Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

Baddeley Hitch で検索した結果 1~10件目 / 約1,010件 - 0.26秒

ウェブ

  1. 中央実行系 - 脳科学辞典
    中央実行系 (ちゅうおうじっこうけい)とは、Baddeley & Hitch (1974) の提唱した ワーキングメモリーモデルにおける中心的な構成概念であり、下位システムの記憶 貯蔵庫(視空間スケッチパッド・音韻ループ)と相互作用して、それらの制御と情報処理 を行う認知 ...
    bsd.neuroinf.jp/wiki/中央実行系
  2. 「ワーキングメモリ」とは|児童・生徒のワーキングメモリと学習支援
    ワーキングメモリのメカニズムについては,これまで様々なモデルが提案されてきました が,最も代表的なものとしてBaddeley & Hitch (1974) のモデルが挙げられます。この モデルでは,ワーキングメモリは,言語的短期記憶 (音韻ループ),視空間的短期記憶 ...
    home.hiroshima-u.ac.jp/hama8/working_memory.html
  3. 認知的断想/Baddeleyの謎 - 井関龍太のページ
    それは,Baddeleyの引用文献に関するものです。 Baddeley & Hitch(1974)は, Baddeleyのワーキングメモリのモデル,複数成分モデル(multi-component model)が 提唱された論文として有名です。 この論文は,ワーキングメモリの起源を ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?認知的断想%2FBaddeleyの謎
  4. ワーキングメモリ - Wikipedia
    ワーキングメモリ(Working Memory)とは認知心理学において、情報を一時的に保ち ながら操作するための構造や過程を指す構成概念である。作業記憶、 ... Alan Baddeley と Graham Hitch は1974年にワーキングメモリのマルチコンポーネント モデルを提案した。この理論では2つのスレーブシステムが情報の一時的な保持と操作 を行い、1つの ...
    ja.wikipedia.org/wiki/ワーキングメモリ
  5. 発達科学・発達心理学を考える:乳児のワーキングメモリについて考える ...
    Baddeley & Hitch(1974)のワーキングメモリモデルは,おそらく心理学を学んだことの あるものなら知らないものが無いというほど有名であろう. Baddeley(2000)は,この モデルにエピソード・バッファ(episodic buffer)を付け加えて,新しい ...
    blog.livedoor.jp/gccpu/archives/1152935.html
  6. ワーキングメモリと注意 : ERPを用いた検討 - HUSCAP - 北海道大学
    ワーキングメモリ(working memory: WM)はBaddeley & Hitch (1974)が提唱した短. 期的な記憶モデルである。WMの特徴として,短期間の記憶維持というだけでなく,より 動的. で目標指向的,すなわち「何かをするために使われる記憶」 ...
    eprints.lib.hokudai.ac.jp/.../AA12219452_124%20(8).p...
  7. 記憶と情報統合能力 記憶の一側面を評価する課題で困難を ... - J-Stage
    関するエピソディックバッファー(episodic buffer)(Baddeley 2000)が提唱されている。 WM を測 ... という特長がある(図 1)。 WM を測定する課題には,二重課題(Baddeley ..... 4 )Baddeley, A. & Hitch, G.: Working memory. In : The ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/30/2/30_2.../_pdf
  8. ワーキングメモリにおける音韻情報とピッチ情報の保持システム - J-Stage
    ワーキングメモリ. は,短期的に情報を保持してリハーサルを行うシス. テムである ( Baddeley & Hitch, 1974).Baddeley. (1986) のモデルにおいて,ワーキングメモリは 3 つ. のサブシステムからなることが仮定されている.1. つめは,視空間スケッチパッドで ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/19/1/19_122/_.../ja
  9. 幼児の文理解に及ぼすワーキングメモリ容量の影響 - 九州大学文学部 ...
    報保持を行う機構は,ワーキングメモリ(working memory)と呼ばれ,. この機構により 保持することのできる情報量はワーキングメモリ容. 量(working memory capacity)と 呼ばれる(Baddeley, 1986; Baddeley and. Hitch, 1974; Just and Carpenter, 1992) .
    www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~linguist/.../KUPL31_Mizumoto.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.