Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

2sc1815 プリアンプ で検索した結果 11~20件目 / 約4,040件 - 0.31秒

ウェブ

  1. トランジスタ1個の増幅回路
    まず最初は、一番簡単な増幅回路です。 2SC1815の最大定格は、. コレクタ・エミッタ 間電圧 50V コレクタとエミッタ間に最大50Vかけられます。 コレクタ電流 150mA コレクタに最大150mA流せます。 ベース電流 50mA ベースに最大50mA流せます。 コレクタ損失 400mW コレクタにおける、電圧×電流は最大400mWです。 接合温度 ... 違うことや、流す電流によっても違ってくるし、温度が変わっても変化してしまいます。 アマチュア無線のQRP(出力1W以下程度)送信機のマイクアンプに使われている程度 です。
    www.page.sannet.ne.jp/je3nqy/analog/1tramp.htm
  2. 2SC1815 1石 MCカートリッジヘッドアンプの製作 irukakiss@WIKI DIY
    2SC1815 1石 MCカートリッジヘッドアンプの製作. 図はFCZ#094のマイクのヘッド アンプをもとにしたものだが、MCカートリッジを受けるために入力のブリーダー抵抗 220Ωを入れてある。根拠は定かでないが、この抵抗値はここにつながるものの内部 抵抗の5~10倍で良いとされている。DENONのDL-103の内部抵抗は40Ω。 メーカー推奨のDL-103の負荷抵抗は100Ω以上となっている。少ない方が雑音は 少ないだろうけど、まあ、あまり少なくしても針の動きが硬くなりそうだし、高域が落ちる んじゃないかという気 ...
    www22.atwiki.jp/irukakiss/pages/18.html
  3. プリアンプ
    8石 プリアンプ. 秋葉原を歩いているとNFB型トーンコントロールキットを発見。 これで プリアンプを作ることにする。 オールトランジスターである。 まず、どのようなものか そのまま組み立てるが音はスッキリしない。 カップリングコンデンサーに電解 コンデンサーを使っている。 ここはマイラーコンデンサーに交換。 利得はというと殆ど 期待できない。 一段増幅が必要のようである。 トランジスター2SC1815を使って基板に 組み立てる。 プリアンプICを使う手もあるが今回はこの方式でまとめたい。 ケースは アルミ ...
    www.geocities.jp/mit_pablo/solid04.html
  4. トランジスタでマイクアンプを作りたいのですが... - トランジスタの自己バイア ...
    そもそも 2SC4811 は大電力用のダーリントントランジスタであってマイクアンプには 向きません。大電力用と内部ダーリントン接続の両方で二重に向きません。2SC1815 などの小信号用汎用トランジスタをつかいましょう。 普通の回路は添附図のようなもの です。ここでは設計手順を簡単に記します。 1. コレクタ電圧を定める。普通は電源電圧÷ 2 程度にする。 3.8V ÷ 2 = 1.9V なので、VC = 2.0V とします。 2. コレクタ電流を 定める。 コレクタ電流はほぼ R1 を流れる電流です。それは R2 に分流します ...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 工学
  5. 一からディスクリートアンプを設計してみる - なまのオーディオ
    ・Q1 = 2SC1815 ・Q2 = 2SA1015 ・Q3 = 2SC1815 ・Q4 = 2SA1015 R1とR2を決め ます。出力段がきちんと上下に振れるためには、無信号時の出力点はほぼ0V付近に なければなりません。よって、負帰還で直結しているQ1のエミッタも、ほぼ0V付近となり ます。なので、Q1のベースは+0.6V程度の電位とします。 でもまぁ、0.6Vくらいずれても 誤差だ!としてR1=R2としても問題ありません。これが直結のDCアンプであればそんな いい加減なことは言っていられませんが、入力・出力共にパスコンを通しているアンプ ...
    nama.ne.jp/audio/discreteamp1.html
  6. トランジスタ回路の設計
