Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

castleman病 で検索した結果 1~10件目 / 約39,300件 - 0.28秒

ウェブ

  1. キャッスルマン病 - Wikipedia
    キャッスルマン病(キャッスルマンびょう、英: Castleman's disease)は、非常に稀な リンパ増殖性疾患である。 1956年にアメリカの病理医ベンジャミン・キャッスルマン( 英語版)(Benjamin Castleman)医師が初めて原因不明の病気として報告したことから 、キャッスルマン病と名付けられた。 目次. [非表示]. 1 概要. 1.1 症状; 1.2 検査; 1.3 診断; 1.4 原因. 2 治療. 2.1 アクテムラ; 2.2 プレドニン. 3 合併症 など; 4 備考; 5 関連 項目; 6 脚注; 7 外部リンク. 概要[編集]. 病態である腫大したリンパ節からインター ロイキン(IL-6)という ...
    ja.wikipedia.org/wiki/キャッスルマン病
  2. キャッスルマン病
    キャッスルマン病. 1.概要. 1950 年代に、マサチューセッツ総合病院の Castleman ら によって最初に記載された、特徴的なリンパ節病理. 組織所見を呈する非クローン性の 疾患で病因不明の希少病である。病態解析が不十分で治療法の確立もさ. れていない。 世界的にもエビデンスレベルの高い臨床研究が極めて少ない。また、これまで明確な 診断基準. や重症度分類が定まっておらず、医療者の間でも認知度が低い。 2.疫学. 既存の文献より、我国には 1,500 名の患者を推定しているが、今後行われる疫学調査 により、 ...
    www.nanbyou.or.jp/upload_files/h27-1-002.pdf
  3. IgG4 陽性形質細胞の浸潤を認めた multicentric Castleman 病の 1 例
    縦隔リンパ節腫脹及び両側びまん性の小葉中心性小粒状影,結節影,小葉間隔壁の 肥厚を認めた.診断のた. めに胸腔鏡下肺及び縦隔リンパ節生検を行ったところ,病理 組織所見では気管支血管周囲にリンパ濾胞形成. と形質細胞浸潤を認め multicentric Castleman 病(MCD)に合致する所見とともに,IgG4 陽性形質細胞の. 浸潤も多数 認めた.本症例は血清 IL-6 が高値で強い炎症反応を認めており,臨床像,病理像から MCD の. 病態に近いと考えられたが,IgG4 関連肺疾患の合併も否定できず,両疾患の 関連性 ...
    www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/049060437j.pdf
  4. IgG4 関連疾患と多中心性 Castleman 病の鑑別を要 ... - 日本呼吸器学会
    IgG4 関連疾患(IgG4-related disease:IgG4-RD)は,. 高IgG4血症とIgG4産生形質 細胞の組織浸潤を特徴とし,. インターロイキン(interleukin:IL)-4・IL-5・IL-13 な. どの Th2 cytokine が関与しており1),2011 年には All. Japan IgG4 team から診断基準が 提唱された2).一方,. 多中心性 Castleman 病(multicentric Castleman s dis- ease: MCD)は腫大リンパ節からの IL-6 過剰産生によ. る多クローン性高γ グロブリン血症を 特徴とし,1956 年. に Castleman らにより最初に報告された3).2001 年 Ha- mano ら が ...
    www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/.../002050544j.pd...
  5. キャッスルマン病 - J-Stage
    はじめに. キャッスルマン病とは、1954 年と 1956 年に. Massachusetts General Hospital の病理医 Castle- man により縦隔に限局した胸腺腫に似たリンパ. 過形成 として初めて報告された1) リンパ増殖性疾. 患で、耳鼻咽喉科教科書にも頸部リンパ節 腫脹の. 鑑別に挙げられてきた。臨床的に単発性(限局型). と多発性(全身型)に分類 される。長らくその病. 因、病態は不明とされてきたが近年になり腫大し. たリンパ節 における IL-6 の異常産生がその病態. であることが分かり2),3)、IL-6 受容体に対する分 . 子標的療法も ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/jibi/56/6/56_6.../_pdf
