Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

anovakun 要因 水準 で検索した結果 1~10件目 / 約94,400件 - 0.28秒

ウェブ

  1. ANOVA君/FAQ - 井関龍太のページ
    2019年2月3日 ... ANOVA君がまったく動作しない原因として考えられるのは,指定した要因計画の型,各 要因水準数,データフレームの形式の間に何らかの不一致がある場合です。 よくある 場合としては,以下のことが考えられます。 要因計画の型に「" "」を ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FFAQ
  2. ANOVA君/ANOVA君の使い方 - 井関龍太のページ
    被験者内要因が複数ある場合は,入れ子状に並べます。例えば,2(A)×3(B)の場合 は,a1-b1,a1-b2,a1-b3,a2-b1,a2-b2,a2-b3の順になります(各要因水準を「 小文字+数字」で表現しています)。 つまり以下の条件の並びに対して,
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FANOVA君の...
  3. ANOVA君/ANOVA君の特徴 - 井関龍太のページ
    ANOVA君の特徴を明確にするために,他の分散分析ソフトとの仕様の違いを表に まとめてみました。 ... ANOVA君で反復測定要因を含むデザインでの単純主効果の 検定や反復測定要因の多重比較の際にすべて水準別の誤差項を採用して ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2FANOVA君の...
  4. ANOVA君 - 井関龍太のページ
    被験者間要因(独立測度),被験者内要因(反復測度)のいずれか,または,両方を含む タイプの分散分析を扱います ... データ(AsBデザイン-2水準の被験者間要因1つ,3 水準の被験者内要因1つの混合要因計画) a1 4 7 5 a1 6 3 6 a1 8 6 ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君
  5. ANOVA君とanovatan - SlideShare
    ANOVA君を実行する 分散分析の実行は“anovakun”関数 anovakun(データ, “要因 計画の型”, 各要因水準数,…) “s”を挟んで左側に参加者間要因,右側に参加者内 要因の文字 その後に各要因水準数を追記 例) 3要因参加者間 ...
    www.slideshare.net/TakashiYamane1/anovaanovatan
  6. Anova君を使った分散分析 - SlideShare
    分散分析の実行は anovakun” 関数 “s” を挟んで左側に参加者間要因,右側に参加者 内要因の文字 その後に各要因水準数を追記 例 ) 3 要因参加者間計画 > anovakun(data,”ABCs”,3,2,2,…) 2 つの参加者間要因と 1 つの参加者内 ...
    www.slideshare.net/TakashiYamane1/anova-21224151
  7. Rによる心理学研究法入門 3章 心理学における分散分析 研究の概略1
    anovakun関数の利用. 要因計画の型. 各要因: A~Zの大文字アルファベットで表記. 被験者内計画: sA. 被験者間計画: As. 今回は2要因被験者内計画なので、 "sAB"と 指定. また、要因水準数は2, 3と指定. > anovakun(データ, "要因計画 ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../ishiguro1.pdf
  8. ANOVA君を使うときのデータの配置と命令の書き方 - 九州大学文学部 ...
    1要因参加者内. anovakun(dat, "sA", 3, auto=T, eta=T). 要因Aの水準数を3としてい ます。1行目の見出しはコピーしない。 1要因参加者間. anovakun(dat, "As", 3, eta=T). 要因Aの水準数を3としています。A列も含めてコピーするのを忘れずに。
    www.psycho.hes.kyushu-u.ac.jp/link/howtoanovakun/
  9. anobakun使ってみる(被験者間2要因3水準の分散分析) | R七転八倒
    では、気を取り直して、次回は被験者間、2要因3水準の分散分析にチャレンジしてみ ます。 まずはデータ ... 今回のデータで多重比較は修正bonferrroni法、効果量を算出 しようと思ったら、anovakun(anova2,”ABs”,2,3,holm = T,peta = T)
    junsama.net/word1/?p=38
  10. 1要因の分散分析
    合計」(全体の平方和)を,「グループ間」(要因で説明できる部分)と「グループ内」(要因 では説明できない部分,誤差)に分解している。 ... この場合,条件1と条件2が0.1% 水準,条件1と条件3が5%水準,条件2と条件3の間が1%水準で有意となっている。
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.