    バイポーラトラジスタ回路の設計. このページよりさらに詳しく広範囲に解説し、練習問題 も加えたPDFワークシート「なぁ~んちゃって電子工学」(http://doku.bimyo.jp/ electronics/index.html)を掲載しました。ご利用下さい。 はじめに. このページでは、 バイポーラトランジスタを使用した回路を設計するための知識の一部を提供します。この ページを作るにあたって留意した点は次の通りです。 実用的な回路設計が短時間で できるようにすること、そのためには学問的な厳密さを犠牲にすること; 数式を少なくして「 図」と「イメージ」で ...
    doku.bimyo.jp/bipoler/
  7. 小型電流駆動アンプ
    R4・R5, 金属皮膜抵抗(1/4W), 3KΩ. R6~R15, 金属皮膜抵抗(1/4W), 5.1Ω. R16 ・R17, 金属皮膜抵抗(1/4W), 100KΩ. R18, 金属皮膜抵抗(1/4W), 390KΩ. Q1, PNPトランジスタ, 2SA1015, GRランク. Q2・Q3, NPNトランジスタ, 2SC1815, GR ランク. Q4~Q6, PNPトランジスタ, 2SA1015, GRランク. Q7・Q8, NPNトランジスタ, 2SC1815, GRランク. Q9・Q11・Q13・Q15・Q17, PNPトランジスタ, 2SA1015, GR ランク. Q10・Q12・Q14・Q16・Q18, NPNトランジスタ, 2SC1815, GRランク. CRD1・ CRD2, 定電流 ...
    cat0048.my.coocan.jp/CURRENT_DRIVE.../current_amp.htm...
  8. 小出力アンプがちょうどよい - Sparkler Audio
    成分は増幅しない交流アンプなので、ヘッドフォンには直流はかからず、安心して使える 。熱暴走の心. 配もなかった。 もし時間と興味があれば、製作をおすすめする。はじめ からいきなり高価な部品を使わず、まず安い. 部品で組めば、最低でもこれくらいの音質 だという実感がつかめる。グレードアップはそのあとでよい。 特に、トランジスタを 取り換えると音が劇的に変わる。日本の 2SA1015/2SC1815 の代わりとして、ヨ. ーロッパの石で BC327/BC337、アメリカの石で 2N3906/2N3904 あたりがそのまま 使える。みんな足.
    sparkler-audio.com/pdf/Note03.pdf
  9. 互換トランジスタの音質を比較する : Indigo-Illusion のblog - livedoor Blog
    さて、明日はどのアンプで音楽を聴こうか? * 2016.01.09 追記. Bispa や 妙楽堂 、他 にも大手では秋月や共立にも互換トランジスタがあったりしますが、どれも互換性は高く て本家本元と遜色ないようです。 みな安心して使用していいんじゃないかと思います。 たまにピンアサインが違うものがありますのでそこだけ注意がいりますけど。 2SC1815/ 2SA1015、2SC945/2SA733、の互換品が安心して使用できれば、大体のことは済ん でしまうのではないかと思います。 あとは、2SC2240/2SA970 の互換品 ...
    blog.livedoor.jp/indigo_illusion/archives/1026832685.html
  10. ディスクリートBJT AB級30Wパワーアンプ - mimave.net
    LH0032相当のオペアンプモジュールをディスクリートで作り、バイアス生成回路と パワートランジスタによる出力段を外付けすればパワーアンプになるよね、と考えていた とき。 LH0032(もどき)の終段トランジスタを大きいやつに換えたら、そのままパワー アンプになるんじゃね? と思いつきました。 そこで、LTspiceで回路を起こしてみます。 ltc-0027.gif 初段がバイポーラトランジスタになっているのは、JFETのペア取りなんて 面倒くさくて死にそうな気がしたからです。ここを2SC1815にしておくと、安価に特性の 揃った ...
    www.mimave.net/chibidac/ld27.html
  « 前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.