公式アカウント:
Twitterhiranok
お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
適合度順»

平野啓一郎といえばメール配信の講演録「文学は何の役に立つのか」がすごくよかった。「役に立たなくても価値がある」「心を豊かにする」以外の答えを聞いたことがなく、どちらにも(特に後者には)かなり懐疑的だったが、初めて説得力のある答えを聞いた。周辺の目配りのこまやかさも素敵だと思った。

#平野啓一郎 公式メールレターでお届けの講演録「文学は何の役に立つのか?」は、これからのご登録でも、バックナンバーからお読みいただけます。 *ご登録時に自動送信されるメールにURLが記載されます 平野啓一郎の思索への長旅をお楽しみください。🚢 📨 ご登録はこちら k-hirano.com/mailletter

Twitter平野啓一郎作品公式(『本心』2021年単行本発売予定!『マチネの終わりに』『ある男』)@matinee0409

返信 リツイート8 昨日 15:27

【挿絵のこと】主人公である朔也自身が本文を書いている設定なので、現実に追いついたということを表すために、小説本文をモニターに表示して撮影しました。 #本心 #平野啓一郎

Twitter菅実花 9/20-10/3 INTERMEDIAART 2020 APPARATION 展@387mika

返信 リツイート2 昨日 21:36

平野啓一郎メールマガジンの講演録「文学は何の役に立つのか?」、もやもや感じている近年の社会状況と文化芸術について作家の言葉でまとめられていて素晴らしかった。今日の朝日新聞の川上未映子さんの記事もだけど、2020年の今、私は文学によって助けられている。

平野啓一郎さんのMLで届いた講演録「文学は何の役に立つのか?」よかった。特に「文学が個人を介する意義」の節は、私がなぜ文学を読んでいるのか?を明確に言語化してくれていて、私が社会問題を考えるとき常に個人から出発していることも気付かせてくれた。メモアプリで編集・PDF化し、保存も完了。

2020/9/25の平野啓一郎のメールレター、印刷して折に触れて読み返すべきやつだ。スロー・リーディングだ。

「愉楽」を得る為に小説を読んでいると思ってきたが、 確かに「生きるために」読んでいたのだ。 他人を経由することによって、自分では引き受け切れないけれど本当は感じとっているものを言葉にすることができる。 『文学は何の役に立つのか?』涙が止まらない。 #平野啓一郎

昔「愛とは、誰かのおかげで自分を愛せるようになること」 というスピーチを見て興味を持った平野啓一郎さん。今回のメールレター「文学は何の役に立つのか?」の中で詩人ボードレールの言葉「役に立つ人間であるということが私には常に、何かしらひどく醜悪なことと思われた」を知れて本当に良かった

初めて届くメールレターが、とても貴重で感動。。。 学生時代に、自分の考えている事を共有できる人が周りにいなかったけど、それが文学を読むことで、共有することができた。「今ここ」の解放。 それこそ私は平野氏の本を読んで、「今ここ」を解放された一人です。 平野啓一郎 #メールレター

相互フォローの方のツイートが平野啓一郎に引用リツイートされ、さらにそれに西郷輝彦が「いいね」してるのを見て思わずニッコリ😊

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

平野啓一郎の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(6:00時点)

この検索結果をシェア