Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

anova 6要因 で検索した結果 1~10件目 / 約216,000件 - 0.29秒

ウェブ

  1. 私のための統計処理 ー基礎解説ーANOVA
    要因配置. *分散分析には、独立変数と従属変数を設定する。 *独立変数は あらかじめ設定する「要因」を意味する。 *従属変数は ... 要因分散分析---factorial ANOVA ..... 平方和, ={([群内平均]-[全平均])2の和}x群数, {(7-5)2+(4-5)2+(3-5)2+(6- 5)2}x3=30.
    plaza.umin.ac.jp/~beehappy/stat/com-anova.html
  2. 私のための統計処理 ー2要因で分類される多群の検定
    独立変数, 要因B) 「用量の違い」=群間因子. データ, 従属変数, 「皮膚温」のデータ. 多 群 (カテゴリー変数), 要因A) [幼若ラット群], [成ラット群] 要因B) [0.1M群], [0.5M群], [ 1M群] (ANOVAでは、2X3=6群のデータを比較するのではない。) (↓交互作用のある  ...
    plaza.umin.ac.jp/~beehappy/stat/test-3g2f.html
  3. 統計検定を理解せずに使っている人のために III - J-Stage
    one way ANOVA を行って有意差があれば多重比較を ... 考えればよく,そのほかの 因子を考慮する必要はないと .... る)*6.また,最も単純でわかりやすいBonferroni法で. は,たとえば3群の場合,差の検定は3回行う必要があ. るので,単純に有意水準0.05を 3 ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/.../_pdf
  4. 29-1. 分散分析とは | 統計学の時間 | 統計WEB
    一元配置分散分析」:1つの因子からなるデータを分析する方法で、因子に含まれる水準 間の平均値の差を見ることができます。 ... 事前に読むと理解が深まる- 学習内容が 難しかった方に -. 6. 分散と標準偏差 6-1. 分散; 28. 等分散性の検定とWelchのt検定
    bellcurve.jp > ... > Step1. 基礎編 > 29. 一元配置分散分析
  5. 因子分散分析 - MATLAB anovan - MathWorks 日本
    この MATLAB 関数 は、ベクトル y の平均について複数因子の影響を検定する多因子 ( n 因子) 分散分析 (ANOVA) の項ごとに p ... 同様に、観測値 y(6) は、因子 g1 のレベル 2、因子 g2 のレベル 'hi' および因子 g3 のレベル 'june' に関連付けられています。
    jp.mathworks.com > ... > 分散分析 > 分散分析と共分散分析
  6. 因子 ANOVA - MATLAB & Simulink - MathWorks 日本
    因子 ANOVA で重要なのは、N 個の因子が応答変数に与える影響です。 ... 交互 作用項 4 ( Origin*4Cyl ) と交互作用項 6 ( 4Cyl*MfgDate ) に対する p 値は、典型的な カットオフ値 0.05 よりもかなり大きく、これらの項が有意でないことを示しています。
    jp.mathworks.com > ... > 分散分析 > 分散分析と共分散分析
  7. ANOVA君/FAQ - 井関龍太のページ
    2019年2月3日 ... ANOVA君がまったく動作しない原因として考えられるのは,指定した要因計画の型,各 要因の水準数,データ ..... 具体的な計画の形にもよりますが,大体5~6要因あたりで メモリの限界に達し,それ以上の要因を含む計画では計算不能に陥る ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FFAQ
  8. Rで統計学を学ぶ(6)
    分散分析(ANOVA, Analysis Of Variance) とは、3つ以上の群の平均値差の検定や、 条件(の組み合わせ)の違いによって母平均 ... 分散分析は、データ全体のばらつきを「 平方和」として表し、それを要因ごとに分け、誤差に比べて大きな影響を与えている要因 を ...
    lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/R/Rstatistics-06.html
  9. 分散分析2(一般線形モデル:一変量)
    2要因以上の分散分析は、各要因の水準間の平均の有意差検定であると同時に、「 交互作用」という要因の有意差検定でもあります。 .... 体調・やる気」の行からF値、自由 度、有意確率の数字を読み取ると、F値が2.943、自由度が6と30、有意確率が.022と ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30102.htm
  10. SPSSで二要因分散分析を行う
    こんな感じのグラフが描けたらいいな、というときに二要因分散分析を使います。 折れ線 の種類 ... 3, 9, 6, 3, 14, 8, 5. 4, 9, 4, 4, 12, 9 ... 一要因分散分析対応なしの説明で、 SPSSではデータの入力に注意するように述べましたが、ここでも同じです。 左のデータ  ...
    www.u-gakugei.ac.jp/~kishilab/spss-2fANOVA.htm
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.