お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

#織田信長 誕生 天文3年5月28日(1534年7月9日)※諸説あり 尾張の戦国武将(#麒麟がくる:染谷将太) 織田弾正忠家・織田信秀の子として勝幡城(那古野城・古渡城とする説あり)で生まれる。 少年期の行動は特異で周囲からは大うつけなどと呼ばれた。 rekishidou.com/aduchijo/

Twitterおっさん的歴史ノート@RekishiNote

返信 リツイート1 8:44

【織田信光】織田信秀の弟で信長の叔父。第一次小豆坂の戦いでは「小豆坂の七本槍」に列した。信秀の死後は信長に従う。清州織田氏の信友に与するふりをして清須城に入城。信友を謀殺し清須城を信長に渡した。夫人と通じた坂井孫八郎に殺害された。『#麒麟がくる#木下ほうか pic.twitter.com/1z6LcDNoeB

Twitter戦国時代の個性的な人物を偏見で紹介(現在は『麒麟がくる』が中心)@zh2wltGC3jMNOdf

返信 リツイート 24分前

RT @sengoku_his: 【信長元服の城にして、織田家内紛の戦場!「古渡城」の歴史を解説】 #麒麟がくる でも初期に #織田信秀 の居城として登場した古渡城。信秀によって築城され、子の信長が元服した城でもありました。 #織田信長 https://t.co/ComL3RV…

久し振りの万松寺です。 今年の大河ドラマ「麒麟がくる」に登場していた織田信長の父 織田信秀の菩提寺です。 28日なので午後にお焚き上げをしていただけるという偶然が✧◝(⁰▿⁰)◜✧ pic.twitter.com/YD4zko8HBx

織田信秀(信長の父)やべえな。 25人も子供作ったんか。 matome.naver.jp/m/odai/2146308…

今日、二人目の武将は松平清康殿の嫡男であり、将軍・徳川家康公の父、「松平広忠」殿を紹介していくでござる。 彼は、守山崩れにより父を亡くし、三河は諸豪族が乱立する状態になったが、領土的野心を抱く織田信秀殿に対抗すべく、息子・竹千代を人質とし今川傘下に入った。しかし、…… pic.twitter.com/QylSHdFBCb

本日、一人目は三河の土豪の一つに過ぎなかった松平家を、三河統一に導いた「松平清康」殿でござる。 彼は、家督を弱冠十三で継ぎ、わずか十年で三河統一を果たした。その後尾張へと転戦し、織田信秀殿の守山城攻めを行ったが、陣中で阿部正豊殿に裏切られ妖刀・村正で斬殺されてしまったのでござる。 pic.twitter.com/CJKLaLKbUK

返信先:@shi_chan_1028 織田信秀やばいよ

230 水野十郎左衛門は天文13年に美濃の斎藤利政や永井秀元、尾張の織田信秀、21年ごろには今川義元と音信を通じています。それぞれの国の領主らとやり取りできるこの人が誰かはいろいろ研究されてきましたが、刈谷の信近ではなくやはり緒川の信元と思われます。#信長 #信長公記 #桶狭間

Twitter水野誠志朗『新解釈・桶狭間の戦い』@daysmizuno

返信 リツイート 0:49

あと織田信秀にs2を付け直して保護スキル無しのマネ部隊で組めるように~ とはいえ盟主戦部隊2部隊で5200万しかでないけど。 pic.twitter.com/nT4NgoEukl

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

織田信秀の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(14:01時点)

この検索結果をシェア