Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

Baddeley,A. で検索した結果 1~10件目 / 約19,000件 - 0.41秒

ウェブ

  1. 認知的断想/Baddeleyの謎 - 井関龍太のページ
    Alan Baddeley氏には,ある謎があります。 ……と大げさに書くほどの重大事ではない のですが,このことに気づいて疑問に思っている方も何人かはおられるのではないかと 思います。 それは,Baddeleyの引用文献に関するものです。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?認知的断想%2FBaddeleyの謎
  2. 中央実行系 - 脳科学辞典
    中央実行系 (ちゅうおうじっこうけい)とは、Baddeley & Hitch (1974) の提唱した ワーキングメモリーモデルにおける中心的な構成概念であり、下位システムの記憶 貯蔵庫(視空間スケッチパッド・音韻ループ)と相互作用して、それらの制御と情報処理 を行う認知 ...
    bsd.neuroinf.jp/wiki/中央実行系
  3. 音韻ループ - 脳科学辞典
    音韻ループ (おんいんるーぷ) とは、Baddeleyのワーキングメモリーモデルにおける中央 実行系に隷属するサブシステムの1つであり、言語・音韻情報を保持する記憶貯蔵庫で ある。言語の獲得に重要であると考えられている。
    bsd.neuroinf.jp/wiki/音韻ループ
  4. ワーキングメモリ - Wikipedia
    ワーキングメモリ(Working Memory)とは認知心理学において、情報を一時的に保ち ながら操作するための構造や過程を指す構成概念である。作業記憶、 ... Alan Baddeley と Graham Hitch は1974年にワーキングメモリのマルチコンポーネント モデルを提案した。この理論では2つのスレーブシステムが情報の一時的な保持と操作 を行い、1つの ...
    ja.wikipedia.org/wiki/ワーキングメモリ
  5. 記憶と情報統合能力 記憶の一側面を評価する課題で困難を ... - J-Stage
    与し(Baddeley 2000),特に機能的磁気共鳴画像(fMRI)による研究から,右前頭葉が 関わるとの. 報告もある。 今回はバインディング課題をとりあげて,この課題における 健常例や神経心理学的症例の反応結. 果から,記憶と情報統合能力 ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/30/2/30_2.../_pdf
  6. 前頭前野とワーキングメモリ - J-Stage
    る 3 つのサブシステムが協調しながらはたらくと. 想定されている。音韻ループと視空間 スケッチパ. ッドはそれぞれ,人間の高次認知を形成する二大. (9)9. 2012 年 3 月 31 日. 図 1 ワーキングメモリのモデル(Baddeley, 2000). 中央実行系.
    www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/32/1/32_7/_pdf
  7. 201412ことばの理解とワーキングメモリ:基本概念の整理(公開)
    短期記憶との関係• STMとWMは同義で用いられることも多いが, STMは単純な一時的 な情報の貯蔵,WMは貯蔵と操作と考える(Baddeley, 2012) • 作動記憶と短期記憶は 大きく異る概念だがシステムとしての区別は難しい(齊藤,2000) ...
    www.slideshare.net/KosukeSugai/201412-42886890
  8. CiNii 論文 - ワーキングメモリをめぐる最近の動向
    Baddeley and Hitch proposed a fundamental framework for working memory in 1974, emphasizing its transiently activated memory aspect for performing various cognitive tasks. This concept of working memory is quite useful in understanding  ...
    ci.nii.ac.jp/naid/110001846198
  9. ワーキングメモリ容量とは何か? : 個人差と認知 ... - HUSCAP
    しかしながら,Baddeleyのモデ. ルに照らし合わせて考えると,ワーキングメモリ コンポーネントの1つである音韻ループの. 容量に相当すると考えられる。 視空間 スケッチパッドの容量は音韻ループ容量に比べると多彩であり,代表的なものとい.
    eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/.../2115/.../109_004.pd...
  10. 作動記憶検査作成の試み A Trial of Making the Working Memory Test
    さらに Baddeley(1986)は作動記憶のモデル化を. おこない、①情報の統合と管理を 行う中央実行系(central executive)、それに従属する②会話や文章理解などの言語情 . 報にかかわる音韻ループ(phonological loop)、③視覚イメージのような言語化 ...
    repository.ris.ac.jp/dspace/.../5090/.../shinrinenpo_003_071.p...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.