Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

R 球面性 で検索した結果 1~10件目 / 約6,800,000件 - 0.26秒

ウェブ

  1. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... 球面性の仮定は,被験者間計画の分散分析でいう分散の等質性の仮定に相当する ものです。 .... ここで,N=被験者数,r=(たぶん)自由度(すべての被験者内要因の 水準数の積-1),ε^=Greenhouse-Geisserのε,g=グループ数(すべて ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  2. Rによる 反復測定分散分析
    の条件を経験している(被験者内要因). • 各水準のデータ間に相関が生じることが多い. ⇒F分布に歪みを生じる(タイプⅠエラー変動). 分散分析の結果が適切でなくなる. • 分散分析における配慮. • 主分析・・・球面性の検定と自由度の調整.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../iseki.pdf
  3. 分散分析 - Rを使った分析(一元配置分散分析) | 外国語教育研究 ...
    holm = T でHolmの方法による多重比較,mau = T で Mauchlyの球面性検定, eta =T で効果量のイータ2乗(peta = T で偏イータ2乗)を出力する。 auto = T を入れれば, Greenhouse-Geisser で調整した分散分析表が算出される。 その他のオプションは, ...
    mizumot.com/handbook/?page_id=219
  4. 球面性の検定 by R - Memorandums - Gooブログ
    Rで被験者内要因のANOVAを行う際のいわゆる球面性の検定。以下の例を参照。> example(mauchly.test)Wとp値を算出する。データ例の解説は、以下。形式は、被験者 ×要因(被験者内)の行列。
    blog.goo.ne.jp/.../c841f3ed9fb0ca94c962fc3d11f5425f
  5. 球面性の仮定について:反復測度の分散分析 - Memorandums
    被験者内計画(反復測度)のデータに分散分析を適用する際の球面性の仮定について。 分散分析では各水準の分散が等しいことが前提のひとつとなるが、さらに各水準間の 相関(共分散)が等しければ、分散分析をおこなうための十分条件と ...
    blog.goo.ne.jp/.../0ce46ae09667bf93c7271fccea562b7...
  6. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    「Mauchlyの球面性検定」についての解説を掲載しています。統計用語集では、600を 超える統計学に関する用語を説明しています。PCで表示した場合には、数式のLaTex のソースコードを確認できます。また、関連するExcelの関数やエクセル統計の機能も 確認 ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  7. R言語で統計解析入門: 一元配置の実験データを分散分析 概要 梶山 ...
    Rの関数:summary ( aov ( 測定値 ~ A, data=x ) ) # 「因子A対応なし・標本数が同じ」 一元配置の基本書式 表2 実験 .... 対応あり」のデータ構造の一元配置,「一要因被験者 内計画」の分散分析は,データの分散が「球面性」であることが前提となっているらしい.
    monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/r_analysis/test_anova01.html
  8. 二元(多元)配置分散分析 | KOTA's Lab.
    Rによる二元配置分散分析についてはこちら[1]のページなどの解説が分かりやすいです 。 .... Mendoza's Multisample Sphericity Test and Epsilons == # 球面性の検定の 方法はMauchlyの方法が有名なようですが、anova君ではMendoza ...
    kota.xyz > ホーム > 統計ソフト R
  9. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性の検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説がなり たたない(有意確率が5%未満)とき、被験者内効果の検定の有意確率が小さくなる ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  10. メモ:分散分析:1要因分散分析対応あり [RCPS]
    分散分析だけならよいが、Mauchlyの球面性検定を別に行う必要がある。 .... 遠回りした が、Rについて幾つかわかったことがあるし、球面性の仮定が成り立たないときの有意 確率の計算方法もわかったので、無駄ではなかったということにしよう ...
    www.rcps.jp/doku.php?id=メモ:分散分析...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.