お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

スレッドにします。 太平洋の大海原に面した2つの小さな集落。そこへの道程は非常に険しく、高さ100メートルの断崖絶壁に築かれた隘路を通らなければならない。地理院地図で見た瞬間、この集落は尋常ではないと感じた。集落の現状を確かめるために窪川町『大鶴津・小鶴津集落』へ行ってみた。 pic.twitter.com/FN7digu2PS

赤井川カルデラとその外側の余市川カルデラ。カルデラの中には赤井川村があるのに、ズームレベルを落とすと無人の大地みたい。でもシームレス空中写真を重ねてみると風情が違ってくる。地理院地図は色別標高図、陰影起伏図、傾斜量図、空中写真、その他いろいろ自在に重ねて表示できるので楽しい。 pic.twitter.com/f7RF6zy2d4

地理院地図に対する学生(M大学)の質問に「検索窓の例示はどういう根拠で選ばれているのだろうか?」というのがありました。なるほど、「金沢市木ノ新保町」など、どうしてここが選ばれたのだろうと思いますね。剱岳はまあわかりますが。 pic.twitter.com/m5ry7m99Wp

国土地理院地図の「電子国土WEB」で、海水面を4m上昇させてみた。青森県むつ市には、有名な縄文貝塚が2箇所ある。女舘貝塚と最花貝塚であるが、いずれも4mでは、遺跡近くまでは海水は侵入しない。ということは、もっと上昇していたということか。地図は自由に使えるようなので。 pic.twitter.com/GAhWglVzly

Twitter青森太郎(ソウマシンキチ)@aokomaki

返信1 リツイート4 昨日 9:14

林道から登山道へ入り、登りきったところで、トタンで仕切られた竹林や畑が出現。車路は見当たらないのに大きい家が建つ。残念ながら常住はしてなさそう。 地理院地図で見たら、「小名瀬」という地名らしいけど、ネット上に特に情報出てなく凄い気になる。 季節外れの紫陽花に遭遇。 pic.twitter.com/w1QrbnedlZ

プリンタのシアンとイエローのインクが切れた。マゼンタももうすぐ切れる。インクの在庫はシアン2、イエロー1、マゼンタ2。どうもイエローだけ消費が早いようなのでイエローだけ買い足した。理由は自明である。印刷するものの半分は地理院地図だから (ブラックは残量たっぷりでインクの在庫もある)。

RT @Megayojo: ここ~!めちゃくちゃ崖 地理院地図で遊ぶとわかる pic.twitter.com/9OhFKJwjUf

画像フォルダからアプリにガサポイント入れてるけど、当時使ってなかった地理院地図と照らし合わせながら見るとなかなか面白い。

RT @Megayojo: ここ~!めちゃくちゃ崖 地理院地図で遊ぶとわかる pic.twitter.com/9OhFKJwjUf

RT @Megayojo: ここ~!めちゃくちゃ崖 地理院地図で遊ぶとわかる pic.twitter.com/9OhFKJwjUf

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

地理院地図の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(7:18時点)

この検索結果をシェア