お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

”遺伝子の変異によって効き目が変わってくる処方薬は、例えばコデイン、ジアゼバム、パキシル、リスペリドン、ワーファリンなど。” 🎨 sciencebook.blog110.fc2.com/blog-entry-288… 💊『遺伝子は、変えられる。あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実』シャロン・モアレム

Twitter科学に佇むサンクコスト@endBooks

返信 リツイート13 昨日 20:34

コデイン類:1% エフェドリン類、フェニル酢酸:10% フェニルプロパノールアミン:50% 毒劇物 特定毒物:やべーやつ、使用者と目的決まってる上に捨てる時めんどい トルエン:吸うと幸せになれる ピクリン酸、ナトリウム:ちゃんと住所聞く 陳列する場所:表示+かぎ キノホルムのスモン:被害救済基金

リン酸コデインをりんこちゃんって、、呼ばない?あっそう。

返信先:@JapaneseDrugLab いや、コデインの離脱はそんな酷くないですw 元からあるブロンの憂鬱や倦怠感なのか、Pの離脱なのか、差がわからないので、どちらの離脱なのかわからないんですよね……→精神的な離脱症状しか現れていませんw だから、身体離脱だけでも回復には使えるかもしれません。

[麻薬鎮痛薬] 麻薬性鎮痛薬(強オピオイド:モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル。 弱オピオイド:コデイン) 非麻薬性鎮痛薬(KOPアゴニスト・弱MOPアンタゴニスト:ペンタゾシン。 MOP部分アゴニスト:ブプレノルフィン、ブトルファノール) ※オピオイドは耐性・依存を形成し易い

返信先:@Lunae_aura あー、やっぱりコデインの離脱は抑えられなかったですか…… 依さんの場合は何か併用薬があったのでおそらくそのせいで緩和できていたのでしょうね……

Twitter謎の半合法薬メーカー 熾(一般男性)@JapaneseDrugLab

返信 リツイート 昨日 22:38

返信先:@u_yake_koyake 咳止めのコデインはモルヒネですからねぇ 風邪薬で人殺そうとしてた事件もありましたし、ODには注意しないとですねぇ

中枢性鎮咳成分には以下の2種類がある 麻薬性鎮咳成分:コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩 非麻薬性鎮咳成分:ノスカピン、デキストロメトルファン臭化水素酸塩、クロペラスチン塩酸塩、ハンゲ(半夏)など #登録販売者

Twitter登録販売者試験対策bot@touhan_goukaku

返信 リツイート 昨日 22:16

返信先:@Yori_______他1人 ブロンはコデイン(モルヒネ)に身体離脱があるからねぇ アイスはIVで入れるようになったら最後逃れられない

Twitterボブ氏@線維筋痛症@zapabob

返信 リツイート 昨日 21:54

コデインってヘロインかコカインの友達やから、合法的に飛べるらしいな もうブロン飲みまくって頭おかしなって何もわからんくなりたいわ トシみてーに普通に心があって弱い人間が一番つらい マリアみたいに壊れてしまったほうが、いっそ楽なんだ でも彼女みたいにぼくはなれないだろうな

返信先:@umiushi__3 気分和らぐの好きだからコデイン好き… アッパーになってたのかそんなつもりないのに怒ってるの?って聞かれたよ。薬効きやすいんだよねぇ

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

コデインの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(0:27時点)

この検索結果をシェア