Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

mauchlyの球面性検定 成り立たない で検索した結果 1~10件目 / 約292件 - 0.4秒

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説がなり たたない(有意確率が5%未満)とき、被験者内効果の検定の有意確率が小さくなる ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... ANOVA君では,バージョン2.0.0から,反復測定要因(被験者内要因)について, Mauchlyの球面性検定とε( .... 球面性の仮定が成り立たないときには,ε(イプシロン) という統計量を使って自由度の調整を行うことで近似的に適切な分散分析を ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  3. 球面性検定で有意確率が算出されません - IBM
    SPSS Statisticsで[一般線型モデル]の[反復測定]を実行しましたが、球面性検定で有意 確率が算出されません。この場合 ... Mauchly(モークリー)の球面性検定では、「データ のどの部分から切り取っても、分散は等しい」かどうかを検定しております。 ... このため 反復測定が2水準である場合は、常に「球面性成り立つ」と解釈して、「球面性の仮定」 で解釈してください(Greenhouse-Geisser、Huynh-Feldt、下限も同じ結果になります) 。
    www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21987435
  4. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    Mauchlyの球面性検定」についての解説を掲載しています。統計用語集では、600を 超える統計学に関する用語を説明しています。PCで表示した場合には、数式のLaTex のソースコードを確認できます。また、関連するExcelの関数やエクセル統計の機能も 確認 ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  5. Rによる 反復測定分散分析
    球面性の仮定. • F値が正確なF分布にしたがうための必要. 十分条件. • cf. 分散の等質 性の仮定・・・十分条件. • 対応のあるすべて ... Mauchlyの球面性検定. • MauchlyのW 統計量. • 0∼1の値をとる. 0=球面性が成り立たない. 1=球面性が ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../iseki.pdf
  6. 4-1 分散分析とは
    モークリー(Mauchly)の球面性検定:(対応あり分散分析時)有意であれば球面性が. 成り立っていないと判断する。成り立たない場合はグリーンハウス・ガイサー( Greenhouse-. Geiser)またはホイン・フェルト(Huynh-Feldt)の調整した F 値と ...
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../20140514Ch4_1.pdf
  7. SPSSによる分散分析の結果の表示について質問です。SPSSで二元配置分散分 ...
    困ってるのはこのときのMauchlyの球面性仮定の結果なのですが、有意確率が空白に なって表示されません。 ... 場合は常に球面性成り立つということが調べて分かった ので、被験者内効果の検定球面性の仮定の欄を見ているのですが、 ... SPSSを持っ てないのですが、因子分析をしたいのですが、どうしたら良いですか?
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 数学
  8. 一変量検定球面性検定 - JMP.com
    条件が成立していない場合は、エラーメッセージが表示されます。 ... 球面性検定では 、Mauchlyの規準を使って、球面性の仮定が検定されます。球面性の ... 球面性検定が 有意である場合は、真の共分散構造は球型ではないと考えられます。 ... 一変量検定の F統計量は、球面性成り立っていなくてもF分布で近似できるように調整したものです。
    www.jmp.com/japan/support/.../flm-multiple-response-11.sht...
  9. HADで分散分析をする方法(二要因以上の場合編) | Sunny side up!
    Shaffer法:Shaffer法は、Holm法をさらに改良し、論理的に同時に成り立たないであろう 仮説を組み合わせ数から除外して調整する方法です。 ... また、3水準以上の要因 についてはMauchlyの「球面性検定」が行われます。球面性とは、「 ...
    norimune.net/650
  10. モークリーの球面性検定 - MATLAB & Simulink - MathWorks 日本
    反復測定モデルで使用する球面性検定について学びます。
    jp.mathworks.com/help/.../mauchlys-test-of-sphericity.h...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.