Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

SEPP ソースフォロア で検索した結果 11~20件目 / 約25,000件 - 0.4秒

ウェブ

  1. You - レール to レールオペアンプ
    MOSFETのソース接地コンプリメンタリーSEPPです。 ソースフォロアではレール to レールにはなりません。 ソースフォロアの場合はVdd側にN型MOSFETが来ますが、 出力がVddのとき、言い換えるとソースがVddのとき、ゲートはそれよりVthだけ高い電位 になっ ...
    www.akamoz.jp/you/junkbox/rail-to-rail/index.htm
  2. ギターアンプ製作研究所 グリッド
    接続はソースフォロアーで真空管言うならカソードフォロアーに相当します、したがって ゲインはありません、 ... SEPPの動作 ] Pow=出力 RL=負荷抵抗. E=供給電圧 I=最大 電流. このFETでSEPPの回路だけでも出力段として十分働きます、通常の出力回路で  ...
    cream.lolipop.jp/grid/pgamp/amp/next2/index.html
  3. MOS FETのデータシート: new_western_elec
    シングルのSEPPで80~100Wクラスのパワー段に使うことが出来ます。 ... オーディオ アンプでソースフォロアで使用する場合には、一切、高速性を活かせないのですが、 スイッチング電源や、モータードライブ(PWM)では、バイポーラに無い ...
    nw-electric.way-nifty.com/blog/2013/02/mos-fet-8732.html
  4. ソース接地回路 – オープンデザイン・オーディオ
    2017年7月9日 ... SEPP準コンプリメンタリのMOSFETアンプの出力段は、. 上側がドレイン接地回路で下 側がソース接地回路でユニティゲインバッファとして動作しています。 このトポロジーを LT1166でバイアス調整および電流制限する場合、. 電流検出抵抗が ...
    opendesignaudio.wordpress.com/tag/ソース接地回路/
  5. 負荷線の引き方 - わかりやすい!入門サイト - 電子回路設計の基礎
    MOSトランジスタの静特性も図1 (b) と同様の特性となるため、前節で説明したソース 接地増幅回路に関してもこれから説明する内容は当てはまります。(トランジスタの静 特性については、「4-2. トランジスタの特性」を参照してください。) 入力に与えるバイアス  ...
    www.kairo-nyumon.com/analog_load.html
  6. かにの泡ぶく(2006-11) - かにこむ 青木康雄
    2SC1815 / 2SA1015のSEPPヘッドフォンアンプなんて、オーディオマニア氏から見たら 鼻くそにもならないような構成 ..... 初段に2SK30Aのソースフォロワを入れハイ インピーダンスで受け、2SK170以降を充分に駆動し、かつ、インプット側と ...
    www.kani.com/diary/?date=200611
  7. 電子回路設計ノウハウが習得できる『CKHM事例集_V3』 - YouTube
    ... 過大入力保護,出力電流増強,コンパレータ動作,ボルテージ・フォロワ,振幅制限回路, 電流帰還型オペアンプ ...
    www.youtube.com/watch?v=5PQlxVdB5DQ
  8. 電子回路設計ノウハウが習得できる『CKHモデリング』の概要 - YouTube
    ... ボルテージ・フォロワ,電流帰還型オペアンプ,差動増幅,理想ダイオード回路,加算/減算 回路,微分/積分 ...
    www.youtube.com/watch?v=-ihfIUuk4Ag
  9. ニフティー発言集
    そういう訳で、一応今回はもう一段2SJ78のソースフォロアーを追加してV-FET を ドライブすることとしました。 .... を吸い込んでいるト ーテムポール2SK215のソース抵抗 の各々にSEPPの上下に対応したV-FETと熱結 合したサーミスタ(ソース抵抗560Ωと シリーズ ...
    vmorita.com/sugarabotto/sub05/sub05.html
  « 前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.