Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

SPSS 球面性検定 で検索した結果 1~10件目 / 約3,090件 - 0.32秒

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、 ... 3.EXCELのファイルを保存します。 4.SPSSでこの EXCELデータを読み込みます(この作業で作成したdata10r.savはここにあります)。
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. 球面性検定で有意確率が算出されません - IBM
    SPSS Statisticsで[一般線型モデル]の[反復測定]を実行しましたが、球面性検定で有意 確率が算出されません。この場合はどのように解釈すればよいでしょうか。
    www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21987435
  3. 1要因の分散分析(反復測定)
    「Mauchlyの球面性検定」の結果が出力される。 Wの値が0.77,0.1%水準で有意で あることから,球面性の仮定が棄却された。 球面性の仮定が棄却されたので, Greenhouse-GeisserもしくはHuyn-Feldtの検定結果を参照する。 ただし,F値や有意 確率は ...
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  4. 心理データ解析第4回(2)
    SPSSを起動する(既に起動してある場合には,以前のデータを保存し,ファイルメニュー →新規作成→データ). SPSSデータエディタの「変数ビュー」を開く. 1番目の .... まず, 平均の差の標準誤差が等しいか否かを検証するために,Mauchlyの球面性検定を見る 。
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  5. 心理データ解析第5回(3)
    SPSSを起動する(既に起動してある場合には,以前のデータを保存し,ファイルメニュー →新規作成→データ). SPSSデータエディタの「変数ビュー」を開く. 1番目の変数の ... 球面性検定が有意になっていないことを確認(この場合Wは1.00となる)。 投与と薬品 の ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../05.../da05_03.html
  6. SPSS Win
    SPSS Win. 繰り返し要因のある分散分析(混合要因を含む). [分析-一般線形モデル- 反復測定] (Advancedオプションがないと選択できない) ... 主効果参加者内要因と交互 作用は「被験者内効果の検定」欄を見る「球面性の仮定」行が通常のF値を示す.
    tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spssbas/ar.htm
  7. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... 球面性の仮定とは. 球面性の仮定は,被験者間計画の分散分析でいう分散の等質性の 仮定に相当するものです。 .... ただし,大局的球面性検定の計算結果については, SPSSでは出力されないので,適切であるか確認が取れていません。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  8. SPSSで一要因分散分析(対応あり)を行う
    SPSSで一要因分散分析(対応あり)を行う. 注意:「対応あり」の分析はSPSSの Advanced Modelsがないとできません。 一要因分散分析の対応ありについて ... 球面 だのGreenhouseだのありますが、一対だけ取り出します。 これは、すぐ上の図と あわせて ...
    www.u-gakugei.ac.jp/~kishilab/spss-1fANOVAb.htm
  9. 反復測定データの分析
    狩野裕@大阪大学 協力:SAS・SPSS. 行動計量学会「春の合宿セミナー」 於:安田生命 アカデミア 2002/3/21-22. 2. AGENDA. はじめに; 一般線型モデルによる分析. ANOVA 分割法計画; MANOVA; Box のε修正と球面性検定. SEM (共分散構造分析) による ...
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  10. 反復測定 - 心理学 - 立命館大学
    平均の差の標準誤差が等しいことを検証するために,Mauchlyの球面性検定が実行 されます。 球面性の仮定が棄却されなかったので,分散分析表では球面性の仮定の 部分を見ます。week の主効果は,F(4, 32) = 85.0, MSE = 7.2 です。 オプションで主 効果 ...
    www.psy.ritsumei.ac.jp/~hoshino/spss/anova01.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.