Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

ANOVA君 多重比較 結果 で検索した結果 1~10件目 / 約10,600件 - 0.26秒

ウェブ

  1. ANOVA君/ANOVA君の使い方 - 井関龍太のページ
    なお,出力結果では,各要因のそれぞれの水準を「a1,a2,…」「b1,b2,…」のように 表していますが, ... 例えば,ANOVA君のページの使用例においてHolmの方法による 多重比較を指定したいときは, anovakun(dat, "AsB", 2, 3, holm = T).
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FANOVA君の...
  2. ANOVA君/複数の要因がある計画における多重比較 - 井関龍太のページ
    anovakun 1.0.0では,2つ以上の要因を含む計画の分析では,多重比較結果が適切 でないことがわかりました。 ちなみに,ここでの「適切」ということばは「SPSSと出力が 一致する」ことを意味します。 SPSSがすべて正しいと考えているわけ ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  3. ANOVA君/FAQ - 井関龍太のページ
    2019年2月3日 ... ANOVA君の出力結果を外部ファイルに保存したい場合は,Rのsink関数を使う方法が あります。 sink関数の使い方 .... ANOVA君(バージョン3.0.0以降)では,多重比較結果の出力の際に「adj.p」という値が出てきます。 これは「調整済みp ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FFAQ
  4. ANOVA君 - 井関龍太のページ
    記述統計量,球面性の指標,分散分析表,下位検定の結果(この例では,主効果の 多重比較,単純主効果の検定,単純主効果の多重比較)の ... [ AsB-Type Design ] This output was generated by anovakun 4.8.2 under R version 3.4.3.
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君
  5. ANOVA君/多重比較の方法 - 井関龍太のページ
    Bonferroniの方法では,有意水準を比較する仮説の数で割ることによって,ファミリー ワイズの(多重比較全体での) .... (ANOVA君は,検討している要因に含まれるすべて の水準間の差を調べたい場合を想定した結果のみを出力します。) ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F多重比較の...
  6. ANOVA君/ANOVA君の特徴 - 井関龍太のページ
    ANOVA君で反復測定要因を含むデザインでの単純主効果の検定や反復測定要因の 多重比較の際にすべて水準別の ... 球面性の仮定が成り立っていなくても有意でない という検定結果が得られる確率が分散分析よりも高いということです。)
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FANOVA君の...
  7. ANOVA君/リリースノート - 井関龍太のページ
    version 3.0.0の主な変更点は以下の通りです。 タイプⅢ平方和を計算する機能を追加 し,デフォルトに設定しました; Shafferの方法のためのアルゴリズムを追加し,オプション を加えました; 多重比較結果の出力時に,調整済みp値を出力 ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2Fリリースノート
  8. Anova君を使った分散分析 - SlideShare
    ANOVA 君を使った分散分析広島大学 教育学研究科学習心理学研究室 (D1)山根 嵩 史; 2. お品 き書 R で分散分析をしよう -ANOVA 君とは -ANOVA 君の入手・読み込み -ANOVA 君の使い方 -ANOVA 君の引数 ( 多重比較 ) ANOVA ...
    www.slideshare.net/TakashiYamane1/anova-21224151
  9. ANOVA君とanovatan - SlideShare
    ANOVA君とは? 井関龍太先生(理化学研究所)が作成された分散分析 用の関数 【 ANOVA君でできること】 ・被験者間要因,被験者内要因,混合計画の分散分析 ・単純 主効果の検定・様々な方法による多重比較 ・効果量の算出,球面性の ...
    www.slideshare.net/TakashiYamane1/anovaanovatan
  10. Rによる心理学研究法入門 3章 心理学における分散分析 研究の概略1
    source()で関数のセットの読み込み. ⇒ 井関先生作成の関数が使えるようになる! ANOVA君 tasu <- function(n1,n2){ print( n1 + n2 ). } ... anovakun(データ, "要因計画 の型", 各要因の水準数...) 内A間 .... anovakun関数の出力4 多重比較.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../ishiguro1.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.