Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

spss mauchlyの球面性検定 有意確率 表示されない で検索した結果 1~10件目 / 約169件 - 0.29秒

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定)
    分析」-「一般線形モデル」-「反復測定」をクリックして表示される「反復測定の因子の 定義」ダイアログボックスで、「被験者内因子名」に「 音楽」、「水準数」に「3」を入力し、[ 追加]ボタンをクリックします。 ... この例では、Mauchlyの球面性検定有意確率が. 000と有意差がみられたため、Greenhouse-Geisserのイプシロンを利用します。 ... SPSSでこのEXCELデータを読み込みます(この作業で作成したdata10r.savはここに あります)。
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. 球面性検定有意確率が算出されません - IBM
    SPSS Statisticsで[一般線型モデル]の[反復測定]を実行しましたが、球面性検定有意 確率が算出されません。この場合 ... Mauchly(モークリー)の球面性検定では、「データ のどの部分から切り取っても、分散は等しい」かどうかを検定しております。このデータ ...
    www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21987435
  3. 1要因の分散分析(反復測定)
    平均値の表示」に「週」を指定する。 「主効果の ... 「Mauchlyの球面性検定」の結果が 出力される。 Wの値 ... 球面性の仮定が棄却されたので,Greenhouse-Geisserもしくは Huyn-Feldtの検定結果を参照する。 ただし,F値や有意確率はいずれも変わらないので ,通常の分散分析結果を記述しても大きな問題が生じるわけではないだろう。 球面性の  ...
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  4. SPSS Win
    SPSS Win. 繰り返し要因のある分散分析(混合要因を含む). [分析-一般線形モデル- 反復測定] (Advancedオプションがないと選択 ... ただし厳密には,この手前に表示され る「Mauchly の球面性検定」を見て,有意になった場合は「球面性が仮定できない」 ...
    tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spssbas/ar.htm
  5. 心理データ解析第4回(2)
    SPSSを起動する(既に起動してある場合には,以前のデータを保存し,ファイルメニュー →新規作成→データ). SPSSデータエディタの「変数ビュー」を開く. 1番目の変数の ... この場合,条件1と条件2が0.1%水準,条件1と条件3が5%水準,条件2と条件3の間 が1%水準で有意となっている。 ... 平均値の表示」ボックスに「角度」を指定。 ... まず, 平均の差の標準誤差が等しいか否かを検証するために,Mauchlyの球面性検定を見る 。
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  6. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... なぜこの仮定が満たされないと分散分析が適切に行えないのか,何が“球”なのかは, 直感的には理解しづらいところですが,次の ... ANOVA君では,バージョン2.0.0から, 反復測定要因(被験者内要因)について,Mauchlyの球面性検定とε(イプシロン) ... 左 から,効果の名前,W統計量,近似カイ二乗値,自由度,p値,*マークが表示されます 。 ... これは,1段階多標本球面性検定(Mendozaの検定とHarrisの検定)の扱う仮説の うち,群間での共分散構造の等質性の検定の部分が有意になる(群間で共 ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  7. SPSSによる分散分析の結果の表示について質問です。SPSSで二元配置分散分 ...
    SPSSで二元配置分散分析を行いました。2要因(A,B)はどちらも被験者内要因で、 水準の数はAが2、Bが25、度数は9です。 2条件の経時変化の ... 困ってるのはこのとき のMauchlyの球面性仮定の結果なのですが、有意確率が空白になって表示されません 。(空白に . (ピリオド)だけが ... 補足ちなみに多変量検定の経過時間の欄が「残差自由 度が不十分なため、多変量検定統計量を計算できません。」となります。
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 数学
  8. 3 つ z のグループの平均を比べる
    の t 検定の繰り返しの回数で有意水準を割る方法を「ボンフェローニの方法」( Bonferroni's method). といいます。 ... SPSS で対応(繰り返し)のない分散分析を行う ときには,Excel と同じデータ入力形式ではこの分析 .... 以下の画面で,「平均値の表示 」に「時期」を移動し,「主効果の比較」にチェックを入れて,「Bonferroni」 ... まず,「 Mauchly(モークリー)の球面性検定」を見て,分散共分散行列の等質性をチェックし ます。 この検定は「有意確率」が.05 以上であれば「球面性の仮説が成り立っている」と 考えられるというも.
    mizumot.com/handbook/wp-content/uploads/ANOVA1.pdf
  9. SPSS ときど記
    SPSS ときど記(174) 2004/ 2/26 分散分析 2元分散分析 mixed(1) 主効果・交互作用 manova編のデータがデータエディタにあるものとして,変換の手続きを述べる ... 表示 する二には display docment. またはメニューで ユーティリティ→データファイルの コメント document の削除は drop documents. ... Mauchly の球面性検定(b). 測定 変数名: MEASURE_1. 被験者内効果, Mauchly の W, 近似カイ2乗, 自由度, 有意確率, イプシロン(a).
    www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/spss/tokidoki17.html
  10. SPSSで二要因分散分析を行う
    一要因分散分析対応なしの説明で、SPSSではデータの入力に注意するように述べまし たが、ここでも同じです。 左のデータ ... 続行をクリックし、OKをクリックすれば、分析 結果が表示されます。 ... ここでは有意確率に注目してください。 この数値は有意差が 出ると困る値です。もし有意差が出てしまったら、中央値の検定などに切り替えて ください。
    www.u-gakugei.ac.jp/~kishilab/spss-2fANOVA.htm
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.