Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

Greenhouse-Geisser検定 で検索した結果 1~10件目 / 約1,690件 - 0.3秒

ウェブ

  1. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... これに対して,球面性の仮定(sphericity assumption;球形仮定,球状性仮定とも)は, もう少しゆるい基準になっており,すべての ... ANOVA君では,バージョン2.0.0から, 反復測定要因(被験者内要因)について,Mauchlyの球面性検定とε( ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  2. 一般線形モデル(反復測定)
    この例では、Mauchlyの球面性の検定の有意確率が.000と有意差がみられたため、 Greenhouse-Geisserのイプシロンを利用します。もし、このイプシロンの値が0に近い ときは、 この反復測定による分散分析ではなく、結果上部に表示されている「多変量 検定」 ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  3. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    Mauchlyの球面性検定. Mauchly's sphericity test. 反復測定による分散分析において、 被験者内因子の分散が等しいかどうかを確認するための検定。 分散が等しい場合、 すなわち仮説が棄却されない場合は、通常の自由度から算出されたP値を用いることが  ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  4. 1要因の分散分析(反復測定)
    「Mauchlyの球面性検定」の結果が出力される。 Wの値が0.77,0.1%水準で有意で あることから,球面性の仮定が棄却された。 球面性の仮定が棄却されたので, Greenhouse-GeisserもしくはHuyn-Feldtの検定結果を参照する。 ただし,F値や有意 確率は ...
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  5. 反復測定データの分析
    分散が互いに等しい.共分散が互いに等しい; 誤差間の相関係数は全て等しい. この 仮定が成立しない場合がある. 経時データではたぶん成立しない. 20. 球面性仮定への 拡張. CSから球面性(sphericity)の仮定へ. Huynh-Feldt(1970)はF検定が正確である ため ...
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  6. Rによる 反復測定分散分析
    主分析・・・球面性の検定と自由度の調整. • 単純主効果の検定・・・誤差項の選択. • 多重比較・・・手法の選択,誤差項の選択 ... その場合,1と見なす). • 緩めの調整( Greenhouse-Geisserのεの値が. 大きいときにはより適切). ∑. ∑. = = ⎟. ⎠.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../iseki.pdf
  7. Rによる 反復測定分散分析(補)
    球面性の仮定・・・分散分析を適切に行う. ための必要十分条件. • 反復測定要因( 被験者内要因)を含むデータ. では,球面性が維持されにくい. ⇒球面性の検定を行う. • 球面性が成り立たない場合は,Greenhouse-. GeisserかHuynh-Feldt ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../iseki2.pdf
  8. 球面性の仮定について:反復測度の分散分析 - Memorandums
    これを球面性の仮定と言う。この仮定が満たされない(検定で棄却された)ときは、自由 度を調整して有意性の検定をおこなうか、MANOVAをおこなう。前者では係数εを算出 するが、これにはGreenhouse-GeisserとHuynh-Feldtの方法が知 ...
    blog.goo.ne.jp/.../0ce46ae09667bf93c7271fccea562b7...
  9. 一変量検定と球面性の検定 - JMP.com
    反復測定データの分析などでは、多変量検定を一変量型に置き換えても、正確な検定 が実行できる場合があります(Huynh ... Box(1954)、Geisser and Greenhouse( 1959)、Huynh-Feldt(1976)によって、εを使った自由度調整の方法が考案されてい ます。
    www.jmp.com/japan/support/.../flm-multiple-response-11.sht...
  10. リハビリテーション分野の研究で用いられる統計手法 - J-Stage
    この検定が有意(p<0.05). であったときは,分散分析の結果が有意となりやすいため,. 自由度をε修正した分散分析を行う必要がある.ε修正の. 方法としては,主にグリーン ハウス・カイザー Greenhouse-. Geisser の方法やホイン・フェルト ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/35/1/35_67/_pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.