お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

ぼくと聡は、通信社の仮眠室で仮眠をとる人々を、快く目覚めへと導く「起こし屋」のアルバイトをしている。ところがある日「自動起床装置」なるものが導入された…。眠りという前人未到の領域から現代文明の衰弱を衝いた作品。芥川賞受賞作『自動起床装置』辺見庸

Twitter芥川賞全受賞作筋書き@akutagawa_syou

返信 リツイート 0:35

返信先:@usaginabe他1人 辺見庸氏の「ものを食う人々」とかかなり無茶してたな

Twitter詩龍「手洗い推奨」@shinoji01

返信1 リツイート1 18:04

返信先:@tawamureyama 辺見庸『もの食う人びと』やね

ぼくと聡は、通信社の仮眠室で仮眠をとる人々を、快く目覚めへと導く「起こし屋」のアルバイトをしている。ところがある日「自動起床装置」なるものが導入された…。眠りという前人未到の領域から現代文明の衰弱を衝いた作品。芥川賞受賞作『自動起床装置』辺見庸

Twitter芥川賞全受賞作筋書き@akutagawa_syou

返信 リツイート 0:35

辺見庸さんの本で 自身が中国当局に 尋問される場面があり 「辺見さん、男になってください」という下りがあった。 私も少し中国とは関わりがあったし、食いついた事も思い出す。 この方はご両親のどちらかが 日本人だったのだろう。 jiji.com/jc/article?k=2…

辺見庸の10年ぐらい前の本で、デジタル化により世界がマチエールを失った、というようなことが書いてあったんだけどいよいよ更にそれが強まった感

No.226(文順)芥川賞『コシャマイン記』(鶴田和也)→『壁』(安部公房)→『裸の王様』(開高健)→『夏の流れ』(丸山健二)→『岬』(中上健次)→『佐川君からの手紙』(唐十郎)→『自動起床装置』(辺見庸)→『豚の報い』(又吉栄喜)

事件直後からの記事や連載をまとめた『妄信」、辺見庸さんの小説『月』、現代思想2016年10月号の緊急特集などを読み、ずっと考えている。 あれからもうすぐ4年。こちらも読みます。

RT @2018_apc: 「糞バエ」。首相の放言に沈黙する内閣記者会の記者たちを辺見庸さんが痛罵した言葉だ。記者に問題意識はあるのか?報道統制とは?元新聞労連委員長の官邸からの報告だ。★首相会見に疑問の声 質問の事前聴取、フリー記者の参加規制…「活発な質疑を押さえ込む」 |…

まあ、おいしいもの作れる奴はモテるかもな。さっきNHKでお好み焼き名人のひと出てた。なんか辺見庸と高倉健を足したみたいな感じだった。

ぼくと聡は、通信社の仮眠室で仮眠をとる人々を、快く目覚めへと導く「起こし屋」のアルバイトをしている。ところがある日「自動起床装置」なるものが導入された…。眠りという前人未到の領域から現代文明の衰弱を衝いた作品。芥川賞受賞作『自動起床装置』辺見庸

Twitter芥川賞全受賞作筋書き@akutagawa_syou

返信 リツイート 6/30(火) 18:05

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

辺見庸の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(20:03時点)

この検索結果をシェア