Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

太陽の季節 で検索した結果 1~10件目 / 約544,000件 - 0.5秒

ウェブ

  1. 太陽の季節 - Wikipedia
    太陽の季節』(たいようのきせつ)は、石原慎太郎の短編小説。裕福な家庭に育った若者 の無軌道な生活を通して、感情を物質化する新世代を描いた作品で、石原の出世作で ある。ストーリーが倫理性に欠けることで、発表されるや文壇のみならず一般社会にも 賞賛と非難を巻き起こした。 1955年(昭和30年)、文芸雑誌『文學界』7月号に掲載され 、第1回(1955年度)文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第 34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。単行本は1956年(昭和31年)3月15日に新潮社 より ...
    ja.wikipedia.org/wiki/太陽の季節
  2. 太陽の季節 | 映画-Movie Walker
    太陽の季節(1956年5月17日公開)の映画情報を紹介。若い世代の異常な生態を描き 反響を呼んだ石原慎太郎の同名の原作(芥川賞受賞)の映画化。「顔役 (ボス)…
    movie.walkerplus.com/mv24660/
  3. 太陽の季節とは (タイヨウノキセツとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
    太陽の季節とは、石原慎太郎氏が執筆した短編小説である。 概要 石原慎太郎氏の 代表作。著者の弟である石原裕次郎氏が話した、仲間の噂話が元ネタであるとされて いる。 その倫理性に欠ける内容が若者...
    dic.nicovideo.jp/a/太陽の季節
  4. Amazon | 太陽の季節 [DVD] | 映画 - アマゾン
    長門裕之, 南田洋子, 石原裕次郎, 岡田真澄, 古川卓巳, 石原慎太郎 邦画・洋画のDVD ・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能 。通常配送無料(一部除く)。
    www.amazon.co.jp/太陽の季節-DVD.../B00006GEEU
  5. 太陽の季節 感想 石原 慎太郎 - 読書メーター
    太陽の季節」は1955年発表。終戦の年1945年から10年、今までの慣習に囚われること ない当時の新人類が誕生した感じがする。芥川賞の選考で佐藤春夫らが反対したのも、 あまりに従来の作品とテイストが異なるが故の拒絶反応であった。暴力、セックスを題材 にした作風は読後あまり良い気がしないが、戦争という呪縛から解き放たれた、そこに 戦前、戦中とは違う、国家からの抑圧や全体主義的な政策の下にない、ある意味自由な 生き方を象徴する物の様にも見える。現在テレビや新聞で見る石原慎太郎からはあまり  ...
    bookmeter.com/books/516496
  6. 5月17日は「太陽の季節」封切り - YouTube
    1956年5月17日 石原慎太郎原作の『太陽の季節』封切り! 「太陽族」が流行語になる。 また、慎 ...
    www.youtube.com/watch?v=R7-bOK-TUYk
  7. 太陽の季節 | 映画 | 日活
    武田英子=南田洋子 津川竜哉=長門裕之 津川道久=三島耕 江田=佐野浅夫 バンド ・マスター=岡田真澄 幸子=東谷暎子 津川洋一=清水将夫 津川稲代=坪内美詠子 伊豆=石原裕次郎(新人) 西村=野口一雄 松野=須藤孝 田宮=沢井謙二 佐原=市 村博 サッカーの選手=石原慎太郎(特別出演) エルザー=関弘子 英子の母=紅沢 葉子 明石淳子 由紀=小野三津枝 潮けい子 ミッチー=河上敬子 英子の家の女中= 福田トヨ 女給=三鈴恵以子 海水浴場の女=松原京子 南部美乃 マリー=久場礼子 小島游子 ...
    www.nikkatsu.com/movie/20123.html
  8. 太陽の季節(タイヨウノキセツ)とは - コトバンク
    デジタル大辞泉 - 太陽の季節の用語解説 - 石原慎太郎の短編小説。昭和30年(1955) 、第1回文学界新人賞、第34回芥川賞受賞。昭和31年(1956)映画化され、作者の弟で ある石原裕次郎のデビュー作となる。→太陽族.
    kotobank.jp/word/太陽の季節-686602
  9. 太陽の季節 : 作品情報 - 映画.com
    太陽の季節の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。若い世代の異常 な生態を描き反響を呼んだ石原慎太郎の同名の原作(芥川賞受賞)の映画化。「顔役 ( ボス)」の古川卓巳が...
    eiga.com > ホーム > 作品情報
  10. 太陽の季節 - Ne
    太陽の季節. 石原慎太郎の芥川受賞作の映画化で、主役は長門裕之と南田洋子だが、 石原裕次郎も慎太郎もちょい役で出ている作品。 この映画をきっかけに、太陽族と言う 言葉が生まれたとも言う、当時の一部裕福な高校生(石原裕次郎がモデル?)の生態を 描いた内容であり、毎日、キャバレーに出かけて遊んだりする余裕は一般家庭には なかったはずで、一般庶民には縁遠い世界を描いている。 未成年なのに、酒、女、煙草 に明け暮れている毎日。 恋人と2人だけで料亭でビールを飲む高校生。 勉強している シーン等 ...
    www.ne.jp/asahi/gensou/kan/.../taiyounokisetsu.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.