  6. Castleman 病(形質細胞型) - J-Stage
    要旨:症例は 74 歳男性.1998 年検診で縦隔,肺門リンパ節腫大を認めた.増大傾向 を認めたため,. 翌年縦隔リンパ節生検を施行.Castleman 病と診断し,経過観察し ていた.2005 年自己免疫性膵. 炎(AIP)を発症.この時,以前生検した縦隔リンパ節が 抗 IgG4 抗体で染色された.今後 IgG4 関連. の全身性疾患という観点から, Castleman 病,AIP の膵外病変を再検討する必要があると考えられる. 索引用語: Castleman 病,自己免疫性膵炎. はじめに. AIP には多様な膵外病変を認めるが,必ず し. も同時に出現 ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/nisshoshi/104/2/104.../_pdf
  7. 「TAFRO症候群」がキャッスルマン病と異なる疾患であることを証明 ...
    「TAFRO症候群」がキャッスルマン病と異なる疾患であることを証明-新規診断基準の 確立や有効な治療法開発の糸口に-. 岡山大学大学院保健学研究科の佐藤康晴教授 、富山赤十字病院血液内科の岩城憲子医師らの研究グループは、TAFRO症候群に 特徴的な病理所見があることを見いだし、キャッスルマン病とは異なる独立した疾患単位 であることを明らかにしました。本研究成果は1月22日、米国学術雑誌「American Journal of Hematology」に掲載されました。 軽度のリンパ節腫脹や肝脾腫を伴い、 発熱、胸・ ...
    www.okayama-u.ac.jp > ホーム > プレスリリース
  8. キャッスルマン病 - 日本血液学会
    アクテムラ点滴静注用[一般名:トシリズマブ(遺伝子組換え)]は、2005年4月11日に. 世界に先駆けてキャッスルマン病の治療薬*として承認されました。同年6月13日の 発売以降、. 弊社では全症例を対象とした特定使用成績調査(全例調査)を実施し、適正 使用の推進および. 副作用情報の収集に注力してまいりました。 先生方におかれまして は調査にご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 このたび、発売(2005年6月13日)から 2013年4月10日までに収集した情報に基づき、. キャッスルマン病患者 ...
    www.jshem.or.jp/uploads/files/.../20140909-castleman.pdf
  9. リンパ球増殖疾患
    リンパ球増殖疾患. 国. 間診断の流れとポイント. 悪性リンパ腫の診断. 園. 診断のための 基本知識. 免疫組織化学. フローサイトメト リー. ヲローン性解析. 病変の広がり(病期)- PET. 病理診断と治療. 園. リンパ糊殖疾患の鑑別診断. 反応性疾患. 洞組織球症. 単純 性リンパ節炎. 組織球性壊死性リンパ節炎. 結核性リンパ節炎. その他のリンパ節炎. リンパ溜胞過形成. Castleman病. 腫蕩性疾患 Hodgkinリンパ腫. Hodgkinリンノて腫. 腫湯性疾患非 Hodgkinリンパ腫・ 8fT細胞性. 前駆日/T細胞性リンパ芽球性白血病/ リンパ腫.
    www.nakayamashoten.jp/.../pdf/978-4-521-73332-6.pd...
  10. キャッスルマン病(Castleman's disease):バイオキーワード集|実験 ...
    キャッスルマン病(Castleman's disease). 1956年にCastlemanによって胸腺腫類似 の縦隔リンパ節過形成として報告された.リンパ節の組織学的所見からヒアリン化血管 と血管内皮細胞の増殖を伴う著しい血管新生の見られるヒアリン血管型(hyaline vascular type)と形質細胞の濾胞間隙への浸潤が見られる形質細胞型(plasma cell type)に大別される.後者はリンパ節からのIL-6の過剰産生により病態が形成される.腫 大リンパ節の分布により限局されたものと全身に認められるmulticentric Castleman's ...
    www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/153.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.