Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

mauchley 球面性 2水準 で検索した結果 1~10件目 / 約674件 - 0.3秒
お知らせ:
mauchly 球面性 2水準で検索しています。mauchley 球面性 2水準で再検索。

ウェブ

  1. 球面性検定で有意確率が算出されません - IBM
    Mauchly(モークリー)の球面性検定では、「データのどの部分から切り取っても、分散は 等しい」かどうかを検定しております。このデータの比較ポイントが3か所以上必要である ため、被験者内因子の水準数が3必要であり、被験者内因子の水準数が2の場合は ...
    www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21987435
  2. 一般線形モデル(反復測定)
    対応があるデータが2つの場合は「対応のあるt検定」を用います。 ... すると、テキスト ボックスに因子名と水準数が入力されます。 ... 2.この例では、Mauchly球面性の検定 の有意確率が.000と有意差がみられたため、Greenhouse-Geisserのイプシロンを 利用 ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  3. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... ANOVA君では,バージョン2.0.0から,反復測定要因(被験者内要因)について, Mauchly球面性検定とε( ... ただし,計画が独立測度を含む場合(混合要因計画の 場合)に多標本球面性検定を適用すると,反復測定要因の水準数がであっ ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  4. 知能2
    知能と学習効果-2. データ / 1要因の分散分析(反復測定) / 結果の記述 ... 分あたり の平均解答数が上昇していることが分かる。 「Mauchly球面性検定」の結果が出力 される。 Wの値が0.77,0.1%水準で有意であることから,球面性の仮定が棄却された。
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  5. 心理データ解析第4回(2)
    この場合,条件1と条件が0.1%水準,条件1と条件3が5%水準,条件と条件3の間 が1%水準で有意となっている。 従って,条件1と ... まず,平均の差の標準誤差が 等しいか否かを検証するために,Mauchly球面性検定を見る。 球面性の仮定が棄却 され ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  6. ANOVA (2-Within) - 立命館大学文学部心理学専攻
    平均の差の標準誤差が等しいことを検証するために,Mauchly球面性検定が実行 されます。水準数が 2 より多い場合に球面性の検定が必要になります。 分散分析の 結果は,a の主効果が F(1, 4) = 8.1, MSE = 2.1,b の主効果が F(3, 12) = 6.0, MSE = 1.1, ...
    www.psy.ritsumei.ac.jp/~hoshino/spss/anova02.html
  7. Mauchly球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    Mauchly球面性検定」についての解説を掲載しています。統計用語集では、600を 超える統計学に関する用語を説明しています。PCで表示した場合には、数式のLaTex のソースコードを確認できます。また、関連するExcelの関数やエクセル統計の機能も 確認 ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  8. Rによる 反復測定分散分析
    2. 球面性の仮定. • F値が正確なF分布にしたがうための必要. 十分条件. • cf. 分散の等 質性の仮定・・・十分条件. • 対応のあるすべての ... Mauchly球面性検定. • Mauchly のW統計量 ... Σ. = (. ) ( )W d. N ln. 1. 2. ⋅. ⋅. −. −. = χ. (. )p. N pp d. 1. 6. 2. 2. 1. 2. − . +. +. −. = ( ). 1. 2. 1. −. +. = pp df. ※pは反復測定要因の水準数 ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../iseki.pdf
  9. 4-1 分散分析とは
    t 検定⇒2 群の平均値を比較する場合の手法 ... 対応あり要因:異なる水準に同じ 被験者を割り当てた被験者内要因(within-subjects factor). のこと。 ... モークリー( Mauchly)の球面性検定:(対応あり分散分析時)有意であれば球面性が.
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../20140514Ch4_1.pdf
  10. 二元配置分散分析 - Rを使った分析(二元配置分散分析) | 外国語教育 ...
    holm = T でHolmの方法による多重比較,peta = T で偏イータ2乗を出力その他の オプションは, ANOVA君のサイトを確認. Mauchly球面性検定. 二元配置分散分析 表(繰り返しありとなし). 単純主効果検定. 各水準の多重比較. グラフ作図スタック形式 に ...
    mizumot.com/handbook/?page_id=295
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.