Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

Shaffer 等分散性 で検索した結果 1~10件目 / 約12,000件 - 0.27秒

ウェブ

  1. 統計検定を理解せずに使っている人のために III - J-Stage
    い,等分散性の検定,ノンパラメトリック検定の原理や. 利点,欠点 ... 一元配置分散分. 析は英語のone way analysis of varianceを略してone way ANOVAと呼ばれる.多く の統計書には,まず one way ..... Shaffer法ではこの厳しさが改良されているとのことで .
    www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/.../_pdf
  2. リハビリテーション分野の研究で用いられる統計手法 - J-Stage
    仮に,等分散性の検定を行ったとしても,ウェル. チの補正はできないために,無意味で .... ンフェローニ法を応用したシェイファー Shaffer 法の適用が. 正確である. 4.3 ボン ... ただし,シェイファー法をプログラムした統計ソフト. は皆無に等しい.
    www.jstage.jst.go.jp/article/sobim/35/1/35_67/_pdf
  3. t検定1(独立したサンプルのt検定)
    3.2つの母集団の分散が等しいこと(等分散であること) ... SPSSでは、t検定を実行 すると、自動的に2つの母分散が等しいことを帰無仮説としたLevene検定(ルビーン)を 行います。 ... 等分散性のためのLeveneの検定」で、「有意確率」の数字を読み取ります 。
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les20301.htm
  4. ANOVA君/Shafferの方法のバリエーション - 井関龍太のページ
    Shafferの方法による多重比較の拡張 ... ANOVA君では,version 3.0.0から, Rasmussen(1993)のアルゴリズムに基づいて,Shafferの方法のための論理的 .... そもそも分散分析は等分散性の仮定のもとに行われる,という話もありますが。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  5. 第13章 3つ以上の平均値の比較(1要因分散分析) | jamoviで学ぶ心理 ...
    理論についての説明の後は,分割表の分析,相関,t検定,回帰,分散分析について 説明します。 ... この問題に対する一般的な解決法は,一連の検定全体で誤り率が抑え られるようにp値を調整することです(see Shaffer 1995)。 ..... 英語には)「猫の皮をはぐ 方法は1つに限らない(ある種の仕事は何通りかのやり方がある)」ということわざが ありますが,等分散性の仮定を検定する方法も1つに限りません(なぜ誰もこれを ことわざにしない ...
    bookdown.org/sbtseiji/lswjamoviJ/ch-anova.html
  6. SPSSの多重比較 - 教育認知心理学講座
    れる. – ちなみに、t検定の繰り返しとLSDでは、検定で用いる誤. 差分散が異なる. • t 検定は2条件での誤差分散. • LSDは全条件での誤差分散 .... ホルム(Holm)の方法、 シェイファー(Shaffer)の方法 ...... 等分散性を仮定しない多重比較は(小野寺・.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../hattori.pdf
  7. 統計解析Q&A-差の検定
    逆に,分散値に差がある2つ以上の標本に対して,正確に「差あり」と判定する性質(1-β 値)はHartley検定>Levene検定>Bartlett検定の順になる。これは標本の大きさに 左右され難い。等分散性を正しく判定するという面からは,Bartlett検定を推奨する。 しかし, ...
    www.hs.hirosaki-u.ac.jp/~pteiki/research/stat/qa/qadiff.html
  8. ニューマン=コイルス法 - Wikipedia
    ニューマン=コイルス法(ニューマン=コイルスほう、Newman–Keuls method)または スチューデント=ニューマン=コイルス法(スチューデント=ニューマン=コイルスほう、 Student–Newman–Keuls〔SNK〕method)は、互いに有意に異なる標本平均を同定 するために使われる段階的多重比較手順である。名称はスチューデント(1927年)、D・ ニューマン、M・コイルスに因む。この手順は、3つ以上の標本平均間の有意な差が分散 分析(ANOVA)によって明らかにされている時のpost-hoc(事後)検定 ... ニューマン= コイルス検定の仮定は、独立し群のt検定の仮定(正規性、等分散性、観測の独立性)と 本質的に同じである。
    ja.wikipedia.org/wiki/ニューマン=コイルス法
  9. 栄養情報処理教育のための統計ツールのVBAによる実装II
    (以下は、「ホルムの方法・シェイファーの方法」結果出力). 等分散性の検定 ーーバートレット検定結果 |. X二乗値|059788|自曲度 3|p値(片側)|08969|x2境界値( 片側)5% 781473. 多重比較ーーホルムの方法・シェイフアーの方法. 群数 4 調整後0値 |調整後0値.
    ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180327135027.pdf?id...
  10. 量的データの解析方法2(分散分析、その1)
    自由度. 偏差平方和. 不偏分散. 8. ① データ=群平均+群内のばらつき a1 a2. 0. (群 本来の値の推定値) a1 a2. 7. 8. 7. 10. 8. 8. 6. 10 a1 ...... 球面性の検定. 自由度の 調節. 63. 参加者内計画における. すべての条件間の差の等分散性. 成り立たないときは 、不当に有意確率が小さくなる。 1.自由度を .... Shaffer. Holmの改良版. 対照群との 比較. Tukey. Schefféより検出力が高い. Scheffé. ANOVAと矛盾しない、線形対比が 可能.
    cog.inf.kyushu-u.ac.jp/~shidoji/japanese/.../06ANOVA1.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.