Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

statview 球面性 で検索した結果 1~10件目 / 約133件 - 0.26秒

ウェブ

  1. 一般線形モデル(反復測定)
    反復測定による分散分析では、まずMauchly(モークリー)の球面性の検定をみる。この 有意確率が5%未満でないとき、球面性の仮定が成り立つと考えます。この仮説がなり たたない(有意確率が5%未満)とき、被験者内効果の検定の有意確率が小さくなる ...
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  2. ANOVA君/球面性検定の出力 - 井関龍太のページ
    2019年5月14日 ... 球面性の仮定は,被験者間計画の分散分析でいう分散の等質性の仮定に相当する ものです。 これらは,複合対称性(compound symmetry)という仮定の一部をなしてい ます。 複合対称性とは,条件間で分散が等しいこと,条件群の任意の対 ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君%2F球面性検定...
  3. Mauchlyの球面性検定 | 統計用語集 | 統計WEB
    「Mauchlyの球面性検定」についての解説を掲載しています。統計用語集では、600を 超える統計学に関する用語を説明しています。PCで表示した場合には、数式のLaTex のソースコードを確認できます。また、関連するExcelの関数やエクセル統計の機能も 確認 ...
    bellcurve.jp > ホーム > 統計用語集 > 英字
  4. 一変量検定と球面性の検定 - JMP.com
    球面性の条件が満たされていること。球面性の条件とは、M行列で変換した後の応答に 相関がなく、かつ、応答の分散が等しいことを指します。つまり、M'SM(Sは、Y変数の 分散共分散行列)が、単位行列に定数を掛けた行列になることが条件です。
    www.jmp.com/japan/support/.../flm-multiple-response-11.sht...
  5. 心理データ解析第4回(2)
    結果の出力. まず,平均の差の標準誤差が等しいか否かを検証するために,Mauchlyの 球面性検定を見る。 球面性の仮定が棄却されなかった(有意ではなかった,つまり平均 の差の標準誤差は等しかった)ので,分散分析表では「球面性の仮定」の部分を見る。
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  6. 球面性検定で有意確率が算出されません - IBM
    SPSS Statisticsで[一般線型モデル]の[反復測定]を実行しましたが、球面性検定で有意 確率が算出されません。この場合はどのように解釈すればよいでしょうか。
    www.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg21987435
  7. ANOVA with repeated measures for SPSS
    ただし厳密には,この手前に表示される「Mauchly の球面性検定」を見て,有意になった 場合は「球面性が仮定できない」として,Greenhouse-Geisser,Huynh-Feldt,下限の 各欄の指標を用いる(詳細は「Mauchly の球面性検定」のSPSS出力画面を右クリック ...
    tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spssbas/ar.htm
  8. SPSSで一要因分散分析
    これは、全体的に見てどこかに有意な差が見られたか、 という情報を表しています。 球面性だのGreenhouseだのありますが、一対だけ取り出します。 これは、すぐ上の図 とあわせて分散分析表を書くために必要なものです。 二つの表から必要なものを 取り出し、 ...
    www.u-gakugei.ac.jp/~kishilab/spss-1fANOVAb.htm
  9. 球面性の仮定について:反復測度の分散分析 - Memorandums
    被験者内計画(反復測度)のデータに分散分析を適用する際の球面性の仮定について。 分散分析では各水準の分散が等しいことが前提のひとつとなるが、さらに各水準間の 相関(共分散)が等しければ、分散分析をおこなうための十分条件と ...
    blog.goo.ne.jp/.../0ce46ae09667bf93c7271fccea562b7...
  10. 球面性の検定 by R - Memorandums - Goo ブログ
    Rで被験者内要因のANOVAを行う際のいわゆる球面性の検定。以下の例を参照。> example(mauchly.test)Wとp値を算出する。データ例の解説は、以下。形式は、被験者 ×要因(被験者内)の行列。
    blog.goo.ne.jp/.../c841f3ed9fb0ca94c962fc3d11f5425f
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.