906/2N3904 あたりがそのまま 使える。みんな足.
    sparkler-audio.com/pdf/Note03.pdf
  8. FETプリアンプ
    フラットアンプがこのままですと、電源スイッチをON-OFFする時に不快なノイズが出る ことがありますので、簡単な遅延回路を追加しておきました。CRの時定数を利用した 回路です。 2SC1815でダーリントン回路を組み、エミッタからは青色LEDでアースに落し ます。 最初はLEDではなくツェナーダイオード(6V)だったのですが、うまく動作しなかっ たので(電圧が高すぎ?)、LEDに切替えました。これなら点灯によって動作の確認も できるので丁度いいです。 このLEDの順方向電圧は3.2Vなので、ベース電圧が4.5V 前後になれ ...
    www9.wind.ne.jp/fujin/diy/audio/fetpre/fetpre.htm
  9. 互換トランジスタの音質を比較する : Indigo-Illusion のblog - livedoor Blog
    さて、明日はどのアンプで音楽を聴こうか? * 2016.01.09 追記. Bispa や 妙楽堂 、他 にも大手では秋月や共立にも互換トランジスタがあったりしますが、どれも互換性は高く て本家本元と遜色ないようです。 みな安心して使用していいんじゃないかと思います。 たまにピンアサインが違うものがありますのでそこだけ注意がいりますけど。 2SC1815/ 2SA1015、2SC945/2SA733、の互換品が安心して使用できれば、大体のことは済ん でしまうのではないかと思います。 あとは、2SC2240/2SA970 の互換品 ...
    blog.livedoor.jp/indigo_illusion/archives/1026832685.html
  10. トランジスタ増幅回路その7 (2SC1815のデータシート) - My Tube Amp ...
    2SC1815のデータシート. 部品メーカーの多くはWebサイト上でデータを公開しています 。これらのデータはアマチュアのアンプビルダーのためにあるのではなく、製品メーカー の設計エンジニアのためにあります。部品のデータがないと製品の設計はできません。 部品メーカーとしては自社の部品をいろんなメーカーの製品で使ってもらいたいですから 、そのためには設計エンジニアの便宜をはかることが重要です。そうした事情から部品 メーカーはどんどん設計で必要とされるデータをWebで公開するようになったのです。 これを ...
    www.op316.com/tubes/tips/semicon08.htm
  « 前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.