Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

ANOVA 検定 sphericity で検索した結果 1~10件目 / 約548件 - 0.23秒

ウェブ

  1. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... これに対して,球面性の仮定(sphericity assumption;球形仮定,球状性仮定とも)は, もう少しゆるい基準になっており,すべての ... ANOVA君では,バージョン2.0.0から, 反復測定要因(被験者内要因)について,Mauchlyの球面性検定とε( ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  2. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    Mauchlyの球面性検定. Mauchly's sphericity test. 反復測定による分散分析において、 被験者内因子の分散が等しいかどうかを確認するための検定。 分散が等しい場合、 すなわち仮説が棄却されない場合は、通常の自由度から算出されたP値を用いることが  ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  3. 反復測定データの分析
    ANOVA分割法計画; MANOVA; Box のε修正と球面性検定 ... CSから球面性( sphericity)の仮定へ ... 反復測定データの分析方法としてANOVA(分割法計画)を紹介; ANOVAは球面性の仮定が成立しないときは不正確; その場合は,いくつかのオプション がある.
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  4. Bartlett の球形検定と Mauchly の球形検定の違い
    しかし、球形検定には古くからもう1種類のバートレットの球形検定 (Bartlett's sphericity tests) が知られている。さらに、同じ国際的な統計ソフトである SAS では反復測定 デザイン分散分析の出力中には Mauchly の球形検定しか出て .... 分散分析(ANOVA) における要因の効果の有無の検定のための F-統計量の歪みの有無を検討するための モクリーの球形検定(球面性検定)とは異なることに注意が必要である。
    www.aichi-gakuin.ac.jp/~chino/anova/chapter2/sec2-1-6.html
  5. モークリーの球面性の検定 - MATLAB & Simulink - MathWorks 日本
    複合対称性仮定が偽である場合、反復測定 ANOVA 検定の自由度を因子ε により調整 しなければならず、また調整後の値を使用して p 値を計算しなければなりません ... [1] Mauchly, J. W. “Significance Test for Sphericity of a Normal n-Variate Distribution.
    jp.mathworks.com/help/.../mauchlys-test-of-sphericity.h...
  6. 等分散性の検定について
    分散分析を行う前に,これらの検定を行って各標本が等分散しているかという検定を 行うのが一般的になっている。 ... ①Bartlett検定. ここでのBartlett検定は,「sphericity検定」ではないBartlett検定である。 帰無仮説:σ12=σ22=…=σn2検定する。
    www.hs.hirosaki-u.ac.jp/~pteiki/.../stat/anova/homogene.html
  7. 3.3 Repeated Measures ANOVA(反復測定分散分析) | jamoviクイック ...
    また,反復測定分散分析のノンパラメトリック版としてフリードマン検定がありますが, この検定は1要因の場合しか扱うことができません。 **Repeated ... Sphericity corrections(球面性補正) 球面性の前提が満たされない場合における補正方法を指定 します。
    bookdown.org/sbtseiji/jamovi.../sec-anova-repeated.htm...
  8. 統計・手法Q&A - Biglobe
    Q41 2元配置の分散分析をする際に、Mauchly's test of sphericity (Mauchlyの球面性 検定) は必要ですか? A41 それは、対応のある分散分析 (repeated measures ANOVA) を行う際の前提 (普通の分散分析での3つの前提に加えて) を検定する方法 です。
    www7b.biglobe.ne.jp/~koizumi/koizumi_QA.html
  9. 一般線形モデル(反復測定)
    分散分析3(一般線形モデル:反復測定). 一般線形モデル(反復測定)とは. 同じ被験者 で実験を2回繰り返した場合の1回目のデータと2回目のデータのように、データに対応が ある場合があります。対応があるデータが2つの場合は「対応のあるt検定」を用います。
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  10. メモ:分散分析:1要因分散分析対応あり [RCPS]
    Mauchlyの球面性検定を単体で行う関数もあるが、carパッケージのAnova()関数の方 がεも同時に計算してくれたり、分散 ... 1 Mauchly Tests for Sphericity Test statistic p- value TEST.factor 0.14767 0.056746 Greenhouse-Geisser and ...
    www.rcps.jp/doku.php?id=メモ:分散分析...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.